FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午後からは、大宅児童館での第36回「大宅こども将棋教室」です。今日の指導の先生は、大宅学区の石田さん、荒居さん、と私の3名です。1.2年生が15名が受講しました。
今日の大盤講座は「速度争いの法則」について例題をあげて詳しく解説しました。将棋は一手速く相手の王を詰めれば勝ちですが、そのためには、相手玉に詰みがあるかどうか、自玉に詰みがあるかどうか、詰みがあれば受けの手を考えるなどを解説しました。一回の説明でまだ分からない人は、再度大盤で分かりやすく繰り返し例題をあげて解説をしました。分かったこどもたちは、お待ちかねの、こども同士の自由対局や先生との指導対局に席を移しました。15時50分で、児童館の教室を石田さんにお願いをして、私は大宅小学校の将棋部活の指導に行きました。
大宅小学校の将棋部活では5名が受講しました。指導対局では、3面指し二枚落ち指導将棋を行い、悪手や緩手を指した時には、もう一度局面を戻し、ヒントを出してよく考えるように持っていきました。今回は、部活に来れない部員は理由を言いに来てくれました。ただ今のままでは将棋部活が成り立たないので、新学期より将棋部活の継続についてどうするかを問うつもりです。
スポンサーサイト



2008.03.03 18:10 | | トラックバック(-) | コメント(-) |