FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の月曜日は、第11回目の大宅児童館での「大宅こども将棋教室」です。14時45分から16時まで、1.2年生が14名受講しました。今日の将棋大盤講座は、詰め将棋一手詰め、三手詰めを5問出題しました。符号で答えるようにしていますが例えば「2三銀」ではなく「2三銀成り」としっかり言うように指導しました。だんだんと将棋を指したくてうずうずしている様子なので、自由対局として、石田さん、荒居さんに将棋の実戦指導やサポートに当たっていただきました。私は15時40分には、児童館での将棋教室を石田さんにお願いをして、大宅小学校での部活動「大宅こども将棋教室」の第4回目の開講に向かいました。参加者は11名でした。15時40分より17時30分までです。
先ず最初に出席をとり、昨日の文部科学大臣杯第3回小・中学校将棋団体戦に出場したメンバー3名(藤田君・平井君・北川君)に感想を聞きました。それぞれ、相手が強かった・指導将棋勉強になった・初めての出場で緊張したなど感じたことを言ってくれました。チェスクロックを使った将棋大会の経験は、良い刺激になったことと思います。
大盤での講座は、序盤の指し方「居飛車対四間飛車」を詳しく解説しました。その後、5人と5面指し六枚落ちの指導将棋を行いました。あとの6人は自由対局としました。まだまだ実戦不足は歪めず、今回も5局とも残念な結果になりました。次の講座は、六枚落ち定跡について解説しますので、下手の必勝法を掴み取ってもらいたいです。これからも実戦指導を中心に礼儀や対局マナー、決断力、辛抱すること、相手の身になって考えることなどを指導していきたいです。
スポンサーサイト



2007.06.25 19:50 | | トラックバック(-) | コメント(-) |