FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9332-12.jpg
DSCF9331-12.jpg
DSCF9335-12.jpg
DSCF9336-12.jpg
DSCF9337-12.jpg
DSCF9338-12.jpg
DSCF9342-12.jpg
DSCF9344-12.jpg
DSCF9346-12.jpg
DSCF9348-12.jpg
2月22日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

今日は、第8回京都子ども将棋交流大会開催中止を受けて、児童館の計らいで将棋教室をゆとりを持って2か所で開催し、換気にも心掛けました。

29日の将棋大会を楽しみにしていた子ども達には「開催中止のお知らせ」を配布し説明。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。阪田先生による4面指し実戦指導。対局手合いは野々村先生。

対局終了後、明日開催の「小学生将棋名人戦京都府大会」は「ひとまち交流館京都」で予定通り行うことを徹底。

<昇段・昇級記録>・・・6名
下野二段→三段(12勝2敗)
石橋6級→5級(8勝2敗)
紫尾田9級→8級(4連勝)→7級(4連勝)
前野8級→7級(4蓮勝)
前田16級→15級(3連勝)
井上17級→16級(3連勝)→15級(3連勝)
スポンサーサイト



DSCF9280-12.jpg
DSCF9277-12.jpg
DSCF9276-12.jpg
DSCF9281-12.jpg
DSCF9282-12.jpg
DSCF9283-12.jpg
DSCF9284-12.jpg
DSCF9285-12.jpg
DSCF9287-12.jpg
DSCF9290-12.jpg
2月15日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

大盤講座のテーマは「受けの基本」、上級者も復習のつもりで勉強しましょう。

駒がぶつかったとき(取ることから考える)・成りを防ぐ・逃げる・数で受ける(攻めの数と同数で受ける)・守備力の高い金で王を守る・王を安全地帯に移動させるなどを解説。

解説の合間に問題を出題し、正確な符号で答えるように話す。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。初級者3名に野々村先生による実戦指導。対局手合いは阪田先生。

対局終了後、初形に戻し駒の確認を徹底するように再度指導。

<昇級記録>・・・5名
黒川2級→1級(6連勝)
紫尾田10級→9級(3連勝)
齋藤13級→12級(4勝1敗)
伊藤14級→13級(3連勝)
井上18級→17級(3連勝)
DSCF9154-12.jpg
DSCF9156-12.jpg
DSCF9159-12.jpg
DSCF9160-12.jpg
DSCF9161-12.jpg
DSCF9162-12.jpg
DSCF9163-12.jpg
DSCF9164-12.jpg
DSCF9165-12.jpg
2月8日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

最初に第45回小学生将棋名人戦京都府大会(日時・・2月23日9時30分、会場・・ひとまち交流館京都)の最終案内。

今回の大盤講座は初級者対象。上級者も復習のつもりで聞いてください。

テーマは「攻めの基本」

攻撃の中心は飛車。銀を進出するには歩を突く・数の攻め・終盤での「と金」攻めなどを解説。

解説の合間に問題を出題し、正確な符号で答えるように話す。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。初級者3名に阪田先生による実戦指導。対局手合いは野々村先生。

対局終了後、初形に戻し駒の確認を徹底するように指導。

<昇級記録>・・・5名
高畑初段→二段(8連勝)
青木9級→8級(4連勝)
紫尾田12級→11級(3連勝)→10級(3連勝)
齋藤14級→13級(3連勝)
前田17級→16級(3連勝)
DSCF8869-12.jpg
DSCF8868-12.jpg
DSCF8870-12.jpg
DSCF8874-12.jpg
DSCF8875-12.jpg
DSCF8877-12.jpg
DSCF8878-12.jpg
DSCF8879-12.jpg
DSCF8880-12.jpg
DSCF8881-12.jpg
DSCF8882-12.jpg
DSCF8883-12.jpg
DSCF8885-12.jpg
1月25日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

最初に第45回小学生将棋名人戦京都府大会(日時・・2月23日9時30分、会場・・ひとまち交流館京都)の案内。

大盤講座は初級者対象に「1手詰め・3手詰め問題」を出題。

続いて、中・上級者対象の「5手詰め・7手詰め問題」を出題。

読み切ってから正確な符号で答えるように指導。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。

対局終了後、観戦についてのマナー(助言厳禁)を徹底。

<昇級記録>・・・6名
杉田悠祐4級→3級(6連勝)
紫尾田崇生14級→13級(3連勝)→12級(3連勝)
齋藤共和16級→15級(3連勝)→14級(3連勝)
山下唯16級→15級(3連勝)
前谷蒼空18級→17級(3連勝)
迫坪槻大18級→17級(3連勝)
DSCF8506-12.jpg
DSCF8507-12.jpg
DSCF8508-12.jpg
DSCF8509-12.jpg
DSCF8510-12.jpg
DSCF8511-12.jpg
DSCF8515-12.jpg
DSCF8517-12.jpg
DSCF8518-12.jpg
DSCF8521-12.jpg
DSCF8523-12.jpg
DSCF8526-12.jpg
12月26日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

最初に本年最後の将棋教室に当たり「上達は一歩一歩の積み重ね」です。

冬休みに将棋の勉強も続けることと、来年の将棋教室では、みんなの元気な顔を見せてもらいたいと話す。

大盤講座は「高美濃囲い、銀冠の崩し方」についての解説。

それと、第8回京都子ども将棋交流大会参加申し込みは15名になりました。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。

阪田先生には3面指し指導対局。

野々村先生は対局カードの手合いと2面指し指導対局。

僕は対局カードの手合いと対局マナーの見守り。

<昇級記録>
青木奨真10級→9級(3連勝)
伊藤幹太15級→14級(3連勝)