FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤解説では、先手鳴田3級、後手鳥居3級の対戦をいつものように平手脩五段と私でポイント解説をしました。
序盤は、後手の自然な駒組みに対し、先手が変則的な四間飛車戦法を取ったため、角が捌けずこり形になり対応に苦慮する展開になりました。先手から動く手が見当たらず後手が指しやすい局面なりました。後手としてはさらに王を固めてから攻めに行くべきでしたが、すぐに先手のこり形のところを攻めたため、先手の駒が捌けて、さらに桂損を招いてしまい、一挙に形勢が逆転しました。中盤で優勢になった先手も桂筋に角を打つポカが出たのですが、後手がそれをとがめなかったので、逆に好手に代わってしまいました。終盤では、先手も攻めが重く、緩手が続いたので、後手にもラストチャンスがめぐってきましたが、後手が勝負手を間違った為、再逆転にはならず先手の勝利になりました。この対戦も「将棋は最後まで何が起こるかわからない」見本みたいな将棋で、劣勢でもあきらめずにワンチャンスを活かしきることが勝ちに繋がることを示してくれた参考になるいい将棋でした。
次に宿題のうち7手詰め2問をみなさんに答えていただきました。
二面指しでの指導将棋は、岡田さんに六枚落ち、佐藤2級には二枚落ちで対戦しました。感想戦ではポイントになる局面での解説をしました。
午後からは、京都御池創生館まで出向きました。ねんりんピック鹿児島2008引率者会議です。10月10日での結団式についてや、出発日(10月24日)での詳細事項、宿泊場所などについての最終確認の打ち合わせでした。
スポンサーサイト



2008.09.30 16:48 | | トラックバック(-) | コメント(-) |