FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8869-12.jpg
DSCF8868-12.jpg
DSCF8870-12.jpg
DSCF8874-12.jpg
DSCF8875-12.jpg
DSCF8877-12.jpg
DSCF8878-12.jpg
DSCF8879-12.jpg
DSCF8880-12.jpg
DSCF8881-12.jpg
DSCF8882-12.jpg
DSCF8883-12.jpg
DSCF8885-12.jpg
1月25日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

最初に第45回小学生将棋名人戦京都府大会(日時・・2月23日9時30分、会場・・ひとまち交流館京都)の案内。

大盤講座は初級者対象に「1手詰め・3手詰め問題」を出題。

続いて、中・上級者対象の「5手詰め・7手詰め問題」を出題。

読み切ってから正確な符号で答えるように指導。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。

対局終了後、観戦についてのマナー(助言厳禁)を徹底。

<昇級記録>・・・6名
杉田悠祐4級→3級(6連勝)
紫尾田崇生14級→13級(3連勝)→12級(3連勝)
齋藤共和16級→15級(3連勝)→14級(3連勝)
山下唯16級→15級(3連勝)
前谷蒼空18級→17級(3連勝)
迫坪槻大18級→17級(3連勝)
スポンサーサイト



DSCF8506-12.jpg
DSCF8507-12.jpg
DSCF8508-12.jpg
DSCF8509-12.jpg
DSCF8510-12.jpg
DSCF8511-12.jpg
DSCF8515-12.jpg
DSCF8517-12.jpg
DSCF8518-12.jpg
DSCF8521-12.jpg
DSCF8523-12.jpg
DSCF8526-12.jpg
12月26日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日。

最初に本年最後の将棋教室に当たり「上達は一歩一歩の積み重ね」です。

冬休みに将棋の勉強も続けることと、来年の将棋教室では、みんなの元気な顔を見せてもらいたいと話す。

大盤講座は「高美濃囲い、銀冠の崩し方」についての解説。

それと、第8回京都子ども将棋交流大会参加申し込みは15名になりました。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。

阪田先生には3面指し指導対局。

野々村先生は対局カードの手合いと2面指し指導対局。

僕は対局カードの手合いと対局マナーの見守り。

<昇級記録>
青木奨真10級→9級(3連勝)
伊藤幹太15級→14級(3連勝)
DSCF8422-12.jpg
DSCF8423-12.jpg
DSCF8424-12.jpg
DSCF8425-12.jpg
DSCF8428-12.jpg
DSCF8432-12.jpg
DSCF8434-12.jpg
DSCF8435-12.jpg
12月21日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。

今日は学校行事があり、受講者は30名。

最初に対局カードによる駒落ち対戦を実施するに当たり「対局マナー」などの順守事項を話す。

大盤講座は「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」についての解説。

次に「第8回京都子ども将棋交流大会」の受付。合計で13名が申し込み。

その後は対局カードによる駒落ち対戦を実施。

野々村先生、阪田先生には対局カードの手合いと対局マナーの見守りを担当。

僕は3面指し指導対局を担当。

<昇級記録>
紫尾田崇生15級→14級(3連勝)
伊藤幹太16級→15級(3連勝)



DSCF8379-12.jpg
DSCF8378-12.jpg
DSCF8381-12.jpg
DSCF8382-12.jpg
DSCF8383-12.jpg
DSCF8384-12.jpg
DSCF8385-12.jpg
DSCF8386-12.jpg
12月14日(土)午前中は「第33回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。

40名が受講。講師は3名体制で対応。

大盤講座は、初めての受講者を対象とした「駒の取り方」「駒得・駒損」「王手と詰み」についての解説。

今回も保護者の方々の見学がありました。

次に「第8回京都子ども将棋交流大会」の受付。8名が申し込み。

その後は、野々村先生、阪田先生による指導対局および自由対局。

僕は新規受講者に対しての級位認定。

次回より対局カードによる駒落ち対戦を実施。

最後に、駒の紛失を防ぐため、対局終了後は初形に戻し駒の種類を確認することと、施設内で走らないことを約束。
DSCF8075-12.jpg
DSCF8072-12.jpg
DSCF8073-12.jpg
DSCF8074-12.jpg
DSCF8076-12.jpg
DSCF8077-12.jpg
DSCF8078-12.jpg
DSCF8079-12.jpg
DSCF8080-12.jpg
DSCF8081-12.jpg
DSCF8084-12.jpg
DSCF8085-12.jpg
DSCF8086-12.jpg
11月30日(土)午前中は「2019年度後期第33回 ももやまこども将棋教室」の初回開講日です。

受講生は42名。今回より講師を3名体制で対応。

最初に、講師(小野巖先生、野々村正造先生、阪田進先生)の自己紹介。

初回に当たり保護者の方々の見学がありました。

その後、将棋教室で守るべき事を説明。

続いて、指導内容・スケジュール、対局マナーを話しました。

特に、対局マナーについては新たにチェックリストを配布して、自問自答してもらい自然に対局マナーを身につけてもらいたいと願っています。

次に、「第8回京都子ども将棋交流大会」の案内。

日時・・・来年2月29日(土)9時30分~17時 

会場・・・佛教大学・紫野キャンパス鷹陵館メインホール

その後は、野々村先生、阪田先生による指導対局および自由対局の見守り。

僕は新規受講者に対して「レッツ将棋」をもとに大盤講座と級位認定。