FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午後3時からは、大宅児童館での「大宅こども将棋教室」です。1・2・3年生と合わせて34名が受講者しました。
指導の先生は、大宅学区の荒居さん、水谷さん、福山さん、それと、私を含めての4名です。
初心者部門を、荒居さん、水谷さんに受け持っていただき、私と福山さんは、初級部門を担当し、将棋のレベルにより2グループに分けて指導することにしました。
初心者部門は、再度、将棋の基礎から、駒の動き方の説明と実際に駒を動かすテスト、それと1手詰めを理解させました。
一方、初級部門は、大盤を使用して3手詰め詰将棋問題を出しました。分かった人は手をあげて、符号で答えるようにしました。
30分経った時点で、お楽しみの自由対局の時間を取りました。どんどん盤数を指すことで上達してもらいたいと思っています。
それと、児童館のご好意により指導対局用として「新かや一寸盤」と「書き駒」を5セット購入していただきました。こどもたちに「本物の木の盤駒」での感触を伝えたかったのです。もう少しすれば、5面指しの6枚落ち指導対局を予定しています。
スポンサーサイト



2008.05.12 21:03 | | トラックバック(-) | コメント(-) |