FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午後からは、大宅児童館で開講している「大宅こども将棋教室」の指導に出向きました。1・2・3年生と合わせて30名が受講しました。今日の指導の先生は、大宅学区の荒居さん、福山さん、水谷さん、それと私を含めての4名です。最初に将棋教室での守るべきことをみんなで声を出して読むことにしました。
基本精神・・・・・将棋は礼に始まり礼に終わる。
目標・・・・・棋力・知識の向上を図り品位を高める。
目的・・・・・対局マナーを守り、将棋を楽しみながら強くなりましょう。
遵守事項・・・・・将棋教室で、ふざけて騒ぐのはやめましょう。将棋を真面目に取り組んでいる人の邪魔になります。対局は、礼儀正しく「お願いします」の一声ではじめ、詰まされたら「負けました」とはっきりと言いましょう。勝った人は、相手を思いやる心を持ちましょう。そのほか教室での問題は、先生の指示に従いましょう。
大盤解説では、将棋の知識についてのアンケート結果を踏まえ「駒得・駒損について」と「禁じ手について」を分かりやすく解説し、質問を交えて理解しているかの確認をしました。
アンケートの結果は、基本がすべて分かり、将棋が指せる状態のこどもたちが25名で、子供同士の自由対局をさせました。
1年生が大半を占める後の15名は、再度、将棋入門から各先生が分担して個別指導をして行くことにしました。
将棋を指す上での基本ルールをみんなが守れるように指導して、楽しい将棋教室のなかで、早く将棋大会が開催できるまでにみんなが棋力向上を図ってもらいたいと願っています。
スポンサーサイト



2008.09.22 20:16 | | トラックバック(-) | コメント(-) |