巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3392.jpg
DSCF3398-1.jpg
DSCF3400.jpg
9月19日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座です。

最初に、第65期王座戦五番勝負第2局(羽生善治王座vs中村太地六段・挑戦者)が、本日「ウェスティンホテル大阪」で開催される話題です。

大盤講座は阪田指導員と共に、先手・廣田さんVS後手・田中重雄さんの棋譜を並べて解説。

一局の将棋には必ずチャンスが巡ってくることが実証された内容でした。

その後、5手詰め詰将棋を2問出題。

講座終了後、初めての将棋教室は「八枚落ち定跡」を解説。その後、2面指しで八枚落ち指導対局を行う。

数の攻めと上手王の捕まえ方(王は下段に落とせ・王は包むように寄せよ)を学んでもらいたいです。

阪田指導員は卒業生の実戦指導です。
スポンサーサイト
DSCF3282.jpg
DSCF3286.jpg
DSCF3287.jpg
9月12日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座です。

今日は大雨警報にもかかわらず、いつも通りの参加人数でした。みなさん熱心に将棋に取り組まれています。

大盤講座は阪田指導員と共に、菅井新王位が誕生した一局、王位戦七番勝負第5局(先手・羽生善治王位VS後手・菅井竜也七段)の棋譜を並べてみんなで鑑賞。

その後、5手詰め詰将棋を2問出題。

講座終了後、前回お休みの鵜頭鑑さん「第1回初めての将棋教室OB・OG将棋大会・優勝」の表彰式を行う。

初めての将棋教室は「必至問題」を解説。阪田指導員は卒業生の実戦指導です。
DSCF3248.jpg
DSCF3252.jpg
DSCF3249.jpg
DSCF3245.jpg
DSCF3254.jpg
DSCF3255.jpg
9月5日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座。

大盤講座は阪田指導員と共に、第1回初めての将棋教室OB・OG将棋大会の優勝戦(飛車落ち)、上手・鵜頭さんVS下手・佐藤さんの棋譜を並べて解説。

序盤は、下手が中飛車から美濃囲いに玉を囲ったのに対し、上手は「3五歩」から「3四銀」と指した手が中央を薄くした疑問手。

下手が「5四歩」から飛車、角を捌く絶好のチャンスが巡ってきた。ところが、おとなしく「5九飛」と引いたため、駒組みが続く。

中盤に入ると上手が力を発揮。終盤では下手玉のコビンをうまく攻め切り勝利。下手に取っては残念な一局でした。

講座終了後、「第1回初めての将棋教室OB・OG将棋大会」の表彰式。

優勝・・・鵜頭鑑さん、準優勝・・・佐藤孝司さん、三位・・・竹田勉さん

初めての将棋教室は「受け駒による詰みと逃れ」を解説。阪田指導員は卒業生の実戦指導です。
DSCF3069.jpg
DSCF3070-1.jpg
8月22日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座。受講生30名のうち7名が女性です。

大盤講座は阪田指導員と共に、先手・馬場さんVS後手・田中重雄さんの棋譜を並べて解説。

序盤は、先手が四間飛車から美濃囲いに玉を囲ったのに対し、後手は居飛車中住まい王で対峙。

中盤は後手の押さえ込みを、先手が上手く捌き優勢の局面。

終盤では先手が「「と金」を作り、ほぼ必勝の局面。

後手がやむなく飛車を捌くために8筋の歩を突いたのを、飛車先を止めるため「8二歩」と打ったのが痛恨の「二歩」の反則。あっけない幕切れでした。先手が会心譜だったので残念な一局でした。

講座終了後は、前回に続いて「第1回初めての将棋教室OB・OG将棋大会」開催。優勝は鵜頭さんに決定。

初めての将棋教室は「攻め合い」「合い駒による詰みと逃れ」を解説。阪田指導員は卒業生の実戦指導です。
8月15日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座です。
大盤講座は阪田指導員と共に、NHK将棋トーナメント戦・先手・深浦康市九段VS後手・増田康宏四段の対戦を鑑賞。
序盤は先手が矢倉囲いに玉を囲ったのに対し、後手は雁木囲いで対峙。
中盤では後手が先手の弱点を突き優勢を持続し、終盤突入。後手の的確な寄せが奏功、先手を投了に追い込んだ一局。
講座終了後は、前回に続いて「第1回初めての将棋教室OB・OG将棋大会」開催です。
初めての将棋教室は「囲いの崩し方・高美濃と銀冠の崩し方」「素抜き」「速い手・遅い手」を解説。阪田指導員は、将棋大会での注目局の棋譜取りです。