巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0128.jpg
DSCF0070.jpg
DSCF0074.jpg
DSCF0075.jpg
DSCF0076.jpg
DSCF0077.jpg
DSCF0079.jpg
DSCF0080.jpg
DSCF0082.jpg
DSCF0084.jpg
DSCF0087.jpg
DSCF0092.jpg
DSCF0093.jpg
DSCF0098-1.jpg
DSCF0103.jpg
DSCF0105-1.jpg
DSCF0111.jpg
DSCF0119.jpg
3月11日(土)午前10時~13時は、第27回・ももやまこども将棋教室の将棋大会(最終日)です。

49名が参加。いつもより1時間延長です。

最初に東日本大震災で犠牲になられた方々への追悼の意を表す1分間の黙祷を行いました。

その後、対局ルール規定を話してから、本戦と交流戦の抽選を行い、組み合わせを決定。一斉にスタート。

静寂の中、集中して熱戦が繰り広げられました。進行の遅れている対戦にはチェスクロック(各5分切れ負け)を使用。

本戦は、予選リーグ戦に勝ち残ったA級10名、B級16名による上手に厳しい駒落ち決勝トーナメント戦です。

並行して、予選リーグ戦を休んだこどもたちと、決勝トーナメント戦に進出できなかったこどもたちの、A級12名、B級11名による駒落ち将棋交流トーナメント戦も行いました。

将棋大会終了後は、表彰式です。
将棋大会優勝・準優勝・三位の結果報告と、最優秀賞、よくがんばったで賞、皆勤賞、マナー賞、特別賞、努力賞など、今期の対局カードによる対戦での成績、対局マナー、対局数などを勘案の上、全員に各賞を決定しました。

表彰式では賞状や賞品を一人ずつ手渡しました。

結果は、
A級
優勝・溝口遼人三段
準優勝・平井拓斗3級
三位・・下野誠太朗7級、榎川佳希5級
B級
優勝・高畑奏楽11級
準優勝・宮本千照14級
三位・・福嶋篤人14級、大槻崇徳15級

将棋交流トーナメント戦
A級
優勝・牧田翔吾1級
準優勝・阿部浩士10級
三位・・・杉田悠祐7級、五十嵐睦恵8級
B級
優勝・出原義之13級
準優勝・荒木奎太16級
三位・・小西 想15級、黒川英寛16級でした。

最優秀賞・・・下野誠太朗7級(25勝7敗)

よくがんばったで賞・・・20名(溝口遼人三段、関百々太3級、平井拓斗3級、服部篤志3級、服部悠介4級、榎川佳希5級、西田陸輝7級、五十嵐尊哉7級、五十嵐睦恵8級、西野訓平9級、岩井颯太10級、近西陸10級、高畑奏楽11級、福田理人13級、川地風詩13級、林一慶13級、黒崎優佑14級、宮本千照14級、菱本鱗太郎15級、片岡大河16級

皆勤賞・・・10名(梅村真弘18級、下野誠太朗7級、林一慶13級、伴春樹16級、宮本千照14級、五十嵐睦恵8級、岩井颯太10級、西野訓平9級、松田大雅13級、松本美咲14級)

マナー賞・松本美咲14級

特別賞・・・牧田翔吾1級

努力賞など、全員に賞品を贈り健闘を称えました。

表彰式のあとは記念写真を撮り平成28年度後期第27回ももやまこども将棋教室を無事終了しました。

野々村正造先生、ももやま児童館児童厚生員の先生方、おつかれさまでした。ありがとうございました。

なお、次回の「平成29年度前期・第28回ももやまこども将棋教室」の詳細案内は、当ブログ(4月17日(月))において掲載しますのでご確認ください。
スポンサーサイト
DSCF9980.jpg
DSCF9982.jpg
DSCF9983-1.jpg
DSCF9986.jpg
3月4日(土)の午前中は、お待ちかねの「ももやまこども将棋教室」将棋大会・予選リーグ戦です。

46名が参加。

最初に対局ルール、対局マナー、注意事項の説明と「一局の将棋を大切に指す」心構えを話す。

次に、A級(三段~10級)とB級(11級~19級)に分けての抽選です。

A級およびB級共、四人一組の総当たり戦。

予選リーグは3回戦のうち、2勝すると次回の決勝トーナメント戦に進出。

いよいよ、上手に厳しい「駒落ちリーグ戦」の開催です。

但し、駒落ちは4枚落ちを限度としました。

いっせいに対局を開始。

開始早々、会場がシーンと静まり対戦が続きました。

進行の遅い対局については、対局時計を使用した。


<結果>

A級・決勝トーナメント進出者は10名。

溝口遼人三段・関萌々太3級・平井拓斗3級・服部悠介4級・・榎川佳希5級・田中夏生5級・下野誠太朗7級・西野訓平9級・岩井颯太10級・近西陸10級

B級・決勝トーナメント進出者は16名。

杉浦秀拓11級・高畑奏楽11級・下野誠太朗13級・中川駿13級・福田理人13級・川地風詩13級・林一慶13級・松田大雅14級・松本美咲14級・黒崎優佑14級・宮本千照14級・大槻崇徳15級・菱本鱗太郎15級・田中輝15級・梅村真弘18級・福島篤人14級(特別推薦)

最終日の決勝トーナメント戦は3月11日(土)10時から13時です。賞品をいろいろと取り揃えていますのでお楽しみに。

なお、本日参加できなかった人、及び、残念ながら予選リーグ戦敗退の人は、本戦とは別に交流戦を開催しますので、全員参加を期待しています。
DSCF9948-1.jpg
DSCF9950-1.jpg
DSCF9951.jpg
DSCF9952.jpg
DSCF9955.jpg
DSCF9957.jpg
2月25日(土)午前中は「平成28年度後期第27回 ももやまこども将棋教室」の13回目の開講日。受講者は42名。

最初に、対局カードによる駒落ち対戦は本日で終了し、14回…(予選リーグ戦)、15回…(決勝トーナメント戦)の開講日は、A級、B級にクラス分けの将棋大会を開催することを話す。

大盤講座は「詰将棋の解き方」についての講座です。

「守備駒の位置を変える」「逃げ道を封鎖する」「邪魔駒を消去する」の代表的な3つの手法について、例題を挙げて解説しました。

考え方を参考にして実戦で活用してもらいたいです。

大盤解説終了後、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦です。

<昇級記録>・・・8名
下野誠太朗8級→7級(4連勝)
五十嵐睦恵9級→8級(4蓮勝)
近西陸11級→10級(3連勝)
高畑奏楽12級→11級(3連勝)
福田理人14級→13級(3連勝)
黒崎優佑15級→14級(3連勝)
菱本鱗太郎16級→15級(3連勝)
小西想16級→15級(3連勝)
P1000557.jpg
P1000559.jpg
P1000560.jpg
2月18日(土)午前中は「平成28年度後期第27回 ももやまこども将棋教室」の12回目の開講日でした。

僕は、当日ゼスト御池・河原町広場において、ふたば書房杯子ども将棋大会を開催することになっていたので、野々村正造指導員に加えて、前期まで将棋指導員を務めて頂いていた木下博視先生にピンチヒッターをお願いしました。受講者は33名でした。

大盤講座は、野々村指導員にお願いをしました。詰将棋問題を出題し解説。

写真は木下指導員に撮って頂きました。ありがとうございました。

大盤解説終了後、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦でした。

<昇級記録>・・・8名
五十嵐尊哉8級→7級(7勝3敗)
五十嵐睦恵10級→9級(3蓮勝)
岩井颯太11級→10級(4勝1敗)
中川駿14級→13級(3連勝)
林一慶14級→13級(3連勝)
出原義之14級→13級(4勝1敗)
宮本千照15級→14級(4勝1敗)
片岡大河17級→16級(3連勝)
DSCF9579-1.jpg
DSCF9581-1.jpg
DSCF9583.jpg
DSCF9584.jpg
2月4日(土)午前中は「平成28年度後期第27回 ももやまこども将棋教室」の11回目の開講日です。

野々村正造指導員と共にももやま児童館に出向く。受講者は37名。

最初に、3月18日(土)開催の第5回京都子ども将棋交流大会の申込み受付です。

現在すでに13名が申し込みました。次回の教室でも間に合います。絶好の機会ですので、ぜひチャレンジしてください。

大盤講座は、寄せの手筋です。王は包むように寄せよ・王は下段に落とせ・王手は追う手・などの格言を交えて、例題を出題し解説する。

大盤解説終了後、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦を行う。

<昇級記録>・・・8名
服部悠介5級→4級(6連勝)
下野誠太朗9級→8級(4蓮勝)
杉浦秀拓12級→11級(3連勝)
近西陸13級→12級(3連勝)
林一慶15級→14級(4勝1敗)
福田理人15級→14級(3連勝)
荒木奎太17級→16級(4勝1敗)
黒崎優佑17級→16級(4勝1敗)