FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日は、京都市教育文化センターにおいて、「第36回支部将棋対抗戦・名人戦」と「第14回シニア将棋名人戦」の京都府大会を開催しました。
支部連合会結成してから、はじめての将棋大会の運営でしたので不安な面があったのですが、支部連合会役員5名(小野会長・西澤副会長・清水幹事長・大西会計監査・吉村理事)が精一杯頑張りました。お蔭様で、滞りなく、トラブルもなく無事に運営することが出来ました。
午前9時30分より、私が会長として開会の挨拶を行い、審判長の中尾六段・審判の野間五段を紹介しました。次に、西澤副会長よりルール説明と注意事項について説明しました。
いよいよ午前9時40分より、予選リーグ戦の開始です。私は、シニア名人戦に出場しました。30分切れ負けのルールですので、予選リーグ3回戦終了は12時50分になりました。
昼食休憩後、決勝トーナメント戦の開始です。私は、準決勝で、元全国シニア名人の河下俊太郎氏と対戦し、終盤で必勝の局面で、疲れが出たのか間違ってしまい、残念な結果に終わりました。世話人と選手を兼ねていたので大変でしたが、楽しい一日でした。これで、次回(2月25日)開催する「公文杯争奪・第32回小学生将棋名人戦」についての目処が立ちました。午後4時40分より、表彰式を行い、清水幹事長よりの閉会の挨拶で午後5時に、時間通り終了しました。
支部名人戦京都代表・・・京都東山支部・宮原洋介四段
支部対抗戦京都代表・・・錦旗会支部(木下孝司・和田真一・神例博)
シニア名人戦京都代表・・・清水英男(京都城南支部)
役員の皆様、本当におつかれさまでした。
スポンサーサイト



2007.01.21 21:13 | | トラックバック(-) | コメント(-) |