FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

7月9日~10日にかけて、左京区花背にある「山村都市交流の森」に1泊2日の将棋交流に行ってきました。今回の幹事は西澤さんですので旅行会の名称は「呑棋会・西澤保とその一味」です。
天童での将棋普及指導員会議(2003年11月)がご縁となり、京都府支部連合会三役メンバーの、東山将棋センター席主(京都東山支部長)西澤保さん・梅津将棋クラブ席主(京都梅津支部長)清水忠治さん・それと滋賀県大津からは、上田将棋教室上田喜仙さんの3名に、私を加えた気の合う仲間4名で、2005年2月には石川県 和倉温泉「のと楽」、2006年5月は南紀白浜温泉「ホテル千畳」、2007年4月には播州赤穂温泉「かんぽの宿・赤穂」、2007年10月に「有馬温泉・有馬ロイヤルホテル」へ1泊2日の旅に行っており、今回で5回目です。
8日午前11時30分に出町柳駅に集合して、先ずは近くの「魚熊」にて昼食をとりながら歓談しました。その後、13時20分発の叡電で鞍馬駅まで行きました。鞍馬駅では宿泊先「翠峰荘」よりの送迎車に乗り、30分ほどで「花背」に到着です。さすがに京都の奥座敷と言われるだけあって、蒸し暑さはなくて、空気がさわやかで水がうまいです。また、渓流での鮎つりの光景や北山杉の景色は心身ともにリフレッシュしてくれて心が和みます。宿は年輪を重ねた木の香りが心に染み入る木造りの山荘です。部屋に入ると早速、なにはともあれ、宿自慢の木造りの風呂で心身の疲れをとり、くつろぎのひとときを過ごしました。その次は恒例の4人での将棋交流リーグ戦です。日頃は、将棋道場の経営、こども将棋教室開講など、将棋の普及活動に忙しい毎日を過ごしてる仲間ですので、今回は忙しさを忘れて久しぶりに将棋三昧を満喫しました。夕食では、うまい酒を酌み交わし、会話も弾み、天然鮎会席に舌鼓を打ち、親睦を深め、日頃の疲れを癒し大いに楽しみました。食事のあとも将棋交流の続きです。窓を開けていると、蛍やクワガタが飛んできました。
9日は、朝風呂に入って、朝食をゆっくりととってから、将棋タイトル戦にピッタリの特別室に移り、北山杉や緑を眺めながらの対局です。12時過ぎまで将棋交流をしてから、鮎昼食をいただきました。チェックアウト後、鞍馬駅まで送ってもらい、14時30分に出町柳駅でめでたく解散しました。これからも年に2回は、旅行や集まりを持ちたいと、4名全員が意見の一致を見ました。次は私が幹事になり、将棋交流と観光を兼ねて中国・上海への旅(3~4泊)を10月か11月に計画することになりました。今回の幹事役、西澤さん、本当にお疲れ様でした。私自身、初めて花背に行きましたが、京都市内でこんな異空間があったことに大満足の1泊2日の楽しい旅でした。将棋は、思う存分8局指すことができました。ありがとうございました。
スポンサーサイト



2008.07.10 21:09 | | トラックバック(-) | コメント(-) |