FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

水曜日は午後3時45分~5時30分まで「大宅小学校将棋部活動」13回目の開講日です。受講者は7名でした。
今日の大盤講座は、反則負けになる行為についての復習をしました。みんなにどれだけあるかを挙げて貰いました。「二歩」「行き所のない駒」「打ち歩詰め」「成れないところで成る」ここまではすらすらと出てきたのですが、まだあります。「成っている駒を表にしてしまう」「2手続けて指す」「持ち駒の裏打ち」「動けないところに動く」「連続王手の千日手」「王手の放置」です。例題を挙げて分かりやすく解説しました。
大盤講座終了後は、今まで自由対局と指導対局をしていたのですが、今回より対局カードによる対戦に変えたところ、今までの対局とは打って変わり、一生懸命に指している真剣さが出てきて、大成功です。まさに将棋を指している雰囲気が出てきました。私も六枚落ちでの対戦ですが、指導対局とは違い、対局カードに勝負をつける対戦です。こども同士の対戦を横で見ていて感じたことは、王の囲いが不十分なところです。次回の大盤講座では「王を囲う」ことをテーマに話すつもりです。
スポンサーサイト



2008.09.24 21:14 | | トラックバック(-) | コメント(-) |