巖ちゃんの日々是将棋

午前中は、恒例の山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。今日の大盤講座は、米田信義四段と肥田1級の飛車落ち戦を平手脩五段と私で解説しました。序盤で下手が飛車を振り力戦模様に中盤まで進展しました。上手からの角交換は少々無理筋でしたが、下手が対応を誤り優劣不明の展開となりました。その後、上手の攻めも切れ模様になってきて、下手に入玉のチャンスが巡って来ました。ところが肝心な終盤に下手に緩手が出てしまい、上手がそのまま押し切った将棋でした。随所に駒落ち将棋特有の見所のあった将棋でした。次に、宿題の5手詰め詰将棋問題(33~36)の4問について、みなさんに解答を求めました。
初めての将棋教室(3ヶ月間)は、第4回目の開催です。今日は、3名の受講者でした。今までの復習と「棋譜の見方」「初手の数・目的」について講義しました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)の特別受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、水田竜子の「紅花の宿」の仕上げです。全員で歌った後、順番にツーコーラスを歌いました。
終了後、27日(土)に開催された戸一会カラオケ教室・五周年記念発表会のDVDを申し込みました。自分が歌っている様子がチェックできるのは楽しみです。
スポンサーサイト
2007.10.30 20:12 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午後からは、大宅児童館での第23回目の「大宅こども将棋教室」です。今日の指導の先生は、大宅学区の石田さんと私の2名です。1.2年生が16名受講しました。
今日の大盤講座は、前回に続いて一手詰めの詰将棋を8問出題して分かったら手を挙げて、符号で答えてもらいました。まだ詰みの状態がわかっていないこどもが半数ぐらいおり、繰り返し繰り返し玉が詰んだ状態を分かるまで指導しました。詰みの分かるこどもたちは、お待ちかねのこども同士の自由対局(リーグ戦)をさせました。それ以外のこどもたちは、引き続き大盤で詰みの状態を形を変えて解説しました。見てる間に15時45分になってしまいました。
児童館の教室を石田さんにお願いをして、大宅小学校の将棋部活の指導に行きました。9名が受講しました。5面指しの八枚落ち・六枚落ち指導対局を2回指し、狙いを持った手を指すことと、相手の狙いを考えるように指導しました。
2007.10.29 20:21 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
27日(土)は戸一会カラオケ教室・五周年記念発表会が醍醐交流会館において12時より16時30分まで開催されました。
参加者は、戸塚先生をはじめ、56名の戸一会員と、誼会よりの応援出演、それに特別出演として、戸塚先生の先生でもあるキングレコードの門川朝江プロにも3曲、歌の披露をしていただきました。
私は、山本譲二の「名もない花に乾杯を」を歌いました。わりと落ち着いて気分よく歌うことが出来、楽しかったです。16時30分に終了後、記念写真を二班に分けて撮りました。
そのあと、京都ルネサンスビル4階「京いち」にて17時30分より、一年ぶりの六原小学校門川学級クラス会に出席しました。出席者は、17名でした。ここでも、門川朝江プロとご一緒でした。じつは門川朝江プロは恩師の門川良三先生の奥様なのです。先生がお亡くなりになった後も先生の写真を持ってクラス会に出席をしていただいています。
いつものことですが、50数年前にタイムスリップしての楽しいひとときです。センチュリーホテルのラウンジでの二次会でも話しが弾み、これからは年に1回はクラス会を開催しようとみんなの話が一致しました。いつもお世話をいただいている松田さん、加納さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。また次回、みなさんに元気な姿でお会いできるのを楽しみにしています。
2007.10.28 15:35 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午後より、京都市北文化会館2階ホールで開催された「ねんりんピック茨城大会・京都市代表選手団結団式」に将棋種目の代表として参加してきました。
全員が京都市のユニフォームを着用し、総勢175名が参加しました。14時30分に開式し、京都市歌斉唄、代表選手団結成のあと、団長及び各種目代表が壇上にあがり、上原京都市副市長からそれぞれに市旗授与がありました。次に副市長より挨拶があり、市会議長からは激励がありました。来賓紹介のあと、テニス種目の選手代表より決意表明を行い、閉式となりました。
閉式になったとたんに、先ほど副市長より授与されたはずの市旗が回収されました。とんだ茶番劇です。
記念写真を二班に分けて撮影し終了でした。終了後には、将棋の選手3名と打ち合わせ会を持ち、復路の乗車券、特急券・IDカード・記念乗車証・総合プログラム・交通宿泊ガイドなどをお渡しして、3泊4日の詳細説明をしました。
2007.10.26 20:29 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
天童での将棋普及指導員会議(2003年11月)がご縁となり、京都府支部連合会の役員メンバーで、東山将棋センター(京都東山支部長)の西澤保さん・梅津将棋クラブ(京都梅津支部長)の清水忠治さん・滋賀県大津からは上田将棋教室の上田喜仙さん・それと私の気の合う仲間4名で、有馬温泉1泊2日の旅に行ってきました。
2005年2月に石川県 和倉温泉「のと楽」に、2006年5月に南紀白浜温泉「ホテル千畳」に、2007年4月には播州赤穂温泉「かんぽの宿・赤穂」へ1泊2日の旅に行っており、今回で4回目の旅です。
10月23日(火)午前11時20分に京都駅前の「がんこ」集まり、まずは昼食をとりながら約1時間歓談しました。その後、新快速で大阪、梅田から阪急高速バスで有馬温泉に到着し「有馬ロイヤルホテル」には15時にチェックインしました。
早速、なにはともあれ宿自慢の金泉露天風呂天然温泉で心身の疲れをとり、くつろぎのひとときを過ごしました。日頃は、将棋道場の経営や普及指導員として、将棋の普及活動に忙しい毎日を過ごしてる仲間ですので、今回は忙しさを忘れて久しぶりに将棋三昧とうまい酒を酌み交わし、料理に舌鼓を打ち、親睦を深め、日頃の疲れを癒し大いに楽しみました。
温泉のあとは、先ずは恒例の4人での将棋リーグ戦です。夕食(部屋食)では、うまい酒もはずみ、会話もはずみ、ひといきついたら、今度はカラオケで楽しいひとときを過ごしました。12時の就寝まえには温泉につかり疲れをとりました。
24日(水)は、6時に温泉に入り、7時30分より朝食(部屋食)です。そのあと10時のチェックアウトまで将棋対局です。ホテルの車で六甲有馬ロープウェーの乗り場まで送ってもらい、六甲山頂駅まで行きました。山頂にある六甲ガーデンテラスから神戸市内が展望できました。
次にバスで六甲ケーブル乗り場まで行き、ケーブルの一番前に乗っていると、地元の六甲山頂の小学校で先生をされていた平谷さんより一番前のケーブルだけが窓がなくオープンになっているから人気があるなどの会話から、将棋の話になり平谷さんも大の将棋ファンでさらに将棋の話が弾み、ケーブルを降りてからも、わざわざ、バス・JRと乗り継ぎ、元町にある淡路九段の将棋道場「神戸将棋センター」まで案内をしていただきました。でもせっかく足を運びましたが、あいにく定休日で、残念ながら道場では将棋を指すことができませんでした。
南京町の「福龍菜館」で昼食をしてから、次の予定は神戸ハーバーランドで15時からのクルーズです。それまで時間があったので、待合室で将棋盤、駒、対局時計を出し、ここでも2局指すことができました。私は2日間で8局将棋を指すことができ満喫しました。
クルーズ(コンチェルト)では、ケーキセットとセルフでのフリードリンクのシステムになっていて、フルートとピアノの生演奏を聴きながら、明石海峡大橋近くまでゆっくりと就航しました。1時30分の時間があっという間に経ってしまい、すごく早く感じました。その後は17時頃の神戸発、新快速に乗り、京都に18時過ぎに着きました。到着後も烏丸七条の「庄や」で一献傾け、次の旅行の計画や、普及サミット、女流棋士紅葉前線将棋めぐりなどの話題で花を咲かせました。
今回の幹事は清水さんですので旅行会の名称は「呑棋会・清水忠治とその一味」です。
これからも年に2~3回は、旅行や集まりを持ちたいと、4名全員が意見の一致を見ました。いよいよ来年4月の予定で、私が幹事になり、将棋交流と観光を兼ねて中国・上海への旅(3~4泊)を計画することになりました。今回の幹事役、清水さん、本当にお疲れ様でした。大満足の1泊2日の楽しい旅でした。ありがとうございました。
2007.10.25 20:35 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午後からは、大宅児童館での第22回目の「大宅こども将棋教室」です。指導の先生は、大宅学区の石田さん、荒居さん、水谷さん、それと私の4名です。1.2年生が15名受講しました。
今日の大盤講座は、一手詰めの詰将棋を8問出題して分かったら手を挙げて、符号で答えてもらいました。まだ詰みの状態がわかっていないこどももおり、繰り返し繰り返し分かるまで指導しました。大盤講座のあとは、お待ちかねのこども同士の自由対局を楽しんでいました。なお、はじめて一手詰めの問題を宿題にしました。どれだけのこどもたちが提出してくれるかが次回の楽しみです。
15時50分より児童館の教室を石田さんにお願いをして、大宅小学校の将棋部活の指導に行きました。8名が受講しました。3面指し六枚落ち指導対局を2回指し、5手詰めの詰将棋を3問解説し、残りの7問は宿題としました。
明日は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座を少し早めに終わり、その足で「呑棋会・清水忠治とその一味」の定例の旅行会です。気の合う仲間の将棋普及指導員4名で有馬温泉に行ってきます。
2007.10.22 20:21 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前中はJR山科駅に行き、ねんりんピック茨城・復路(11月12日)のJR切符の手配に行って来ました。今回の開催地は、京都まで6時間かかるところですので将棋交流が終了次第、その日のうちに帰れるように座席指定を7名分確保しました。これで一安心です。
午後1時30分からは、山科(自宅)教室です。受講者は7名でした。5手詰めの詰将棋2問を解説して、残りの6問は宿題にしました。その後は、2面指し指導対局と、対局カードによる駒落ち対戦です。今日は杉本恭一朗君が4連勝で8級に昇級しました。おめでとう。
2007.10.20 18:02 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はあいにくの雨の中、午後1時に約束をしていました京都市立伏見板橋小学校へ訪問し井口大幹君(第36回京都少年王将戦<小学高学年の部>優勝)の奨励免状(弐段)の授与に行ってきました。出口校長先生とお会いして、30分ほど奨励免状の主旨と将棋普及について歓談をしてご理解を頂き、免状とともに新聞記事もお渡しして、全校生徒の朝礼で免状の授与をしていただくことになりました。また、将来において将棋部活動の展開も視野に入れていただくようにお願いをしました。これで私が受け持った奨励免状の授与3件は完了し、ほっとしました。

2007.10.19 15:31 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午後からは、山科老人福祉センターでのカラオケ同好会の受講です。受講者は29名でした。今日の課題曲はキム・ヨンジャの「命火」です。立石童心先生の指導で、いつものように発声練習をしてから、先生より1番の歌詞のポイントを丁寧に解説を受けてから、全員で歌いました。その後、男性全員(5名)と女性5名が順番にワンコーラスを歌い、先生からアドバイスを受けました。わりと気分よく歌うことが出来ました。
カラオケ同好会が終了後、16時に京都文教高等学校へ訪問し宮崎真耶さん(第43回全国高校将棋京都府選手権大会<女子個人>優勝・第20回記念アマチュア竜王戦京都大会、三位)
の奨励免状(参段)の授与に行ってきました。宮本校長先生とお会いして、30分ほど奨励免状の主旨と将棋普及についてのお話しをしてご理解を頂き、全校生徒の朝礼で免状の授与をしていただくことになりました。
2007.10.17 18:19 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前中は、恒例の山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。今日の大盤講座は、先手・水口知雄2級と後手・池内廣1級の対戦を平手脩五段と私で解説しました。序盤で先手の桂飛びが無理筋でしたが、後手が対応を誤り優劣不明の展開となりました。先手の攻めも切れ模様になったのですが、終盤に後手に緩手が出てしまい、先手がそのまま逃げ切った将棋でした。短手数ながら、見所のあった将棋でした。次に、宿題の5手詰め詰将棋問題(29~32)の4問について、みなさんに解答を求めました。
初めての将棋教室(3ヶ月間)は、第3回目の開催です。今日は、5名の受講者でした。持ち駒を打つ・駒が成る・王手について・合い駒をして王手を遮る・詰みについて・簡単な3手詰みについて講義しました。
午後からは、16時過ぎに京都産業大学附属高等学校へ訪問し姫島 尚君(第20回記念全国高等学校将棋竜王戦京都大会、優勝および全国大会3位)の奨励免状(参段)の授与に行ってきました。
前回の理事会議で推薦しました、小・中・高の奨励免状6本が将棋連盟より届きましたので、現在、理事が手分けして学校訪問をしています。奨励免状の主旨をお話し校長先生より朝礼などで表彰していただくようにお願いをしてきました。これにより学校での将棋部の活動がさらに活発になればと願っております。
2007.10.16 20:45 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、以前から畑仕事のお手伝いをお願いしていました、ご近所で京都山科支部会員の柳光巖さんをはじめて畑に案内して、中川農園の中川さんに紹介のあと、早速、サツマイモの収穫をお願いしました。
私自身が、だんだんと将棋関連の仕事が増えるばかりで、畑まで手が回らなくなってきたのです。こまめに畑に水やりや雑草取りなどをしていただけるとのことで、同じ名前(巖)の柳光さんに畑の管理をお願いできて本当に助かりました。
午後からは、大宅児童館での第21回目の「大宅こども将棋教室」です。指導の先生は、大宅学区の石田さん、荒居さん、水谷さん、それと私の4名です。1.2年生が15名受講しました。
今日の大盤講座は、駒得問題です。分かったら手を挙げて、符号で答えてもらいました。前回と同様で、分かっているこどもとまだ分からないこどもとがハッキリしてきたので、組み分けをしてレベルに合った指導をしていく必要性を感じました。大盤講座のあとは、お待ちかねのこども同士の自由対局を楽しんでいました。その後、全員で写真を撮りました。それと、今日は、小学校が秋休みでしたので、大宅小学校の将棋部活の指導は休みでした。
2007.10.15 20:30 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日の午後からは、京都市東部文化会館において、日本将棋連盟・京都山科支部の第32回将棋教室を開催しました。参加者は33名でした。そのうちこどもの参加は11名でした。今回も体験受講として小島篤さん、佐々木洋さん、大谷真生君の3名が来てくれました。
今日は、久しぶりに遠藤民造二段と昇段のかかった飛車落ち戦の将棋を指しました。遠藤二段は、現在、11勝2敗の成績で勝てば三段へ昇段です。私は昇段試験のつもりで厳しく指しました。結果は、大熱戦でしたが、上手の勝ちになり、昇段は次回に持ち越しになりました。来年度よりの新規会員を募集しています。体験受講をご希望される方は、歓迎しますので、ご連絡の上一度お越しください。
2007.10.14 20:34 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
13日の午前中は、平成19年度前期「第8回・ももやまこども将棋教室」の最終日です。将棋大会の参加者は、31名でした。
2日間でスイス方式による駒落ち対戦を行いました。その結果で優勝、準優勝、三位には賞状・賞品を渡し表彰しました。あと、四位・五位・殊勲賞・特別賞・よくがんばったで賞・がんばったで賞・チャレンジ賞・努力賞・がんばろう賞・皆勤賞などの賞品を用意して全員に渡るように配慮しました。また成績優秀者には、昇級した級位認定証も渡しました。今後の励みになればと思っています。結果は、
優勝・・・・・山分祥一君
準優勝・・・・中村周輔君
三位・・・・・江口大輝君
四位・・・・・中川 類君
五位・・・・・岡 慶周君となりました。
午後1時30分からは、山科(自宅)教室です。今回は5名が13日に大阪で開催されたJTこども将棋大会へ出場しましたので、受講者は8名でした。JTこども将棋大会はすごく楽しくて人気がある大会で、700名が参加したと聞いています。教室での大盤講座は、美濃囲い・銀冠の詰みの問題です。その後は、2面指し指導対局と、対局カードによる駒落ち対戦、リレー将棋を楽しみました。
夕方からは「JT将棋日本シリーズ・こども大会・プロ公式戦大阪大会開催記念レセプション」に京阪神の支部連合会長3名が招待を受け、大阪の「ホテル阪急インターナショナル」へ行ってきました。14日に準決勝を対局される森内名人・羽生二冠をはじめ、谷川九段、小林九段、久保八段、阿部八段、井上八段、畠山鎮七段、山崎七段など、関西の棋士が多く出席されていて、直接、将棋の普及に対する意見交換もでき有意義な一日でしたが、本音は少しハードスケジュールで疲れました。
2007.10.14 19:06 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、明日に迫ってきた「ももやまこども将棋大会」の表彰状・級位認定証・賞品を準備していました。優勝・準優勝・三位~五位・殊勲賞・特別賞・皆勤賞・よくがんばったで賞・がんばったで賞・努力賞・がんばろう賞など、特に賞品は全員に渡せるように用意しました。平成19年度後期の将棋教室は、12月1日からスタートし、来年3月27日までの15回コースを開講します。これから、ももやま児童館で募集をしていただきます。募集人員は、前期と同じの36名になる予定です。
午後からは、中国大好き仲間の山友会副会長で、日本将棋連盟京都山科支部相談役でもある宮内さんのお見舞いに、妹背会長と行ってきました。2ヶ月ぶりでお会いしましたが、思っていたよりもお元気なご様子でほっとしました。2時間近く中国談議に花を咲かせ病院を後にしました。早くお元気になられて退院されることを心から願っております。
2007.10.12 20:34 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、午後から「京都市職員会館かもがわ」において、ねんりんピック茨城2007京都市代表選手団引率者会議が開催され出席してきました。いよいよあと1ヶ月に迫ってきて具体的な内容がハッキリとしてきました。
先ずは、結団式が10月26日(金)京都市北文化会館において、選手・監督・引率者全員の出席により行われます。
出発は、11月9日(金)京都駅八条口に11時30分集合し、12時発の新幹線ひかりで東京まで行き、その後、バスで茨城の宿泊場所まで移動です。
大会初日の11月10日(土)は、総合開会式です。大会2日目以降は、それぞれの試合会場に移動します。将棋交流の会場は、茨城県の大子町です。11月11日(日)は、将棋交流大会の開始式・団体戦予選リーグ(70チーム)・プロ棋士との指導対局・アトラクションなどが開催されます。
11月12日(月)は、団体戦決勝トーナメント・個人戦決勝トーナメント・表彰式などが開催されます。大会終了後、京都へ帰省しますので3泊4日の予定です。
2007.10.10 20:38 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前中は、恒例の山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。今日の大盤講座は、先手・池内廣1級と後手・川本市男初段の対戦を平手脩五段と私で解説しました。序盤での駒組の差が優劣を左右する展開となり、駒の連係がよい先手の先攻が効を奏しました。後手も悪いながらも決め手を与えず中盤を迎えました。中盤の難所で先手が銀損の攻めを敢行したのが裏目に出てしまい、後手が盛り返しました。終盤に入り、悪いながらも先手に勝負手のチャンスがあったが活かしきれず、後手がなんとかそのまま押し切った将棋でした。双方とも随所に参考になる局面(王は包むように寄せよ・終盤は駒の損得よりも速度・手順前後に注意)があり学ぶ点が多くありました。
次に、宿題の5手詰め詰将棋問題(25~28)の4問について、みなさんに解答を求めました。
初めての将棋教室(3ヶ月間)は、第2回目の開催です。今日は、4名の受講者でした。駒損と駒得について講義しました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)へ久しぶりの受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、水田竜子の「紅花の宿」です。全員で歌った後、グループ毎に順番にワンコーラスを歌いました。
2007.10.09 20:37 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
6日、将棋教室が終わってから愛知県の孫に会いに行ってきました。到着すると先ずは6歳の孫との将棋対局です。回り将棋からはじめて、六枚落ちの本将棋を間に挟み、疲れたら、また回り将棋に切り替えるパターンで、根気よく本将棋を教えました。
7日には、名古屋にある「東山動植物園・スカイタワー」で孫たちと一日楽しいひとときを過ごす事が出来ました。広い敷地にも関わらず、駐車場が満車でなかなか見つからずたいへんでした。東山動植物園は地下鉄の一駅の広さがあり、おまけにアップダウンもあったので足腰が鍛えられました。スカイタワーにあがると名古屋市内やその周辺が一望できました。8日はあいにく朝から雨降りでしたが、孫との将棋対局にはもってこいの日になりました。回り将棋では、10回対戦して、6勝4敗で孫の勝ちで、ご機嫌でした。あともう少しで、回り将棋から本将棋に興味を持つようになることと願っています。午後からは雨もあがったので、日進市にある岩崎城公園ににいきました。どんぐりの木がいっぱいあり孫たちは大喜びでした。
孫たちとの新鮮な3日間の体験は、日頃の生活とは異なり、楽しい思い出と将棋普及活動への元気をもらいました。
2007.10.09 08:14 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
6日の午後1時30分からは、山科(自宅)教室です。受講者は11名でした。今日の大盤講座は5手詰め詰将棋8問のうち4問のポイント解説をしました。残りの4問は宿題としました。その後は、2面指し指導対局と、対局カードによる駒落ち対戦です。
9月24日大阪で開催された第6回将棋教室対抗戦での写真が出来ましたので、選手にプレゼントしました。次回は、来年3月に開催予定ですので、またチャレンジしようとみんなに話しました。
2007.10.08 22:48 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は、久しぶりに幼馴染の親友(棋友)古谷義明君との楽しいひとときを持つことが出来ました。いつも京都山科支部での将棋教室で顔を合わしているのですが、ゆっくりと話をする機会がなかったのです。夕方より四条河原町に出て「江戸川」で天然の鰻の蒲焼の舌堤を打ちながら一献傾け、将棋談話や旅行話などに花を咲かせていました。3時間余りゆっくりとしたひとときを過ごす事が出来ました。これからも定期的に気のおけない親友との楽しい時間を持ちたいと改めて思いました。大満足の一日でした。
2007.10.06 13:02 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午後からは、山科老人福祉センターでのカラオケ同好会の受講です。受講者は29名でした。立石童心先生の指導で、前回に引き続き課題曲は「高原旅愁」(唄市川由紀乃)です。いつものように発声練習をしてから、先生より2番、3番の歌詞のポイントを丁寧に解説を受けてから、全員で歌いました。前回休んだ4名は、順番にワンコーラスを歌い、先生からアドバイスを受けました。
それと、次回の課題曲4曲をワンコーラスずつ聴きました。29名が各1票を持っていて多数決で決まります。結果は、キム・ヨンジャの「命火」が11票で次回の課題曲に決定しました。9票が「トドヶ崎」、7票が「紅花の宿」、2票が「枇杷の実のなる頃」でした。
2007.10.03 17:04 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前中は、恒例の山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。最初に、9月30日に京都新聞文化ホールで開催された「第42回京滋職域団体将棋大会」決勝トーナメント戦に出場した京都山科支部の結果を報告しました。
将棋講座での大盤講座は、先手・鳴田5級と後手・竹田3級の対戦を平手脩五段と私で解説しました。序盤で先手に疑問手が出てしまい、後手の四間飛車の捌きが決まり、ワンサイドの将棋になるかと思いましたが、先手も悪いながらも手筋の攻めを目指しました。その後、先手が終盤で飛車損をしてしまい、棋勢を大きく損ないました。後手も終盤で緩手がありましたが、なんとかそのまま押し切った将棋でした。双方に随所に参考になる局面があり良く指していると感じました。次に、宿題の5手詰め詰将棋問題(21~24)の4問について解答を求めました。
初めての将棋教室は、本日より3ヶ月間の開催です。今日は、5名の受講者でした。将棋の歴史、駒の正しい並べ方、玉と王の区分、マス目の呼び方、駒の名前と種類、駒の移動、駒の利き、駒を取る取られる、を講義しました。
京都市民で60歳以上の方であれば受講出来ますので、将棋に興味がある方は、ぜひお越しください。途中からの受講でも歓迎します。
2007.10.02 18:21 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は朝から、来年より日本将棋連盟・京都府支部連合会主催の将棋大会会場として使用予定の「ひと・まち交流館京都」へ1月度の会議室使用許可を得る為、午前9時30分よりの抽選会に西澤副会長と行きました。
45団体の方が集まり、私が手続きの順番くじを引いたのですが、32番でしたので、希望する1月20日(日)の第4会議室は確保できないと半ば諦めていました。ところが、32番目の手続きの順番が回ってきても、なんと、幸運なことに1月20日の第4会議室が空いていて使用許可になったのです。朝早くから出向いた甲斐がありました。
また、本日の午後からしか使用手続きが出来なかった1月以外の申請については、西澤副会長に、理事会議の打ち合わせとして使用する為、11月16日(金)午前9時~12時と、来年1月17日(木)午前9時~12時の使用申請手続きを近日中にお願いしました。本当にご苦労様です。
14時50分からは、2週間続けて祝日のため、久しぶりに巖ちゃんの学区、大宅児童館での第20回目の「大宅こども将棋教室」です。指導の先生は、大宅学区の石田さん、荒居さん、水谷さん、それと私の4名です。1.2年生が20名受講しました。
今日の大盤講座は、1手詰めの詰将棋を14問出題して、分かったら手を挙げて、符号で答えてもらいました。分かっているこどもとまだ分からないこどもとがハッキリしてきたので、組み分けをしてレベルに合った指導をしていく必要性を感じました。大盤講座のあとは、お待ちかねのこども同士の自由対局を楽しんでいました。
15時40分より児童館の教室を石田さんにお願いをして、大宅小学校の将棋部活の指導に行きました。7名が受講しました。3面指し六枚落ち指導対局では、上手の弱点がある局面においてヒントを出して考えさせ、勝ち味を体験させました。
2007.10.01 20:12 | | トラックバック(-) | コメント(-) |