FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午後3時過ぎからは、大宅児童館で開講している「大宅こども将棋教室」の指導に出向きました。1・2・3年生と合わせて24名が受講しました。今日の指導の先生は、大宅学区の荒居さん、福山さん、林さん、それと私を含めての4名です。大盤講座では「玉を守る金を攻める」「銀で金を攻める」「竜を逃げずに踏み込む」の3つのテーマを分かりやすい例題を挙げて解説しました。その後は、こども同士の自由対局と並行して、2面指しで、八枚落ち・六枚落ち指導対局を楽しんでいました。
スポンサーサイト



2009.03.02 20:52 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
1日(日)は、読売旅行の日帰りバスツアーに女房と行って来ました。メインは、宮津での昼食「カニ食べ放題」です。それと、観光もあって「天橋立、知恵の文殊堂」や「舞鶴赤レンガ倉庫群」などを散策してきました。
昼食の「カニ食べ放題」では、最初は勢いよく食べていましたが、だんだんとペースが落ちてきて、思っていたほど食べられないものです。
天橋立の「知恵の文殊堂」は「三人寄れば文殊の知恵」で有名なところです。上海・京都こども将棋文化交流大会の実現に向けての知恵を授かるようにお参りをしてきました。
「舞鶴赤レンガ倉庫群」は、明治時代に竣工された旧海軍の主要施設の多くが赤レンガ造りで建てられたため、舞鶴には多くの赤レンガ建造物が歴史遺産として残されているのです。
今回の日帰りツアーでは、48人乗りの大型バスがほぼ満席の状態でした。気付いたことは、1グループ(若い女性とこどもの5人)が、添乗員の連絡した時間を守らなかったことです。最初は、八条口8時出発に10分遅れ、2回目は、天橋立出発時に5分遅れです。いずれも何事もないかのように「すいませんでした」の一言もなく、バスに乗り込んできたのには、あきれました。親が礼儀をわきまえてないと、こどもはそれが当たり前と思ってしまいます。
こども将棋教室では、きっちりと「ありがとうございました」「すいませんでした」や「あいさつ」が出来るように、常日頃から心掛けたいとあらためて思いました。
2009.03.02 20:47 | | トラックバック(-) | コメント(-) |