巖ちゃんの日々是将棋

平成29年度後期「第29回ももやまこども将棋教室」開講日程を下記の通りご案内致します。
             記
日程・・・11月:11日(土) ・・・初回教室と将棋教室登録会
     25日(土)
12月: 2日(土)  9日(土) 16日(土) 25日(月)
1月: 6日(土) 13日(土) 20日(土) 27日(土)
2月: 3日(土) 10日(土) 17日(土) 24日(土)
3月:17日(土) ・・・最終日は13:00終了予定です。
時間・・・午前10:00~12:00ごろまで
*午前9:55に児童館に来てください
*15回コースです。出来るだけ全部に参加してください。
[参加対象]
小学2年生以上、中学3年生まで、15回とも参加できる人。
まじめに将棋に取り組める、やる気のある人。
[講師]
小野 巖(おの いわお)先生(公益社団法人日本将棋連盟公認将棋棋道師範・五段)
野々村正造(ののむら しょうぞう)先生(公益社団法人日本将棋連盟公認将棋指導員・四段)
[参加費]3000円
[定員] 先着40名まで *定員に満ち次第、締切り
[申し込みについて]
①申し込みの方法 
申し込み用紙を児童館まで持参、もしくはFAX、郵送で受け付けています。
②申し込み開始日 
10月14日(土) 午前10時から (閉館は18:30です)~10月23日(月)
*これ以前の申し込みは受け付けられません。
 ももやま児童館が閉館している時間帯に施設内他の職員に申し込み用紙をお預けになることはご遠慮ください。
[前期参加者のみなさまへ]
 前期参加者は申し込み用紙を一旦お預かりし、他の児童の申し込みの結果、定員に満たない場合のみ、先着順で参加して頂けます。
(結果については当館よりご連絡させて頂きます。)
但し、前期の欠席状況次第にて参加を検討させていただく場合があります。
[お願い]
当教室では、15回終了後記念写真撮影を行い、小野先生より参加者にお配り頂いております。また小野先生が作成されているホームページでも将棋教室の様子を紹介されています。写真の利用にご了承いただけない場合、お申込み前に児童館までご相談下さい。

主催: 日本将棋連盟 京都山科支部
会場・お問い合わせ:ももやま児童館  
京都市伏見区桃山町立売1-6 TEL 605-5586/FAX 605-5587
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ももやま児童館 将棋教室 参加申し込み用紙
児童氏名(ふりがな)          小学校名          
学年    クラス     
電話         
FAX(お持ちの方は必ずご記入下さい)         
住所 〒                                           
将棋の経験:いずれかに丸印をつけて下さい。
①はじめて ②駒の動きを知っている 
③ももやま児童館の将棋教室に参加したことがある。
④ももやま児童館の平成29年度前期の教室に参加していた。
スポンサーサイト
DSCF3174.jpg
DSCF3179-1.jpg
DSCF3183.jpg
DSCF3184.jpg
DSCF3185.jpg
DSCF3186-1.jpg
DSCF3192-1.jpg
DSCF3195.jpg
DSCF3201-1.jpg
DSCF3203.jpg
DSCF3210-1.jpg
DSCF3211.jpg
DSCF3213.jpg
DSCF3216-1.jpg
DSCF3218.jpg
DSCF3227.jpg
DSCF3229.jpg
9月2日(土)午前10時~13時は、第28回・ももやまこども将棋教室の将棋大会(最終日)です。

47名が参加。いつもより1時間延長です。

最初に対局ルール規定を話してから、本戦と交流戦の抽選を行い、組み合わせを決定。一斉にスタート。

静寂の中、集中して熱戦が繰り広げられました。進行の遅れている対戦にはチェスクロック(各5分切れ負け)を使用。

本戦は、予選リーグ戦に勝ち残ったA級8名、B級14名による上手に厳しい駒落ち決勝トーナメント戦です。

並行して、予選リーグ戦を休んだこどもたちと、決勝トーナメント戦に進出できなかったこどもたちの、A級10名、B級15名による駒落ち将棋交流トーナメント戦も行いました。

将棋大会終了後は、表彰式です。
将棋大会優勝・準優勝・三位の結果報告と、最優秀賞、優秀賞、よくがんばったで賞、皆勤賞、特別賞、努力賞など、今期の対局カードによる対戦での成績、対局マナー、対局数などを勘案の上、全員に各賞を決定しました。

表彰式では賞状や賞品を一人ずつ手渡しました。

結果は、
A級
優勝・榎川佳希4級
準優勝・五十嵐睦恵7級
三位・・平井拓斗1級、服部篤志2級
B級
優勝・佐藤航太12級
準優勝・瀬木成希11級
三位・・福嶋篤人12級、石原史章15級

<将棋交流トーナメント戦>
A級
優勝・平井湧真10級
準優勝・下野誠太朗5級
三位・・・村田泰徹7級、林一慶9級
B級
優勝・堤田陽羽14級
準優勝・片岡大河15級
三位・・福田理人11級、小西 想13級でした。

最優秀賞2名・・・菱本麟太郎9級(30勝9敗1分)、高畑奏楽19勝4敗

優秀賞8名・・・・・平井拓斗1級(19勝5敗)、服部篤志2級(15勝5敗)、瀬木成希11級(19勝7敗)、佐藤航太12級(20勝5敗)、平井湧真(28勝8敗)、田中俊太郎10級(25勝9敗1分)、田中啓二郎13級(21勝7敗)、菱本虎次郎15級(23勝9敗)

よくがんばったで賞13名・・・(榎川佳希4級、下野誠太朗5級、五十嵐睦恵7級、西野訓平7級、松本啓吾9級、林一慶9級、川地風詩10級、黒川英寛12級、伴春樹13級、堤田陽羽14級、梅村真弘15級、竹谷梨音16級

皆勤賞・・・5名(大野寛人15級、菱本虎次郎15級、川畑優來16級、下野誠太朗5級、菱本麟太郎9級)

特別賞・・・安田貴志16級

努力賞など、全員に賞品を贈り健闘を称えました。

表彰式のあとは記念写真を撮り平成29年度前期第28回ももやまこども将棋教室を無事終了しました。

野々村正造先生、ももやま児童館児童厚生員の先生方、おつかれさまでした。ありがとうございました。

なお、次回の「平成29年度後期・第29回ももやまこども将棋教室」の詳細案内は、当ブログ(10月2日(月))において掲載しますのでご確認ください。
DSCF3113.jpg
DSCF3114-1.jpg
DSCF3117.jpg
DSCF3120.jpg
DSCF3123.jpg
DSCF3124.jpg
DSCF3125.jpg
DSCF3126.jpg
DSCF3131.jpg
DSCF3133.jpg
DSCF3134.jpg
8月26日(土)の午前中は、お待ちかねの「ももやまこども将棋教室」将棋大会・予選リーグ戦です。

40名が参加。

入り口には、オレンジ色の綺麗な花とハイビスカスが咲いていました。

最初に対局ルール、対局マナー、注意事項の説明と「一局の将棋を大切に指す」心構えを話す。

次に、A級(1級~10級)とB級(11級~20級)に分けての抽選です。

A級およびB級共、四人一組の総当たり戦。

予選リーグは3回戦のうち、2勝すると次回の決勝トーナメント戦に進出。

いよいよ、上手に厳しい「駒落ちリーグ戦」の開催です。

但し、駒落ちは4枚落ちを限度としました。
いっせいに対局を開始。

開始早々、会場がシーンと静まり対戦が続きました。

進行の遅い対局については、対局時計を使用した。

<結果>

A級・決勝トーナメント進出者は8名。

平井拓斗1級・
服部篤志2級・
榎川佳希4級・
高畑奏楽6級・
i五十嵐睦恵7級・
五十嵐尊哉7級・
松本啓吾9級・
阿部浩士9級

B級・決勝トーナメント進出者は14名。

瀬木成希11級・
佐藤航太12級・
黒川英寛12級・
前田暁成12級・
福島篤人12級・
出原義之12級・
田中啓二郎13級・
伴春樹13級・
大槻崇徳14級・
菱本虎次郎15級・
石原史章15級・
梅村真弘15級・
西野瑛二16級・
増田香月16級

最終日の決勝トーナメント戦は9月2日(土)10時から13時です。賞品をいろいろと取り揃えていますのでお楽しみに。

なお、本日参加できなかった人、及び、残念ながら予選リーグ戦敗退の人は、本戦とは別に交流戦を開催しますので、全員参加を期待しています。
DSCF3046.jpg
DSCF3049.jpg
DSCF3051.jpg
DSCF3052.jpg
DSCF3053.jpg
DSCF3054-1.jpg
DSCF3055.jpg
8月21日(木)午前中は「第28回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。

野々村指導員と共にももやま児童館に向かう。44名が受講。

前回(18日)の教室は、孫とのクッキング体験教室に参加のため、事前に受講生、野々村先生それと木下先生に応援を依頼して「ももやま教室」をお願いしました。

大盤講座は第88期棋聖戦五番勝負第3局・先手・斎藤慎太郎七段VS後手・羽生善治棋聖の棋譜を並べて鑑賞。

羽生棋聖が四間飛車から藤井システムを採用。一方、斎藤七段は穴熊に組む工夫。

終盤では一手指した方が良く見える展開で大変に勉強になりました。結果は「7三金」の詰めろが厳しく、斎藤七段が勝利した一局でした。

大盤講座終了後、お待ちかねの「対局カードによる駒落ち対戦」の開始です。

15回の教室も、いよいよ、あと2回となり、今日で対局カードによる対戦は終了です。

次回の8月26日は将棋大会・予選リーグ戦。最終日の9月2日は決勝トーナメント戦・表彰式です。

いつもながら、子ども達が喜びそうな賞品の用意に頭を悩ましています。

<昇級記録>    8月18日・・・10名
菱本鱗太郎10級→9級(3連勝)
松本啓吾10級→9級(3連勝)
田中俊太郎11級→10級(3連勝)
平井湧真12級→11級(3連勝)
瀬木成希12級→11級(3連勝)
黒川英寛14級→13級(3連勝)
宮本千照14級→13級(3連勝)
竹谷梨音17級→16級(3連勝)
安田貴志17級→16級(3連勝)
樋口奈央20級→19級(3連勝)


<昇級記録>    8月21日・・・12名
平井拓斗2級→1級(6連勝)
高畑奏楽7級→6級(5連勝)
平井湧真11級→10級(3連勝)
福田理人12級→11級(4勝1敗)
黒川英寛13級→12級(3連勝)
前田暁成13級→12級(3連勝)
黒崎優佑13級→12級(3連勝)
佐藤航太13級→12級(3連勝)
大槻崇徳15級→14級(3連勝)
梅村真弘16級→15級(3連勝)
菱本虎次郎16級→15級(3連勝)
増田香月17級→16級(3連勝)
DSCF3023_2017081720555950c.jpg
DSCF3024.jpg
DSCF3025.jpg
DSCF3028.jpg
DSCF3029.jpg
DSCF3030.jpg
DSCF3031.jpg
DSCF3032.jpg
DSCF3033.jpg
8月17日(木)午前中は「第28回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。黄色のハイビスカスが綺麗に咲いていました。

野々村指導員と共にももやま児童館に向かう。

最初に前回(8月14日)の、ももやまこども将棋教室開講日と重なった「ゼスト御池寺子屋イベント・将棋大会」に出場した4名の健闘を称えました。

特に、服部篤志君は3連勝同士の優勝戦で惜しくも負けましたが、いい経験になったことでしょう。ほかの3名も、3勝1敗が2名、2勝2敗が1名と頑張りました。

続いて、「負け将棋に学ぶ」ことと「対局マナーを守り、将棋を楽しみながら継続する」ことを話しました。

大盤講座は「加藤一二三九段現役引退・名勝負」より第19期十段戦七番勝負第3局・先手・加藤一二三九段VS後手・中原誠十段の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は、双方ともに矢倉に王を囲う。中盤では先手の猛攻が開始。

終盤でも先手がきわどい攻め合いを制し、後手玉に必至をかけ投了に追い込んだ。

先手の思いっきりの良い攻めが印象に残り、一枚の駒もあまらず寄せ切った。加藤九段の傑作となった一局でした。

大盤講座終了後、お待ちかねの「対局カードによる駒落ち対戦」の開始です。

野々村先生にはK君に実戦指導。その後、全体の見守りと対局カードの手合いをお願いをして、僕はH君との6枚落ち、Mさんに9枚落ち指導対局を行う。

<昇級記録>    8月14日・・・7名
菱本鱗太郎12級→11級(3連勝)→10級(3連勝)
平井湧真13級→12級(3連勝)
堤田陽羽14級→13級(3連勝)
伴春樹14級→13級(3連勝)
石原史章16級→15級(3連勝)
大野寛人17級→16級(3連勝)
菱本虎次郎18級→17級(3連勝)

<昇級記録>    8月17日・・・10名
西野訓平8級→7級(7勝2敗)
高畑奏楽8級→7級(7勝3敗)
杉浦秀拓10級→9級(4勝1敗)
林一慶10級→9級(3連勝)
川地風詩11級→10級(3連勝)
田中俊太郎12級→11級(3連勝)
瀬木成希13級→12級(3連勝)
佐藤航太14級→13級(3連勝)
大野寛人16級→15級(3連勝)
八木颯太18級→17級(3連勝)