FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午前中は、平成19年度前期「第8回・ももやまこども将棋教室」のスタートの日です。受講者36名のうち35名が出席してくれました。今日は講座を始めるに当たり、私と木下先生の自己紹介をしました。続いて、出席者全員の自己紹介もしてもらいました。それから、将棋教室でみんなに守ってもらいたいことについて話しました。
1・対面将棋に関係のないゲーム機やカード類などは教室に持ち込まない。
2・将棋教室でふざけて騒ぐのはやめましょう。将棋を真面目に取り組んでいる人の邪魔になります。
3・対局は、礼儀正しく「お願いします」の一声で始め、詰まされたら「負けました」と、はっきりと言いましょう。勝った人は「ありがとうございました」と相手を思いやる心を持ちましょう。
4・教室への入室、退出時には大きな声で挨拶をしましょう。そのほか教室での問題は、先生の指示に従いましょう。
5・教室を休むときは、必ず児童館に連絡をしましょう。
次に、今回より中学生になった、中田康貴君、中鶴龍太郎君、橋本諒君の3名をみんなの模範となるように「マナーリーダー」として任命し、初心者への指導のサポートをお願いしました。
その後は、こどもたちがお待ち兼ねの対局タイムを取りました。駒の動きを知っているこどもたちは自由に対局をするようにしました。
初心者については、少々強引ですが、勝ち負けは度外視して「入門テキスト」の駒の動きを見ながら、将棋を指してみるように言いました。マナーリーダーには横についてもらい、間違った駒の動きがあれば、もう一度やり直すように指示しました。今日はあっという間に2時間が経ってしまいました。次回の7月7日まで約1ヶ月間あるので、初心者は入門テキストを勉強するように、わからないところは次回の教室で先生に質問するように、また、先生もみんなに質問をします。としました。初心者のこどもたちが早く将棋を楽しめるようにしたいと思っています。
午後1時30分からは、山科(自宅)教室です。受講者は10名でした。今日の大盤講座は、前回宿題にしていた、矢倉囲い詰み問題6問の答えを順番に符号で発表してもらいました。
次に、こども同士の「対局カード」による駒落ち対局を行いました。今日は、堤飛鳥君が3連勝で9級に昇級しました。おめでとう。それと、堤君は京都山科支部にも支部会員として入会することになりました。今の将棋に対する熱い気持ちを大切にして頑張ってもらいたいです。
スポンサーサイト



2007.06.09 20:49 | | トラックバック(-) | コメント(-) |