FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日は午前9時過ぎに「ひと・まち交流館京都」で西澤さんと合流して、来年1月に開催する将棋大会(支部名人戦、支部対抗戦、シニア名人戦)および理事会議の会場確保の抽選会(9時30分)に行って来ました。
抽選に来ている54団体が申し込みの順番くじを引きました。日本将棋連盟・京都府支部連合会は、くじ運のいい西澤さんに引いてもらい18番でした。
おかげさまで、将棋大会は1月25日(日)9時~17時まで、理事会議は1月22日(木)9時~12時まで使用許可が取れました。だんだんと申し込みの団体が増加しており、今後、会場の確保が課題となってきました。
午後からは山科老人福祉センターでのカラオケ同好会の受講です。今日の受講者は30名でした。課題曲は、真咲よう子「空蝉しぐれ」の仕上げです。立石童心先生の指導で、まず課題曲を聴き、2・3番の歌詞についてのポイントを繰り返しレッスンを受けました。そのあと、ワンコーラスを女性8名、男性3名が順番に歌いました。次回の課題曲は、接戦を制した、市川ゆきの「横笛物語」に決定しました。
終了後、自宅に戻り小休止してから、午後3時45分~5時30分まで「大宅小学校将棋部活動」14回目の開講日です。受講者は9名でした。
今日の大盤解説は「王を囲う」をテーマにして例題を挙げて分かりやすく話しました。特に、「王」は最も重要な駒であり「王を囲う」とは、一局の勝負を大事にしている表れであることを強調しました。大盤解説終了後は、前回より実施した対局カードによる対戦です。私も六枚落ちもしくは、八枚落ちでの対局カードでの対戦に参加しています。指導対局とは違い、対局カードに勝負をつける対戦ですのですべて勝ちにいっています。全員と対戦してそれぞれの級位認定を行ない励みにしていきたいです。
スポンサーサイト



2008.10.01 20:02 | | トラックバック(-) | コメント(-) |