FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤解説の前に、4月27日(日)ひと・まち交流館京都において開催される「ねんりんピック鹿児島2008将棋交流大会京都予選会」の案内をしました。
今日の大盤解説は、先手・池内廣1級と後手・表口清二段の対戦を平手脩五段と私でポイント解説をしました。
序盤より先手が挑発的な石田流三間飛車に対し、後手も角交換から馬を作りましたが、先手の飛車先の歩の対応を誤り、いっぺんに守勢になりました。後手も悪いながらも、王の早逃げで後手の攻めを遅らす受けをすればまだまだチャンスがあったのですが、受けをまちがい、そのまま後手が押し切りました。今回の将棋では、序盤でのちょっとした手順前後が優劣を大きく左右することがあるので、たえず狙いを持って指すことが序盤でも必要とのことが勉強できたと思います。
次に宿題にしていた5手詰め詰将棋4問(85~88)をみなさんに答えていただきました。
スポンサーサイト
2008.03.04 17:17 | | トラックバック(-) | コメント(-) |