巖ちゃんの日々是将棋

DSCF4714.jpg
DSCF4715.jpg
DSCF4719.jpg
DSCF4724-1.jpg
DSCF4725.jpg
DSCF4726.jpg
DSCF4728.jpg
DSCF4730-1.jpg
DSCF4733.jpg
11月20日(月)15時からは大宅こども将棋教室開講日です。

1部の大盤講座は「駒の動き・裏になった時の動き」の復習。その後、八枚落ち指導対局と自由対局。

2部については、対局カードによる対戦を実施。静かになり集中して対戦していました。
姿勢も正して対局マナーもよくなってきました。

対局終了後も「駒を初形に戻す」ことが定着。今の雰囲気を続けて行きたいです。
スポンサーサイト
DSCF4394.jpg
DSCF4398.jpg
DSCF4400.jpg
DSCF4401.jpg
DSCF4403.jpg
DSCF4408-1.jpg
DSCF4409.jpg
DSCF4412.jpg
11月13日(月)15時からは大宅こども将棋教室開講日です。

1部の大盤講座は「数の攻め」「上手王の寄せ方」を学んでもらう為、八枚落ち定跡の解説です。その後、八枚落ち指導対局で復習と自由対局。

2部については、対局カードによる対戦を実施。集中力がつき対局マナーもよくなってきました。対局終了後は「駒を初形に戻す」ことを徹底する。

DSCF3882.jpg
DSCF3886.jpg
DSCF3887.jpg
DSCF3891-1.jpg
DSCF3892.jpg
DSCF3894-1.jpg
DSCF3897.jpg
DSCF3898.jpg
10月23日(月)15時からは大宅こども将棋教室開講日です。

1部の大盤講座は、レッツ将棋のテキストに沿って前回の復習と駒が裏になった時の動き、禁じ手の解説。

2部については「歩の手筋」について解説。1部2部ともに講座終了後は、指導対局とこども同士の自由対局を行う

次回より、2部については個人別対局カードを作成して、子ども同士の対戦と6枚落ち・8枚落ち指導対局の成績を記録することにより、目標を持って頑張る環境に持っていきたいと思っています。
DSCF3814.jpg
DSCF3813-1.jpg
DSCF3818.jpg
DSCF3815.jpg
10月16日(月)15時からは、平成29年度後期大宅こども将棋教室・初回開講日です。

今日から翌年3月までの15回講座です。

今回より、受講生増加とクラス分け講座を行うため、1部(15時~15時45分)と2部(15時45分~16時30分)に分けて開講。

最初に、講師(小野先生・折立先生・福山先生)の自己紹介です。

続いて、受講に当たっての心構え<基本精神>「将棋は礼に始まり礼に終わる」

<目的>対局マナーを守り、将棋を楽しみながら強くなりましょう。

特に、将棋教室でふざけて騒ぐのはやめましょう。将棋を真面目に取り組んでいる人の邪魔になります。

対局のはじめに「お願いします」終わりには「負けました」「ありがとうございました」をはっきりと言いましょう。

駒がなくならないように対局が終われば、駒を初形に戻しましょう。などを話す。

1部の大盤講座は折立指導員が担当。レッツ将棋のテキストに沿って駒の並べ方、駒の種類・動き・取り方などを解説。

2部については、受講に当たっての心構え<基本精神>「将棋は礼に始まり礼に終わる」など対局マナーを話した後、指導対局とこども同士の自由対局を行う

今日は、大宅小学校が休み(運動会の代休)の関係で、受講者が少なかったですが、集中して講座を聞いたり、対局に集中できたり、2部制にした効果が見られました。この雰囲気を今後も続けていきたいです。
DSCF3443-1.jpg
DSCF3444.jpg
DSCF3447.jpg
DSCF3458.jpg
DSCF3460.jpg
DSCF3462.jpg
DSCF3463.jpg
DSCF3464.jpg
DSCF3465.jpg
9月25日(月)15時30分からは大宅こども将棋教室に出向く。平成29年度前期開講の最終日(15回目)です。

大盤講座は、6枚落ち定跡の指し方を復習。その後、詰将棋を出題し符号で答えてもらいました。

大盤講座終了後、折立先生と共に、指導対局です。

福山先生は、こどもとの対局とこども同士の自由対局を見守ってもらいました。

最終日に当たり、最後まで頑張って受講してくれた子どもたち全員を対象に、ささやかなご褒美を贈呈。

教室終了後、講師3名で懇親会。今後の教室運営についての対応や改善点などを話し合う。

平成29年度後期の開講は、10月16日(月)から翌年3月までの15回講座です。

1部(15時~15時40分)と2部(15時40分~16時40分)に分けて開講する予定です。

真面目に将棋に取り組めるヤル気のある人の申し込みを待っています。