巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1252-1.jpg
DSCF1253-1.jpg
7月1日(土)10時~13時「おおやけこども園」で開催の「第6回大宅三世代交流将棋教室」の申込み締切日が迫ってきました。

日本将棋連盟棋士・井上慶太九段、船江恒平六段、藤井奈々女流3級によるトークショー、大盤講座、指導対局があります。またとない企画です。たくさんのお申し込みをお待ちしております。

申込締め切り日・・・6月26日(月)

申し込みは下記内容を記入の上、大宅児童館℡075-591-3063 又は、iwao-ono@syd.odn.ne.jp  小野(090-1815-6018)まで申込みください。

参加児童氏名(ふりがな)
学校名、学年
住所・電話番号
参加保護者氏名(続柄)
児童のみの参加の場合は○を書いてください。
スポンサーサイト
DSCF1699.jpg
DSCF1701-1.jpg
DSCF1702.jpg
6月19日(月)は、大宅こども将棋教室6回目の開講日です。

前回に続いて、1年生を15時15分~15時45分までとし、集中して将棋が指せる状態までレベルアップを図ることに努めています。

1年生の集中講座は今日が最終日です。7月より対局カードによる対戦に組み入れていきたいと思っています。

大盤講座のテーマは、将棋を指せる1年生に「詰みと王手」の問題です。正解が分かれば、符号で答える訓練も行いました。その後、自由対局を見守る。

折立指導員には、別途初心者の1年生に「駒の動き・裏になった時の駒の動き」の復習をお願いしました。

2年生~6年生は15時45分~16時40分です。

大盤講座は、3手詰め詰将棋の中より、「手筋」を学ぶことを指導する。対局カードによる対戦では、集中力を持続し最後まであきらめずに頑張るように指導する。並行して、4面指しで6枚落ち指導対局。
DSCF1555.jpg
DSCF1556.jpg
DSCF1566.jpg
DSCF1567.jpg
DSCF1570.jpg
6月12日(月)は、大宅こども将棋教室5回目の開講日です。

前回に続いて、1年生を15時15分~15時45分までとし、集中して将棋が指せる状態までレベルアップを図ることに努めています。

今日は、折立指導員による大盤講座です。

大盤講座は、前回に続いて、駒の動き・裏になった時の駒の動きを理解することです。並行して駒の動きが分かっている1年生は、自由対局をさせて見守っていました。

2年生~6年生は15時45分~16時40分です。

最初に、昨日開催の文部科学大臣杯第13回小・中学校将棋団体戦京都府大会に出場した3名に感想を話してもらいました。

大会に出場した経験を活かして来年に向けて、頑張ってもらいたいです。その後は、集中力を持続し対局をするように指導する。

DSCF1430.jpg
DSCF1436.jpg
DSCF1437.jpg
DSCF1438.jpg
DSCF1441.jpg
DSCF1439.jpg
6月5日(月)は、大宅こども将棋教室4回目の開講日です。

前回に続いて、1年生を15時15分~15時45分までとし、集中して将棋が指せる状態までレベルアップを図ることにしました。

2年生~6年生は15時45分~16時40分です。

大盤講座は、駒の動き・裏になった時の駒の動きを理解することです。大盤で解説した後は、3人の講師が分担して、4人グループで、駒を動かしながら繰り返し指導。

続いて、2~6年生の大盤講座は、3手詰め詰将棋の出題。3手を読み切れば符号で答える訓練です。その後自由対局、指導対局を行う。

DSCF1340-1.jpg
DSCF1344.jpg
DSCF1345.jpg
DSCF1351.jpg
DSCF1354.jpg
5月22日(月)は大宅こども将棋教室3回目の開講日です。

昨日は大宅小学校の日曜参観があり今日は代休日。その影響で受講者は、21名と少なかったです。

今回から6月20日まで1ヶ月の期間は、1年生を15時15分~15時45分までとし、集中して将棋が指せる状態までレベルアップを図ることにしました。

2年生~6年生は15時45分~16時40分です。

大盤講座は、6枚落ち定跡の序盤解説の中で、数の攻めを理解することです。

そのあとは、対局カードによる対戦と自由対局、指導対局を行う。

集中力を高めるための2部制の初回日は、普段より静かで効果がありそうです。