FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。今日の大盤解説は、先手馬場4級、後手廣田3級の対戦を平手脩五段と私でポイント解説をしました。
序盤は、双方とも矢倉囲いを目指しての展開でしたが、お互いに囲いが不完全のまま戦いの火ぶたがきられた結果、先手が後手の仕掛けを咎め、先手が優位に立ちました。中盤では先手が馬を作り、優勢を拡大しましが、先手の玉形が飛車打ちに弱いのを見越しての後手の勝負手が功を奏し、飛車を捕獲する狙いが成功しました。終盤に入り今度は後手が優勢になり、このまま押し切るかと思いきや、先手玉を追いすぎて入玉模様になってしまい、先手玉が安泰になり勝負あったと思った瞬間に、先手が王手されているのに他の手を指した為、王を取られてしまい、あっけない幕切れとなりました。随所に参考になる局面や王の囲いが不完全だと終盤での寄せ合いで大きく影響することが分かりたいへんよかった解説だったと思います。
次に難解な詰将棋問題3問(11手詰・13手詰)を大盤に並べてみなさんに解答を求めました。みなさん勉強熱心ですらすら答えられました。
午後からは、東山将棋センターへ出向きました。京都府支部連合会の三役(会長・副会長・幹事長)が集まり、佐藤康光二冠寄贈の対局時計50個をそれぞれ分担して、ステンレスの銘板を貼り、保管することとしました。これで、将棋大会の運営がスムーズに出来ます。佐藤二冠本当にありがとうございました。そのほか、京都府支部連合会主催の「文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦」に関する出場校からの要望事項や、級位者対象の将棋大会出場に関するモラルについて、支部連合会として確認しあいました。
あとは、先日の花背・山村都市交流の森での楽しかった記念の写真を持ち寄って、共通の話題に花を咲かせていました。また次の企画を楽しみにして、日々の将棋普及活動の原動力にしていきたいです。
スポンサーサイト
2008.07.15 22:58 | | トラックバック(-) | コメント(-) |