巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7800-11.jpg
DSCF7803-11.jpg
DSCF7805-11.jpg
DSCF7806-11.jpg
DSCF7808-11.jpg
DSCF7809-11.jpg
DSCF7811-11.jpg
5月21日(月)は木村晴悠君の奨励免状が届いたので、13時に坂井校長先生にアポを取り勧修小学校に出向きました。

校長先生に初段免状を見ていただきながら、日本の伝統文化である将棋の「よさ」をお話しました。

その後、文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会の案内と将棋部活動の打診をしました。

ほどなく晴悠君が担任の先生と共に校長室にやって来たので、初段免状を手渡しました。

これを励みに精進を重ねてもらいたいです。

15時からは大宅こども将棋教室の開講日でしたが、前日の日曜日が大宅小学校の参観日のため、今日は学校が代休日。

その影響を受け、2/3がお休み。受講者は15名で、いつもより「のんびり」としていました。

1部(15時~15時45分)の講師は福山先生が担当。駒が裏になった動きについてのお話です。

2部(15時45分~16時30分)は折立先生と共に、3手詰め詰将棋問題を符号で答えるように指導。

大盤講座終了後は指導対局とこども同士の自由対局を行う。
スポンサーサイト
DSCF7670-11.jpg
DSCF7674-11.jpg
DSCF7675-11.jpg
DSCF7676-11.jpg
DSCF7678-11.jpg
5月14日(月)15時からは大宅こども将棋教室の開講日です。

1部(15時~15時45分)の講師は福山先生が担当。前回の復習(駒の種類・動き・並べ方)と駒が裏になった動きについてのお話です。

2部(15時45分~16時30分)は折立先生と共に、詰将棋問題と6枚落ち定跡の指導を行う。

大盤講座終了後は指導対局とこども同士の自由対局を行う。

今日は教室内が暑かったので途中からクーラーを入れて頂いたところ、水漏れがあったことから、子ども達の集中力が途切れてしまい、残念な結果でした。

次回には対局マナーを再度徹底する必要があると痛感させられました。
DSCF7397-11.jpg
DSCF7398-11.jpg
DSCF7399-11.jpg
5月7日(月)15時からは、平成30年度前期大宅こども将棋教室・初回開講日です。

今日から9月までの15回講座です。大雨の中、40名が受講。

今回も受講生増加とクラス分け講座を行うため、1部(15時~15時45分)と2部(15時45分~16時30分)に分けて開講。

最初に、講師(小野先生・折立先生・福山先生)の自己紹介です。

1部は福山先生に講師としてデビューしていただきました。受講に当たっての心構え「将棋は礼に始まり礼に終わる」

対局のはじめに「お願いします」終わりには「負けました」「ありがとうございました」をはっきりと言うように練習です。

次に、「レッツ将棋」と大盤を使って、駒の種類・動き、並べ方などの説明。

2部については小野が担当。受講に当たっての心構えや対局マナーを話した後、大盤による詰将棋問題の出題。

大盤講座終了後は指導対局とこども同士の自由対局を行う。

DSCF6169-11.jpg
DSCF6138-11.jpg
DSCF6166-11.jpg
DSCF6167-11.jpg
DSCF6139-11.jpg
DSCF6141-11.jpg
DSCF6142-11.jpg
DSCF6143-11.jpg
DSCF6144-11.jpg
DSCF6145-11.jpg
DSCF6151-11.jpg
DSCF6164-11.jpg
3月5日(月)15時30分からは大宅こども将棋教室に出向く。平成29年度後期開講の最終日(15回目)です。

最初に、先日開催の「第6回京都子ども将棋交流大会」に参加した子ども達の成績発表と感想を聞きました。
その後は、指導対局とこども同士の自由対局をです。

最終日に当たり、最後までリーグ戦を頑張って受講してくれた子どもたち全員を対象に、最多勝利賞、全勝賞、優秀賞、よくがんばったで賞、がんばったで賞、努力賞などの賞状に加えて、将棋書籍やささやかなご褒美を贈呈。

教室終了後、講師3名で懇親会。今後の教室運営についての対応や改善点などを話し合う。

平成30年度前期の開講は、5月から9月までの15回講座を予定しています。

1部(15時~15時40分)と2部(15時40分~16時40分)に分けて開講する予定です。

真面目に将棋に取り組めるヤル気のある人の申し込みを待っています。
DSCF6035-11.jpg
DSCF6037-11.jpg
DSCF6039-11.jpg
DSCF6040-11.jpg
DSCF6041-11.jpg
2月26日(月)15時からは大宅こども将棋教室開講日。

今回も大盤講座をやらずに、3月3日(土)開催「第6回京都子ども将棋交流大会」に備えて平手戦の練習と指導対局です。

ポイントの局面での指し方を解説しました。

盤面に集中して序盤を駒損しないで乗り切り、しっかりと王を囲ってから攻めるように指導しました。

3月5日(月)が平成29年度後期大宅こども将棋教室の最終日になります。

最多勝利賞、全勝賞、よくがんばったで賞などの賞品を用意しているところです。

3/3の将棋大会で優秀者は特別賞を考えています。お楽しみに。