FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午後からは、大宅児童館で開講している「大宅こども将棋教室」の指導に出向きました。1・2・3年生と合わせて34名が受講しました。今日の指導の先生は、大宅学区の荒居さん、福山さん、澤さん、それと私を含めての4名です。最初に将棋教室でのマナーが守れるように、みんなが守るべきことをみんなで声を出して読むことにしています。大盤解説では、「3手詰め詰将棋」を3問出題しました。全員に対しての大盤講座が終了した後は、二班に分け、将棋の基本がすべて分かり、将棋が指せる状態のこどもたちについては、こども同士の自由対局をさせました。
1年生が大半を占める後の班は再度、大盤講座で「駒を取る取られる」「駒が成る。成りについて」を例題を出し、順番に指名して符号で全員に答えてもらいました。パズルの要素を取り入れ分かりやすく楽しい講座に心掛けています。だんだんと将棋が楽しいと興味を持ってくれた感触を感じ、嬉しく思っています。
スポンサーサイト



2008.10.06 20:48 | | トラックバック(-) | コメント(-) |