FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7254-12.jpg
DSCF7262-12.jpg
DSCF7261-12.jpg
DSCF7263-12.jpg
DSCF7265-12.jpg
DSCF7268-12.jpg
DSCF7270-12.jpg
DSCF7272-12.jpg
DSCF7273-12.jpg
9月9日(月)15時からは大宅こども将棋教室「2019年度前期最終日(15回目)」。

最終日に当たり、対局の後に「お楽しみ抽選会」を企画。全員に賞品を贈呈。

今日の京都市内は気温36度の猛暑です。汗だくでめっちゃ疲れました。

2019年度後期の開講は、10月下旬から翌年3月中旬までの15回講座。

1部(15時~15時45分)と2部(15時45分~16時30分)に分けて開講する予定です。

真面目に将棋に取り組めるヤル気のある人の申し込みを待っています。
スポンサーサイト



69761754_2745122685585887_635723183500034048_n.jpg
70270133_2104950566468234_2574489141949497344_n.jpg
DSCF7183-12.jpg
DSCF7184-12.jpg
DSCF7185-12.jpg
DSCF7186-12.jpg
DSCF7187-12.jpg
DSCF7188-12.jpg
DSCF7189-12.jpg
DSCF7190-12.jpg
DSCF7191-12.jpg
DSCF7192-12.jpg
9月2日(月)午後は、大宅こども将棋教室へ出向く。

大盤講座では、

1部は竜と馬を使った「1手詰め問題」の出題し符号で答えるように指導。

2部も竜と馬を使った詰将棋問題の出題・解説。

講座終了後は、自由対局と8枚落ち指導対局です。

最後に、前期将棋教室は9月9日(月)が最終回です。

後期も日程調整中ですが、10月後半から将棋教室を開講します。

まじめに将棋に取り組めるヤル気のある人は、引き続き申込をしてください。
DSCF7035-12.jpg
DSCF7036-12.jpg
DSCF7037-12.jpg
DSCF7038-12.jpg
DSCF7039-12.jpg
DSCF7042-12.jpg
8月26日(月)午後は、大宅こども将棋教室へ出向く。

今日から大宅小学校が始業式、授業開始です。

夏休み明けの影響か12時30分に下校の影響か、将棋教室の受講者は少なめでした。

大盤講座では、

1部は新たな「1手詰め問題」の出題・解説。

2部は「寄せの手筋・・・挟撃の寄せ」問題の出題・解説。

講座終了後は、自由対局と3面指し6枚落ち指導対局です。

DSCF6966-12.jpg
DSCF6965-12.jpg
DSCF6967-12.jpg
DSCF6968-12.jpg
DSCF6969-12.jpg
DSCF6972-12.jpg
DSCF6963-12.jpg
8月19日(月)は、集中豪雨真っ最中の15時前に大宅こども将棋教室へ出向く。

大宅児童館に到着後、一息入れてから開講。

大雨の影響か受講者は少なかったです。

最初は大盤講座。

1部は「詰み」とは?の復習。前回宿題にした1手詰め問題の解説。

2部は「寄せの手筋・・・上から押さえる寄せ」問題の復習と解説。

講座終了後は、自由対局と指導対局です。

最後に、指導対局で感じたこと
(上手に対して駒損をしないように心掛ける。
攻めの基本・・・数の攻めで上手陣を突破。
上手王を下段に落とす。包むように寄せる。)などを話した。

DSCF6676-12.jpg
DSCF6677-12.jpg
DSCF6678-12.jpg
DSCF6680-12.jpg
DSCF6681-12.jpg
8月5日(月)は、猛暑の真っ最中の15時前に大宅こども将棋教室へ出向く。

大宅児童館に10分前に到着。一息入れてから1部の開講。

大盤講座は、「詰み」とは、どういうことなのかを分かってもらうために、前回約束した1手詰め問題のプリントを用意。

最初の1問を解説。

あと5問を自分で考えるよう指導し、答えは符号で記入。

2部は「寄せの手筋・・・上から押さえる寄せ」問題のプリントを用意。

最初の3問を解説。

あと3問を宿題とし、次回開講日にプリントを持ってくるように話す。

少しは効果があると期待しています。

それと、9/15(日)に仁和寺で開催の「こども竜王戦京都」将棋大会のカラー案内チラシを配布し参加を募る。