FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤では、平手脩五段の解説・聞き手小野のコンビで先手・鳴田3級と後手・佐藤3級との平手戦の解説です。
序盤は先手の居飛車戦法に対し後手は中央の位を取った中飛車戦法で対峙しました。後手が先手の無理筋をとがめなかったので、先手の無理筋が好手になってしまい一気に優位に立ちました。中盤に入ってもさらに先手が駒得を図り必勝体勢になりました。しかし、後手はあきらめずに指し続けているうちに、先手が攻め倦み、後手の角筋に先手玉が入っていたのが双方とも気付かず最後は先手がなんとか寄せ切った将棋でした。「将棋は最後まで何が起こるかがわからない」ことを見せ付けられた、後手のあきらめない闘志は見習うべきだと感じました。その後は、宿題の詰将棋2問をみなさんに解いてもらいました。
初めての将棋教室では、田村さんと岡田さんの女性同士の平手戦での指導をしました。ポイントの局面では盤面を再現して理解をしてもらいました。
午後からは今年最初の「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)の受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、大川栄策の「二人の旅路」の仕上げです。テンポが速い哀愁演歌で歌いこなすのが難しい歌でした。先ず全員で歌い、次にグループに分かれてワンコーラスを順番に繰り返し歌いました。その後、全員が一人ずつワンコーラスを歌いました。教室終了後、別室に移り、久しぶりに有志5名で2時間、一人4曲ずつ歌い楽しんでいました。
スポンサーサイト



2009.01.27 21:08 | | トラックバック(-) | コメント(-) |