巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7732-11.jpg
DSCF7733-11.jpg
DSCF7734-11.jpg
DSCF7735-11.jpg
DSCF7736-11.jpg
DSCF7738-11.jpg
5月19日(土)午前中は「平成30年度前期第30回 ももやまこども将棋教室」の初回開講日です。

今回も50名を超える応募がありましたが、定員50名に抽選により人選。今日は48名が受講。

初回に当たり保護者の方々の見学がありました。最初に、講師(小野巖先生、野々村正造先生)の自己紹介。

その後、将棋教室実施中の離席や退室、私語など将棋教室で守るべき事を分かりやすく説明する。

続いて、指導内容・スケジュール、対局マナーを話しました。

こどもたちには「礼儀」や「対局マナー」を身につけてもらいながら、楽しく将棋を続けて、みんなで棋力向上を図ってもらいたいと願っています。

大盤講座では駒の動きは大半が分かっているので、駒の並べ方、駒が裏になった時の動きを解説。終了後、駒の動きが分からない受講者には個別に駒の動きなどを指導した。

その後は自由対局と新規受講者の棋力認定です。

野々村先生には、自由対局の見守りと初心者の指導をお願いし、僕は新規受講者の級位認定を行う。

次回も順次、新規受講者の棋力認定を行い、完了した時点で「対局カードによる駒落ち対戦」を実施。

それまでは自由対局でいろんな相手と交流戦を楽しんでもらいたいです。

最後に文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会の案内を行う。
スポンサーサイト
DSCF6260-11.jpg
DSCF6215-11.jpg
DSCF6218-11.jpg
DSCF6219-11.jpg
DSCF6220-11.jpg
DSCF6221-11.jpg
DSCF6222-11.jpg
DSCF6224-11.jpg
DSCF6226-11.jpg
DSCF6229-11.jpg
DSCF6230-11.jpg
DSCF6241-11.jpg
DSCF6247-11.jpg
DSCF6248-11.jpg
DSCF6249-11.jpg
3月17日(土)午前10時~13時は、第29回・ももやまこども将棋教室の将棋大会(最終日)です。

46名が参加。いつもより1時間延長です。

最初に対局ルール規定を話してから、本戦と交流戦の抽選を行い、組み合わせを決定。一斉にスタート。

盤面集中して熱戦が繰り広げられました。進行の遅れている対戦には一手30秒の秒読みを行なった。

本戦は、予選リーグ戦に勝ち残ったA級12名、B級10名による上手に厳しい駒落ち決勝トーナメント戦です。

並行して、予選リーグ戦を休んだこどもたちと、決勝トーナメント戦に進出できなかったこどもたちの、A級11名、B級13名による駒落ち将棋交流トーナメント戦も行いました。

将棋大会終了後は、表彰式です。

将棋大会優勝・準優勝・三位の結果報告と、勝率1位賞、最優秀賞、優秀賞、よくがんばったで賞、がんばったで賞、敢闘賞、特別賞、努力賞、がんばろう賞、皆勤賞など、

今期の対局カードによる対戦での成績、対局マナー、対局数などを勘案の上、全員に各賞を決定しました。

表彰式では賞状や賞品を贈呈。

結果は、

A級
優勝・・・平井拓斗初段
準優勝・榎川佳希2級
三位・・高畑奏楽3級、瀬木成希8級

B級
優勝・・・大谷伊織13級
準優勝・川畑優來11級
三位・・小西想12級、吉岡大和14級

<将棋交流トーナメント戦>
A級
優勝・・・下野誠太朗4級
準優勝・曽我春太郎7級
三位・・・阿部浩士8級、黒川英寛9級

B級
優勝・・・安田貫志16級
準優勝・菱本虎次郎14級
三位・・石原史章12級、田代涼太郎17級でした。

勝率第一位賞・・・平井拓斗初段〈16勝1敗)

最優秀賞・・・・・・平井湧真4級(33勝4敗)

優秀賞5名・・・・・高畑奏楽3級(29勝12敗)、福嶋篤人7級(27勝10敗)、伴春樹8級(26勝14敗)、齋藤大輔級(30勝7敗)、髙木里織汰(25勝9敗)

最多対局賞・・・川地風詩8級・・・44対局(26勝18敗)

よくがんばったで賞6名・・・下野誠太朗4級(16勝10敗)、瀬木成希8級(20勝11敗)、田中啓次郎11級(20勝11敗)、川畑優來11級(22勝10敗)、石原史章12級(22勝18敗)、大谷伊織13級(20勝9敗)

がんばったで賞12名・・・林一慶7級(14勝12敗)、雲林院陽太7級(17勝16敗)、阿部浩士8級(12勝10敗)、田中俊太郎8級(13勝10敗)、黒川英寛9級(18勝15敗)、泉琳太郎11級(13勝11敗)、出原義之11級(13勝12敗)、梅村真弘12級(17勝13敗)、片岡大河13級(16勝15敗)、吉岡大和14級(14勝8敗)、阪倉孝拓14級(14勝13敗1分)、北岡尋斗14級(14勝13敗)、

特別賞・・・原野有紗16級(14勝14敗)

敢闘賞・・・竹谷梨音14級(16勝24敗)

努力賞3名・・・前田紗那14級、樋口奈央19級、増田結月20級

がんばろう賞18名・・・榎川佳希2級、西田陸輝6級、曽我春太郎7級、松本啓吾7級、菱本麟太郎9級、谷口仁志9級、中川駿11級、小西想12級、大槻崇徳13級、大野寛人13級、菱本虎次郎14級、小橋兼三14級、安田貫志16級、樋口央人16級、田代涼太郎17級、北岡幸弥17級、北村光瑠18級、辻響介19級

皆勤賞7名・・・大野寛人13級、齋藤大輔9級、下野誠太朗4級、田中啓次郎10級、福嶋篤人7級、阿部浩士8級、高畑奏楽3級)

全員に賞品を贈り健闘を称えました。

表彰式のあとは記念写真を撮り平成29年度後期第29回ももやまこども将棋教室を無事終了。

野々村正造先生、ももやま児童館児童厚生員の先生方、おつかれさまでした。ありがとうございました。


なお、次回の「平成30年度前期・第30回ももやまこども将棋教室」の詳細は、下記の通りです。

申込方法・・・ももやま児童館での将棋教室ご案内裏面に必要事項を記入し児童館へ持参。

申込期間・・・3月19日(月)~3月31日(土)・・・<日曜日・祝日・3月28日(行事の為)は閉館しています。>
児童館の開館時間は10時~18時30分です。

定員・・・50名 申込締め切り後、抽選により決定。

参加費・・・3000円(15回の講座)

参加対象・・・小学2年生~中学3年生 15回とも参加でき、まじめに将棋に取り組める、ヤル気のある人。無断欠席は厳禁。

講師・・・小野 巖先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋棋道師範・五段)
      野々村正造先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋指導員・四段)

実施日時・・・10時~12時頃まで。(最終回の9月22日は、将棋大会表彰式などの為13時頃に終了予定)
5月・・・19日(土)
6月・・・ 2日(土)、16日(土)、30日(土)
7月・・・14日(土)、21日(土)
8月・・・ 2日(木)、 3日(金)、17日(金)、18日(土)、23日(木)
9月・・・ 1日(土)、 8日(土)、15日(土)、22日(土)
DSCF6016-1.jpg
DSCF6019-1.jpg
DSCF6022-1.jpg
DSCF6023-1.jpg
DSCF6026-1.jpg
2月24日(土)の午前中は、お待ちかねの「ももやまこども将棋教室」将棋大会・予選リーグ戦です。

44名が参加。「ももやま健光園」に入るとロボットが迎えてくれました。

最初に対局ルール、対局マナー、注意事項の説明と「一局の将棋を大切に指す」心構えを話す。

次に、A級(1級~11級)とB級(11級~19級)に分けての抽選です。

A級およびB級共、四人一組の総当たり戦。

予選リーグは3回戦のうち、2勝すると次回の決勝トーナメント戦に進出。

いよいよ、上手に厳しい「駒落ちリーグ戦」の開催です。

但し、駒落ちは4枚落ちを限度としました。
いっせいに対局を開始。

開始早々、会場がシーンと静まり対戦が続きました。

進行の遅い対局については、一手30秒の秒読みを行う。

<結果>
A級・決勝トーナメント進出者は11名+1名。
平井拓斗初段・榎川佳希2級・高畑奏楽3級・平井湧真4級・西田陸輝6級・松本啓吾7級・福嶋篤人7級・田中俊太郎8級・瀬木成希8級・伴 春樹8級・田中啓二郎10級
あとの1名は、3/17の決勝トーナメント戦に抽選(下野誠太朗4級・雲林院陽太7級・谷口仁志9級)

B級・決勝トーナメント進出者は10名。
川畑優輝11級・梅村真弘12級・小西 想12級・髙木里織汰12級・大谷伊織12級・大槻崇徳13級・片岡大河13級・大野寛人13級・吉岡大和14級・樋口央人16級


最終日の決勝トーナメント戦は3月17日(土)10時から13時です。賞品をいろいろと取り揃えていますのでお楽しみに。

なお、本日参加できなかった人、及び、残念ながら予選リーグ戦敗退の人は、本戦とは別に交流戦を開催しますので、全員参加を期待しています。
DSCF5947.jpg
DSCF5951-11.jpg
DSCF5953-11.jpg
DSCF5954-11.jpg
DSCF5955-11.jpg
DSCF5956-11.jpg
2月17日(土)午前中は「第29回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。

野々村指導員と共に出向く。今日は受講者は42名。

最初に、第11回朝日杯将棋オープン戦本戦 準決勝で、羽生善治竜王VS藤井聡太五段の対局が本日開催の話題。

大盤講座は「合い駒による詰みと逃れ」の解説。符号で答えるように指導する。

講座終了後、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局です。次回はお待ちかねの「将棋大会・予選リーグ戦」です。

<昇級記録>・・・12名
高畑奏楽4級→3級(9勝3敗)
林一慶8級→7級(7勝3敗)
松本啓吾8級→7級(7勝3敗)
齋藤大輔10級→9級(3連勝)
中川駿12級→11級(3連勝)
川畑優來12級→11級(3連勝)
梅村真弘13級→12級〈4勝1敗)
大野寛人14級→13級(3連勝)
小橋兼三15級→14級(3連勝)
北岡尋斗16級→15級(3連勝)→14級(3連勝)
原野有紗17級→16級(4勝1敗)
田代涼太郎18級→17級(3連勝)
DSCF5737-11.jpg
DSCF5742-11.jpg
DSCF5744-11.jpg
DSCF5745-11.jpg
DSCF5746-11.jpg
DSCF5749-11.jpg
DSCF5751-11.jpg
2月10日(土)午前中は「第29回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。

野々村指導員と共に出向く。今日は受講者は40名。

南君(小1)が教室見学。練習対局で勝利。注目の的でした。棋力は10級と判定。

最初に、ふたば書房杯将棋大会、京都子ども将棋交流大会の申し込み締切と、12日開催の小学生将棋名人戦京都府大会の参加数が過去最高の168名となったことを話す。

大盤講座は森信雄七段著「詰めろ将棋入門」から出題。符号で答えるように指導する。

「王手は追う手」「王は包むように寄せよ」の格言を交えながら、「詰めろ」を実戦に応用するように解説する。

講座終了後、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局です。

<昇級記録>・・・9名
平井湧真5級→4級(6連勝)
福嶋篤人8級→7級(4連勝)
伴春樹9級→8級(4連勝)
田中啓二郎11級→10級(3連勝)
齋藤大輔11級→10級(3連勝)
出原義之12級→11級〈3連勝)
高木里織汰13級→12級(3連勝)
石原史章13級→12級(3連勝)
大谷伊織14級→13級(4勝1敗)