FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤では、いつも通り平手脩五段の解説・聞き手小野のコンビです。先手・竹田3級と後手・佐藤2級との平手戦の解説です。
序盤は先手の四間飛車に対し、後手は中飛車で対抗し相振り飛車の戦いとなりました。お互いに王を銀冠と高美濃に囲いチャンスをうかがう流れになりました。中盤に入り、先手が機敏に仕掛けたのですが、対応を誤り駒損をまねいてしまい、後手が優勢のうちに終盤戦に入りました。ところが双方とも緩手が出て二転三転のスリリングな応酬が続きましたが、先手が最後のチャンスをものにできず、後手が確実に寄せ切った将棋でした。今回の将棋も終盤での勝負所のポイントの甘さが出ており「終盤は駒得より速度」の格言があらためて参考になった一局だったと思います。その後は、宿題の詰将棋3問をみなさんに解いてもらいました。
午後からは、将棋連盟へ小学生将棋名人戦の結果報告及び大会の様子、決勝戦、表彰式などの写真送信、それと特別棋士派遣活動内容報告書をまとめFAX送信しました。
将棋大会(アマ竜王戦・文部科学大臣杯小中学校将棋団体戦京都府大会)の案内、イベント(第67期名人戦第3局大盤解説会)の案内も合わせてメール送信して、関西将棋会館ホームページへの掲載を依頼しました。
また、京都府支部連合会の理事13名には、3月26日の議事録・次回の理事会議の案内・京都府小学生将棋名人戦の結果報告を郵送しました。
あと、京都新聞社に小学生将棋名人戦の結果を報告して「棋界消息」欄に掲載をお願いしました。これからも、もれなく迅速な対応に心掛けたいと思っています。
スポンサーサイト



2009.03.31 20:53 | | トラックバック(-) | コメント(-) |