巖ちゃんの日々是将棋

DSCF5972-11.jpg
DSCF5973-11.jpg
2月19日(月)15時からは大宅こども将棋教室開講日。

今日は大盤講座をやらずに、3月3日(土)開催「第6回京都子ども将棋交流大会」に備えて平手戦の練習を行い、ポイントの局面での指し方を解説しました。

序盤を駒損しないで乗り切り、しっかりと王を囲ってから攻めるように指導しました。
スポンサーサイト
DSCF5720-11.jpg
DSCF5721-11.jpg
DSCF5722-11.jpg
DSCF5725-11.jpg
DSCF5726-11.jpg
2月5日(月)15時からは大宅こども将棋教室開講日。インフルエンザの流行による学級閉鎖で休みが多かった。

最初に、再度3月3日(土)開催「第6回京都子ども将棋交流大会」の参加募集を行う。

1部の大盤講座は「駒の取り方」です。その後、折立先生による将棋大会に参加する子ども達に心構えや王の囲いなどの講座。
あとは自由対局と指導対局。

2部については対局カードによる総当たり対戦の最終戦と折立先生による将棋大会に参加する子ども達に心構えや王の囲いなどの講座。あとは自由対局と指導対局。
DSCF5384.jpg
DSCF5385-11.jpg
DSCF5389.jpg
DSCF5390-11.jpg
DSCF5393.jpg
1月22日(月)15時からは大宅こども将棋教室開講日。

折立先生と共に指導対局を行う。

1部の大盤講座は「レッツ将棋の復習」です。その後、自由対局。

2部については対局カードによる総当たり対戦が佳境に入ってきたので、
対局カード管理の福山先生と相談しながら、賞状・賞品の準備に取り掛かる。

最後に、再度将棋大会の案内。
1月15日(月)15時からは今年最初の大宅こども将棋教室開講日。
最初に、3月3日(土)に「しんらん交流館」で開催の「第6回京都子ども将棋交流大会」の参加案内です。
1部の大盤講座は「王手と詰みの違い」と「詰将棋問題」です。いろんな詰みの形を覚えることと、解答は符号で答えられるように指導を続けた。その後、自由対局。
2部についての大盤講座は「王の囲い」です。続いて、対局カードによる総当たり対戦を行う。対局カードの管理は福山先生が担当。最後に、対局マナーについてのアンケートを実施。
DSCF5137.jpg
DSCF5141-1.jpg
DSCF5143-1.jpg
DSCF5146.jpg
DSCF5149.jpg
12月18日(月)15時からは今年最後の大宅こども将棋教室開講日。

折立指導員は日程が重なり「大塚児童館こども将棋教室」での指導です。

最初に、冬休みを真近に控えてインフルエンザにならないように「うがい」「手洗い」に心掛けましょう。

それと、冬休みに自分に合った「将棋書籍」をお年玉で購入して勉強してもらいたいです。

自分のお小遣いで購入すれば、無駄にはしないとの思いが強くなり完読でき、棋力向上に繋がる。

1部の大盤講座は「数の攻め」と「詰将棋問題の復習」です。いろんな詰みの形を覚えることと、解答は符号で答えられるように指導を続けた。

2部については、対局カードによる総当たり対戦を行う。対局カードの管理は福山先生にお任せして、
僕は二面指し6枚落ち指導対局を実施。