FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、恒例の山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。講座は、まず中級・上級講座(30分間)では、京都山科支部会員で、第36回京都少年王将戦に優勝した井口大幹二段の決勝戦の将棋を平手さんと私で解説しました。相手は、井田明宏四段です。両君は予選リーグでも対戦しており、そのときは井口君が中盤戦で二歩を打ってしまい反則負けで落ち込んでいたが気を取り直して予選を2勝1敗で通過し、勢いをつけて決勝まで駒を進めてきた。いわば井口君に取っては雪辱戦です。序盤から申し合わせたように相矢倉戦の定跡での差し回しで、堂々とした布陣です。中盤に入り、先手の井口二段が先攻する展開になり、優勢になりました。後手の井田四段に取ってワンチャンスがめぐってきたが、そのチャンスを活かしきれず、先手の一気の攻めが奏功し一手違いの熱戦を制しました。さすがに双方とも見事な将棋でした。次に、宿題としていた「天童・わくわくランド将棋名人に挑戦しよう」の詰将棋15問のうち、上級問題の2問をみなさんに解いてもらいました。17手詰・21手詰の難解な問題でしたが、素晴らしいことに正解者が2名おられました。よく勉強されていて、感心しました。
初めての将棋教室は、3ヶ月間講座の最終回です。今回の講座では「攻め合い」「合い駒による詰みと逃れ」「受け駒による詰みと逃れ」「受けの利かない詰めろ(必至)」について例を挙げながら説明しました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)への受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、前回に引き続き、岡ゆう子の「加賀友禅」です。全員で歌った後、仕上げで、男性から順番にワンコーラスずつ歌いました。自分で言うのもおこがましいですが、わりと、うまく歌えたと思いました。
その後、京都府立医大病院まで支部会員のお見舞いに行ってきました。一週間前に手術したにもかかわらず、すごく元気で、後2~3日で退院との事にはびっくりしました。退屈とのことでしたので、詰将棋の問題をおいてきました。
スポンサーサイト



2007.06.26 21:52 | | トラックバック(-) | コメント(-) |