FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。
今日の大盤解説は、先日「ひと・まち交流館京都」において開催しました「第66期名人戦第3局」森内俊之名人と羽生善治二冠の対戦を平手脩五段と私でポイント解説をしました。
耐えに耐える羽生二冠が執念の頑張りで名人戦の大舞台でも、将棋は「最後まで諦めずに指せば逆転のチャンスは巡ってくる」ことを改めて実感しました。逆に言えば「勝ち将棋を勝ちきるのもたいへんだ」と言うことです。このことをみなさんにも、心掛けてほしいと思っております。
次に5手詰め詰将棋(109~112)を答えていただきました。
4月からの「初めての将棋教室」は5回目の開講日でした。「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」「駒の働きによる価値を知る」「駒の取り方」「両取り」を解説しました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)の受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、冠二郎の「俺のふる里」です。懐かしいふる里で新しい人生への夢を見る男の思いを歌うのがポイントとのことです。覚えやすくてテンポがよく、歌いやすい好きな歌でした。歌いこんで持ち歌にしたいと思いました。
スポンサーサイト



2008.05.13 20:11 | | トラックバック(-) | コメント(-) |