FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9553-11.jpg
DSCF9554-11.jpg
DSCF9555-11.jpg
DSCF9556-11.jpg
DSCF9559-11.jpg
DSCF9552-11.jpg
9月15日(土)の午前中は「ももやまこども将棋教室」将棋大会・予選リーグ戦です。

43名が参加。

最初に、駒落ち対戦のルール、対局マナー、注意事項の説明と「一局の将棋を大切に指す」心構えと挨拶を忘れずにを話す。

次に、A級(1級~9級)とB級(9級~20級)に分けての抽選。

A級およびB級共、四人一組の総当たり戦。

予選リーグは3回戦のうち、2勝すると次回の決勝トーナメント戦に進出。

いよいよ「駒落ちリーグ戦」の開催です。

但し、駒落ちは4枚落ちを限度としました。

いっせいに対局を開始。

開始早々から第1回戦終了までは、会場がシーンと静まり対戦が続く。

第2回戦、3回戦になると段々と騒がしくなり注意。

進行の遅い対局については、一手30秒の秒読みを行う。

最終日の9月22日(土)は決勝トーナメント戦ですが、運動会と重なった小学校があり7名の欠場が決定。

賞品を渡し健闘を称えましたが残念です。

<結果>
A級・決勝トーナメント進出者は11名。
平井湧真1級・下野誠太朗1級・田中俊太郎6級・松本啓吾6級・黒川英寛6級・瀬木成希7級・佐藤航太7級・福嶋篤人7級・齋藤大輔8級・大谷伊織8級・小橋兼三9級

(高畑奏楽1級・高木里織汰6級)・・・運動会で欠場

B級・決勝トーナメント進出者は9名。
成田晃太朗9級・出原義之11級・石原史章11級・小西 想11級・大野寛人11級・岡田徹平12級・菱本虎次郎14級・岡崎創太16級・後藤朔太郎16級

(田中啓二郎9級・青木奨真14級・奥田悠生16級)・・・運動会等で欠場

最終日の決勝トーナメント戦は9月22日(土)10時から13時です。賞品をいろいろと取り揃えていますのでお楽しみに。

なお、本日参加できなかった人、及び、残念ながら予選リーグ戦敗退の人は、本戦とは別に交流戦を開催しますので、全員参加を期待しています。
スポンサーサイト
DSCF9397-11.jpg
DSCF9398-11.jpg
DSCF9403-11.jpg
DSCF9405-11.jpg
DSCF9406-11.jpg
9月8日(土)午前10時~12時は「ももやまこども将棋教室」。44名が受講。野々村指導員と共に教室運営。

最初に、対局マナーについての話です。

対戦中は対局者以外の周りからの助言は厳禁。

始めるときの「お願いします」の礼儀は出来ていますが、終わった時の「負けました」「ありがとうございました」の礼儀が不十分ですので、キッチリと行いましょう。

大盤講座は前回の続き「詰め将棋」の解説と出題です。

「危険地帯に誘え」「焦点に捨てよ」など出題。

その後は、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦です。

今回で対局カードも終了し、次回からは予選リーグ・決勝トーナメントと2回に分けての将棋大会です。

<昇級記録>(12名)
下野誠太朗2級→1級(10勝2敗)
髙木里織汰7級→6級(5連勝)
伊藤克己9級→8級(4連勝)
齋藤大輔9級→8級4連勝)
小橋兼三10級→9級(3連勝)
成田晃太朗10級→9級(4勝1敗)
堤田陽羽10級→9級(3連勝)
岡田徹平13級→12級(3連勝)
田代涼太郎15級→14級(3連勝)
後藤朔太郎17級→16級(4勝1敗)
岡崎創太17級→16級(4勝1敗)
奥田悠生17級→16級(3連勝)
平成30年度後期・第31回ももやまこども将棋教室の詳細は下記の通りです。

申込方法・・・ももやま児童館での将棋教室ご案内裏面に必要事項を記入し児童館へ持参。

申込期間・・・9月1日(土)~9月29日(土)・・・<日曜日・祝日は閉館しています。>
児童館の開館時間は10時~18時30分です。
児童館閉館中に、施設内の受付等に申し込み用紙をお預けされても無効とします。

定員・・・50名 申込締め切り後、抽選により決定。

参加費・・・3000円・入会決定後、登録会にてお支払いいただきます。

参加対象・・・小学2年生~中学3年生 15回とも参加でき、まじめに将棋に取り組める、ヤル気のある人。無断欠席は厳禁。

講師・・・小野 巖先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋棋道師範・五段)
      野々村正造先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋指導員・四段)

実施日時・・・10時~12時頃まで。(最終回の3月16日は、将棋大会表彰式などの為13時頃に終了予定)
11月・・・10日(土)・将棋教室初回及び将棋教室登録会、17日(土)
12月・・・ 1日(土)、15日(土)、22日(土)、26日(水)
 1月・・・12日(土)、19日(土)、26日(土)
 2月・・・ 2日(土)、16日(土)、23日(土)
 3月・・・ 2日(土)、 9日(土)、16日(土)

主催:日本将棋連盟京都山科支部
会場・お問い合わせ:ももやま児童館  京都市伏見区桃山立売1-6  電話075-605-5586
DSCF9370-1.jpg
DSCF9376-1.jpg
DSCF9377-1.jpg
DSCF9378-1.jpg
DSCF9380-1.jpg
DSCF9379-1.jpg
9月1日(土)午前10時~12時は「ももやまこども将棋教室」。45名が受講。野々村指導員と共に教室運営。

最初に、昨日行われた藤井聡太七段VS近藤誠也五段の新人王戦の話題。

続いて「京都新聞フェス2018」の中の第2回京都ジュニア棋王戦の案内。

大盤講座は「詰め将棋」の解説と出題です。

「駒を取って詰ます」「離して打って成る」「邪魔駒を消す」「守備駒を移動させる」「逃げ道に捨てる」など出題。

その後は、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦と、野々村先生の6枚落ち指導対局です。

次回で対局カードも終了するので気合いが入っており昇級者が目白押しです。

<昇級記録>(13名)
高畑奏楽2級→1級(10勝2敗)
杉田悠祐7級→6級(8勝3敗)
田中俊太郎7級→6級(5連勝)
黒川英寛7級→6級(8勝3敗)
大谷伊織9級→8級(4連勝)
伊藤克己10級→9級(3連勝)
小橋兼三12級→11級(3連勝)→10級(3連勝)
成田晃太朗11級→10級(3連勝)
石原史章12級→11級(3連勝)
小西想12級→11級(4勝1敗)
岡田徹平14級→13級(3連勝)
吉川雄也16級→15級(3連勝)→14級(3連勝)
後藤朔太郎18級→17級(3連勝)
DSCF9152-1.jpg
DSCF9154-1.jpg
DSCF9155-1.jpg
DSCF9157-1.jpg
DSCF9158-1.jpg
DSCF9159-1.jpg
DSCF9160-1.jpg
DSCF9161-1.jpg
8月23日(木)午前10時~12時は「ももやまこども将棋教室」。38名が受講。野々村指導員と共に教室運営。

最初に、上海・北京子ども将棋代表団入洛観光と歓迎交流会の様子を話す。

続いて案内事項を3件。

JTこども大会(10/27・大阪市中央体育館)、

やましなこども将棋スクール(8/26・9/9・東部文化会館)、

映画(泣き虫しょったんの奇跡・9/7全国公開)

大盤講座は「序盤でやってはいけない手・居飛車対振り飛車」の解説と「3手・5手詰将棋問題」を出題。

その後は、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦です。

<昇級記録>(5名)
伴春樹8級→7級(4連勝)
伊藤克己11級→10級(3連勝)
成田晃太朗12級→11級(3連勝)
青木奨真15級→14級(3連勝)
岡田徹平15級→14級(3連勝)