FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。今日の大盤解説は、先手加藤5級、後手朝岡3級の対戦をいつものように平手脩五段と私でポイント解説をしました。
序盤戦は、先手が四間飛車に振り、自然な駒組みから玉を囲ったのに対し、後手は王の囲いが不完全にもかかわらず、先攻したため、先手が指しやすい展開になりました。中盤に入り先手の捌きが効を奏したように見えましたが、大きな見損じがあり、今度は一挙に後手が優勢になりました。終盤は、先手が無理に攻めたため切れ筋になってしまい無念の投了となりました。先手にとっては痛恨の一手が勝敗を左右した惜しい一局でした。次に宿題のうち7手詰め2問をみなさんに答えていただきました。
初めての将棋教室では「持ち駒を打つ」「駒が成る」「王手について」「合い駒をして王手を遮る」「詰み・3手詰め」「禁じ手のルール」についての講座を行いました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)の受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、島津悦子の「瀬戸内から・・・」です。早いテンポで流れるように歌うことが大切とのことで、全員で繰り返し歌いました。教室終了後は、久しぶりに有志7名で2時間、3階のカラオケルームに集まり、11月7日(金)に東部文化会館で開催される「戸塚婦佐子・10周年感謝の集い」に備えての練習をしていました。
スポンサーサイト



2008.10.14 17:49 | | トラックバック(-) | コメント(-) |