FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日より毎週月曜日は、第6回目の大宅児童館に加えて、大宅小学校の部活動としての「大宅こども将棋教室・高学年の部」の初回開催日です。1.2年生の小学校の授業が長くなってきたのか、児童館での将棋教室は14時50分より開講しました。受講者は、1年生と2年生で15名です。今日の将棋講座は「合い駒をして王手を遮る」「詰みについて」「簡単な3手詰めの理解」それと駒が成る「成り」についての復習を大盤で分かりやすく解説しました。今日も、石田さん、荒居さん、杉田さん、清水さんにサポートをしていただきながら、児童館の先生も一緒に将棋を学んで頂いております。
15時20分まで、30分間の講座の後は、いつものように自由対局をさせて、サポートをしていただいている、石田さん、荒居さん、杉田さん、清水さんに後をお願いしました。
15時45分から17時30分まで、大宅小学校の部活動としての「大宅こども将棋教室・高学年の部」を開講しました。参加者は、10名です。
まず将棋を始めるに当たって守るべきことを話しました。対局は「お願いします」と一礼してから対局を始める。詰まされたら「負けました」とはっきり言う。勝った人は「ありがとうございました」と相手を思いやる心を持つ。将棋の基本精神は「礼に始まり礼に終わる」と言うこと。対局中は話をしたり騒がないこと、駒で対話をする。真面目に将棋に取り組んでいる人の邪魔になる場合は、教室から出て行ってもらうこと。
それと、自分で考え着手して責任を持つ(決断力)、待ったはしないこと。最後まであきらめない辛抱する忍耐力を持つこと。などを話てから、駒の正しい並べ方、駒の名前と種類、マス目の呼び方、駒の動き方、駒得・駒損、持ち駒の使い方、王手と詰みの違い、禁じ手のルールを説明してから、自由対局をさせました。さすがに高学年になると、分かりが早いです。これから先々が楽しみです。
スポンサーサイト



2007.05.21 20:22 | | トラックバック(-) | コメント(-) |