FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤解説では、先手高橋1級、後手池内1級の対戦をいつものように平手脩五段と私でポイント解説をしました。
序盤から先手の変則的な注文により後手の対応が問われましたが、先手の角の激しい動きに惑わされず、後手は自然な駒組を築いていきました。一方、先手は手損が大きく響き、作戦負けとなり中盤に突入しました。ところが、自然な駒組に徹していた後手が果敢にも仕掛けましたが時期尚早の疑問手でしたので、先手にチャンスが巡って来ました。しかし先手が急ぎすぎた為、終盤では攻め合いの様相になりました。寄せの段階では玉の堅さの違いで後手有利でしたが、先手にも質駒を活用して最後の勝負手を活かしきれず、後手が寄せ合いを制した一局でした。見所が多くあり参考になる将棋でした。
次に宿題のうち7手詰め4問をみなさんに答えていただきました。
指導将棋は、加藤さんに、四枚落ちで対戦しました。横で対局の勢志さんと岡田さんの将棋も見ながら、二局とも感想戦ではポイントになる局面での解説をしました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)の受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、黒川真一朗の「それが女の道なのよ」です。全員で繰り返し歌いました。全体にリズミカルな情感で歌うことがポイントとのことです。
スポンサーサイト



2008.09.09 17:09 | | トラックバック(-) | コメント(-) |