FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤解説では、先手植松1級、後手奥村初段の対戦をいつものように平手脩五段と私でポイント解説をしました。
序盤は先手の四間飛車に対し、後手の対応が変則的な王の囲いとなり、早くも先手が指しやすい局面になりました。中盤に入り、先手の攻めが重く、緩手が続きました。終盤に入り、後手玉の守りが薄く、先手に決め手が出ればそれまでの将棋でしたが、先手が再三のチャンスを逃した為、後手の勝負手が奏功し大逆転になり後手の勝利になりました。「将棋は最後まで何が起こるかわからない」見本みたいな将棋で、ワンチャンスを活かすことが参考になり、あきらめない根性を地でいく将棋でした。
次に宿題のうち7手詰め4問をみなさんに答えていただきました。
指導将棋は、岡田さんに、八枚落ちで対戦しました。感想戦ではポイントになる局面での解説をしました。
スポンサーサイト



2008.09.16 20:33 | | トラックバック(-) | コメント(-) |