巖ちゃんの日々是将棋

DSCF4736.jpg
DSCF4737.jpg
DSCF4739.jpg
DSCF4741.jpg
11月21日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。みなさん熱心で、大勢の方々に参加頂きました。

最初に将棋界の話題。

11月19日に幕張メッセで開催された「将棋日本シリーズJTプロ公式戦・東京大会」先手・山崎隆之八段VS後手・豊島将之JT杯覇者)の決勝戦の感想を話す。

結果は、山崎八段が初優勝!!
あきらめない気持ちを持続したことが奏功。終盤での「9三桂成」が勉強になりました。

山崎八段おめでとうございます。

大盤講座は阪田指導員と共に飛車落ち戦・上手・鵜頭さんVS下手・高田さんの棋譜を並べて解説。

序盤は下手が飛車と銀での攻めに対し、上手は自然な駒組で対峙。中盤では駒の効率面で上手が優り、終盤に入ったところで棋譜が繋がらず打ち切る。結果は上手の勝ち。

その後、将棋日本シリーズ決勝戦の終盤(145手目)から棋譜を並べて鑑賞。「9三桂成」のすごい手に感心していました。

大盤講座のあと阪田進指導員は前回卒業生の実戦指導を担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当。
7名(うち女性4名)の方が受講。
「簡単な1手詰め・3手詰め」の復習と「禁じ手のルール」「対局マナー」を解説。
スポンサーサイト
DSCF4415.jpg
DSCF4417-1.jpg
DSCF4419.jpg
DSCF4422.jpg
DSCF4423-1.jpg
11月14日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。みなさん熱心で足元の悪い中、大勢の方々に参加頂きました。

最初に将棋界の話題。

11月10日にウエスティンホテル大阪で開催された「女流王座戦五番勝負第2局(里見香奈女流五冠VS加藤桃子女王)前夜祭の様子を話しました。

次に、対局時のマナーについての話です。
棋力向上を図る上で対局終了後は、感想戦をされることをお勧めします。
それと「終局後は駒を初形に戻し、駒の紛失防止と次の対局がスムーズに開始出来る配慮」をお願いしました。

大盤講座は阪田指導員と共に、先手・野間さんVS後手・竹田さんの棋譜を並べて解説。

序盤から中盤にかけては、後手が圧倒的に優勢も終盤の入り口で、後手が駒損を顧みず決めに行った手が裏目となり逆転。
先手優勢になっつたのもつかの間、先手が寄せを逃し再逆転。結果は後手の勝利。おもしろい将棋でした。

大盤講座のあと阪田進指導員は前回卒業生の実戦指導を担当。

僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当。
7名(うち女性5名)の方が受講。

今回も看護実習生3名の見学があり「レッツ将棋」のテキストを配布。
「詰みについて」「簡単な1手詰め・3手詰め」を詳細に解説。符号で答えるように指導する。
DSCF4286.jpg
DSCF4288.jpg
DSCF4289.jpg
DSCF4292-1.jpg
11月7日(火)午前中は、二週間ぶりに山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。

近くの山科別院は、すっかり秋景色でした。

最初に将棋界の話題。

渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦する第30期竜王戦七番勝負第3局が11月4・5日(土・日)に群馬県前橋市<臨江閣>で行われ渡辺竜王が勝利し1勝2敗に持ち込んだ。

第4局の大一番は、11月23・24日(木・金)に新潟県三条市で開催。

それと、本日は倉敷藤花戦三番勝負・第1局・里見香奈倉敷藤花VS伊藤沙恵女流二段が開催。

11月11日には女流王座戦五番勝負第2局(里見香奈女流五冠VS加藤桃子女王)が大阪市・芝苑で開催されます。

大盤講座は阪田指導員と共に、上手・鵜頭さんVS下手・廣田さんの角落ち戦の棋譜を並べて解説。

序盤から中盤にかけては、下手が矢倉模様から馬を作りうまく指したのですが、終盤で上手が逆転。参考になる手筋が含まれていて見ごたえのある一局でした。

大盤講座のあと阪田指導員は前回卒業生の実戦指導を担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当。
8名(うち女性5名)の方が受講。
今日は看護実習生の見学がありました。
「王手について」「合い駒をして王手を遮る」を詳細に解説。符号で答えるように指導する。
DSCF3903.jpg
DSCF3901-1.jpg
DSCF3900.jpg
10月24日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日。

9名(うち女性6名)の方が受講。

最初に将棋界の話題。第7期加古川青流戦三番勝負において京都市出身・西田拓也四段が2勝1敗で逆転優勝!!

渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦する第30期竜王戦七番勝負第1局が10月20、21日(金、土)に東京都「セルリアンタワー能楽堂」で行われ羽生棋聖が勝利。

第2局は10月28、29日(土、日)に岩手県大船渡市「大船渡市民文化会館」で開催。

大盤講座は阪田指導員と共に、先手・竹田さんVS後手・奥戸さんの棋譜を並べて解説。

序盤は先手が四間飛車から美濃囲いに対し、後手は居飛車左美濃で対峙。双方とも慎重な駒組で中盤戦は互角の流れ、終盤に入ったところで、棋譜の再現が出来ず途中で終了。結果は、先手の竹田さんが勝利したとのことでした。

続いて、三間飛車の捌きの手筋の解説と、詰将棋問題は5手詰め問題を出題。
その後、棋譜取りについてのご協力を再度お願いしました。
大盤で解説を続けるためには、順番に棋譜を取って頂くことが必要です。
局後は対局者も協力して棋譜を読み上げて間違いがないかを再現して頂きたいです。

大盤講座のあとは、阪田指導員には前回卒業生の実戦指導を担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当です。
「持ち駒を打つ」「駒を成る・成りについて」を詳細に解説。符号で答えるように指導する。
DSCF3819.jpg
DSCF3821-1.jpg
DSCF3822-1.jpg
DSCF3824.jpg
10月17日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日。

7名(うち女性5名)の方が受講。

最初に、第65期王座戦五番勝負(羽生善治王座VS挑戦者・中村太一六段)第4局の大一番において中村太一六段が勝利。

通算3勝1敗でタイトル奪取。同時に七段昇段の話題。

次に、第30期竜王戦第1局(渡辺明竜王VS羽生善治挑戦者)が10月20日(金)~21日(土)に東京・渋谷の「セルリアンタワー能楽堂」において開催。注目の一番です。

大盤講座は阪田指導員と共に、上手・廣田さんVS下手・竹田さんの角落ちの棋譜を並べて解説。

序盤は双方とも慎重な駒組で対峙。中盤に指しかかったところで、上手に致命的なミス。

終盤では下手が駒得し上手王を包むように寄せ切った。

続いて、詰将棋問題は5手詰め問題を出題。

大盤講座のあと、阪田指導員は前回卒業生の実戦指導を担当。

僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当です。

「駒損と駒得」を詳細に解説。符号で答えるように指導する。