FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤では、いつも通り平手脩五段の解説・聞き手小野のコンビです。先手・竹田3級と後手・鳥居3級との平手戦の解説です。
序盤は先手四間飛車戦法に対し後手は右四間戦法で対峙しました。先手の6五歩の仕掛けが指しすぎで、無理筋をとがめた後手が一気に優位に立ちました。中盤に入り、このまま後手の完封勝ちになるかと思いましたが、先手も切れ筋ながら攻めをつないできました。後手があと一手辛抱してから攻めに転じれば完璧でしたが、持ち前の後手の棋風から攻め合ったため、先手にもチャンスが出てきました。終盤に入り、悪いながらも先手に勝負形に持っていく好手順があったのですが発見できなかったので、最後は後手が駒得を生かし寄せきりました。随所に参考となる局面がありいい将棋でした。その後は、宿題の詰将棋3問をみなさんに解いてもらいました。
初めての将棋教室では、岡田さんに六枚落ち定跡を指導したあと、六枚落ちの実戦指導対局を行いました。次に、馬場3級との四枚落ち実戦対局を行い、局後の感想戦でポイント指導をしました。
午後からは「ねんりんピック北海道2009打ち合せ」の為、ハートピア京都まで出向きました。今回より、実施団体への助成金も削られ、また、北海道と言うこともあり選手個人負担も10万円ぐらいになりそうで、各団体からなんとか配慮できないかの声が上がりました。開催地が遠隔地で費用が一番かかる時に、助成金を削るタイミングの悪さが、参加選手の身になって考えていない「お役所仕事」だと感じました。
スポンサーサイト



2009.02.03 17:49 | | トラックバック(-) | コメント(-) |