FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSC_0833-13.jpg
DSC_0834-13.jpg
DSC_0835-13.jpg
DSC_0836-13.jpg
DSC_0837-13.jpg
DSC_0829-13.jpg
DSC_0830-13.jpg
DSC_0832-13.jpg
7月2日(木)午前中は、山科中央老人福祉センターへ出向く。

2月25日(火)の「将棋講座&将棋教室」開講を最後に4ヶ月が経過し、再開に向けての打合せです。

京都市老人福祉センター将棋講座再開に当たって、新型コロナウイルス感染拡大防止のための利用条件・活用条件の確認と受講者の方々への周知徹底を図り、8月より条件付きで開講の運びとなりました。

具体的には、マスクを必ず着用、上履き・ハンカチやタオルの持参、来所前に検温、手洗い・手指の消毒、人数制限、換気、時間短縮、備品の消毒などの遵守をして活動を実施。

打合せ後、新型コロナウイルス感染拡大が早く収束することを願い「本願寺山科別院」へ参拝。

スポンサーサイト



DSCF9930-12.jpg
DSCF9932-12.jpg
DSCF9933-12.jpg
DSCF8968-12_20200529200457ebe.jpg
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、京都市老人福祉センター(16カ所)は3月より一時閉所となっていましたが、本日やっと6月の予定表が公開され、6月1日より条件付き開所となりました。

2月25日(火)の将棋講座&将棋教室開講から3ヶ月が経過し、6月から久しぶりに再開できると思っていたのですが、感染リスクを回避するため、3密(密閉・密集・密接)及び飛沫感染を防ぐことが難しい事業は、当面実施を見送りとのことです。

6月予定表を見ますと、121事業のうち、実施できる事業は36のみで、実施できない事業は、将棋・囲碁・卓球・カラオケ・民謡・健康マージャン・新舞踊など85事業が該当し70%を占めており、本当に残念です。

早く以前のように将棋講座&将棋教室の活気を取り戻したいものです。

DSCF9473-12.jpg
DSCF9472-12.jpg
DSCF9480-12.jpg
DSCF9479-12.jpg
2月25日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座&初めての将棋教室」。

今日は新型コロナウイルスの影響で外出を控えておられる方が多くあり、参加者がいつもの半数ぐらいと少なかったです。

大盤講座は、第69期王将戦七番勝負第3局・先手・渡辺明王将VS後手・広瀬章人八段の棋譜を鑑賞。

戦型は角換わりの早繰り銀。

随所に「将棋の格言」が出てくる局面があり、その都度、格言の意味を解説。

この将棋の中で15の将棋格言が当てはまりました。

見ごたえのある将棋で大変に勉強になりました。

結果は、逆転模様で渡辺王将が勝利。

続いて、7手詰め詰将棋を出題。

大盤を終了後、初めての将棋教室(6ヶ月講座)。

女性4名が休むことなく受講されているのは、素晴らしいことです。

講座は「千日手・持将棋」「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」の解説。
DSCF8966-12.jpg
DSCF8968-12.jpg
DSCF8969-12.jpg
DSCF8972-12.jpg
DSCF8976-12.jpg
DSCF8977-12.jpg
DSCF8978-12.jpg
1月28日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座&初めての将棋教室」。

大盤講座は、第78期順位戦B級1組11回戦・先手・斎藤慎太郎七段VS後手・菅井竜也七段の棋譜を鑑賞。

お二人は今期好調でA級への昇級がかかっていて、奨励会の時からの好敵手です。

後手が三間飛車から穴熊囲いに対し、先手も居飛車から穴熊囲い。

双方ともに腰を落とした負けられない気持ちが表れている序盤戦です。

中盤で後手が「6七飛車」切りから、後手の攻めが続くか、切れるかの展開。

先手が駒得で指しやすい局面も、終盤で後手が決め手を与えない粘りと、「と金」攻めが奏功。

先手を投了に追い込んだ一局。

大一番を制した菅井七段は(10勝1敗)A級昇級と八段昇段が確定。

敗れた斎藤七段は、7勝3敗で残り2局を頑張ってA級昇級と八段昇段を目指してもらいたいです。

続いて、5手詰め詰将棋を3問出題。

大盤を終了後「初めての将棋教室(6ヶ月講座)」。

女性4名が休むことなく受講。

将棋が楽しくなってきたとのことをお聴きし、講師としてやりがいを感じ、うれしいことです。

講座は「手番、持ち駒、駒得の効果」「王手と詰み・しばりとは」の解説。
DSCF8739-12.jpg
DSCF8741-12.jpg
DSCF8744-12.jpg
DSCF8745-12.jpg
DSCF8747-12.jpg
1月14日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座&初めての将棋教室」。

本年より「将棋講座及び初めての将棋教室」の運営を、阪田、小野が分担して1人体制で対応することにしました。

阪田指導員・・・第1・3週の火曜日・・・教室卒業生の棋譜解説、初めての将棋教室の駒落ち実戦指導。

小野指導員・・・第2・4週の火曜日・・・プロ棋士の棋譜解説、初めての将棋教室の大盤講座。

最初に年初に当たり新年の挨拶。

大盤講座は第33期竜王戦1組ランキング戦(先手・屋敷伸之九段VS後手・久保利明九段)の棋譜を鑑賞。

序盤は後手が角交換四間飛車から美濃囲い対し、先手は居飛車から左美濃に玉を囲う。

先手の「6五歩」に後手が「3五歩」と仕掛け、一気に勝負所の展開となり、振り飛車特有の捌きから大駒の交換。

終盤に入り、後手は先手の攻めをうまく受け止め投了に追い込んだ一局。

捌きのアーチスト久保九段の会心譜で、振り飛車党には大変勉強になりました。

続いて、簡単なようで難しい4択詰将棋問題を出題。持ち駒の正解は「香、歩4枚」です。

大盤を終了後「初めての将棋教室(6ヶ月講座)」。

女性4名が受講。

講座は「成・不成の復習」「遊び駒とは」の解説。