FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、恒例の山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。講座は、まず中級・上級講座(30分間)では、表口二段と川本初段との平手戦を、平手さんと私で解説しました。序盤は、お互いに居玉での矢倉模様に駒組みが進みましたが、もう少し狙いを持って指すことに心がけが必要です。それと、3六銀・7四銀とお互いに歩ごし銀の悪手を指しており、今後は封印していただきたいものです。勝敗は、二転三転して二百数十手で、川本初段に勝利の女神が微笑みました。
次に前回宿題にしていた、次の一手4問のうち2問を解いてもらいました。みなさんよく勉強されていて、三・四段レベルの次の一手も勝ちになるまでの手順を読みきって解答をされます。初めての将棋教室は、3ヶ月間の講座の最終日になりました。今日は、京都山科支部・相談役の宮内さんが教室を見学に来られました。講座では、終盤のポイント「囲いの崩し方」「速い手・遅い手」「攻め合い」「受けの利かない詰めろ(必至)」など、例を挙げながら説明しました。
スポンサーサイト



2007.03.27 19:14 | | トラックバック(-) | コメント(-) |