FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6362-12.jpg
DSCF6355-12.jpg
DSCF6356-12.jpg
DSCF6357-12.jpg
DSCF6358-12.jpg
7月9日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「 将棋講座&初めての将棋教室」。

最初に、本日開催の棋聖戦五番勝負第4局(先手・豊島将之棋聖VS後手・渡辺明二冠)の大一番の話題。

続いて、竜王戦決勝トーナメント戦です。7/5に行われた(先手・久保利明九段VS後手・藤井聡太七段)及び
昨日開催(先手・佐藤天彦九段VS後手・木村一基九段)の大熱戦の様子を話す。

大盤講座は、阪田指導員と共に女流王座戦決勝トーナメント戦、先手・水町みゆ女流1級VS後手・藤井奈々女流1級の棋譜を並べて解説。

序盤は先手の居飛車急戦に対し、後手はゴキゲン中飛車で対峙。

中盤に入り先手が桂得し優勢も、後手の勝負手が奏功し形勢は混沌。

終盤では先手の緩手を咎めた後手は「勝ち将棋鬼の如し」の指し回しで勝利。

藤井奈々女流1級がベスト8に駒を進めた。

次は、ベスト4進出(女流初段昇級)をかけて、西山朋佳女王(姉弟子)との大一番です。

続いて、5手詰め詰将棋問題を2問出題。符号で答えてもらいました。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の駒落ち実戦指導。

僕は「初めての将棋教室」6ヶ月講座です。

今回は「駒の取り方」「両取り」を解説。

「どの駒から取るのが一番得か」「自分の駒がよく働くように駒を取る」などを考えて、例題に取り組んでもらいました。
スポンサーサイト
DSCF6294-12.jpg
DSCF6059-12_20190702165419ece.jpg
DSCF6060-12_201907021654212a9.jpg
DSCF6061-12_201907021654222be.jpg
7月2日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「 将棋講座&初めての将棋教室」。

最初に、29日に行われた朝日プロ・アマ一斉対局(プロ5勝、アマ5勝)の話題。

続いて、第8回大宅三世代交流将棋教室の様子。

それと、昨日の女流王座戦決勝トーナメント戦で藤井奈々女流1級が水町みゆ女流1級に勝利しベスト8に駒を進めた。

次は、ベスト4進出(女流初段昇級)をかけて、西山朋佳女王(姉弟子)との大一番です。

7月3日~4日は王位戦七番勝負第1局(豊島将之王位VS木村一基九段)。

7月5日は竜王戦決勝トーナメント戦(久保利明九段VS藤井聡太七段)。と目が離せない対局が続く。

大盤講座は、阪田指導員と共に先手・小山さんVS後手・田中さんの棋譜を並べて解説。

序盤は先手が四間飛車、後手が右四間で対峙。

中盤では後手が歩切れになる「6五歩」の無理攻めを仕掛けるも、先手が咎めなかったので、後手が馬を作りペースを握った。

終盤に入り、先手が劣勢も後手に緩手が出て先手に勝負手のチャンスが巡ってきたが、チャンスを活かしきれず、後手の駒得が奏功し先手玉を寄せ切った一局。

将棋は、相手の指した「疑問手」を咎めなければ、「好手」に変わってしまうことが学べた将棋でした。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の駒落ち実戦指導。

僕は「初めての将棋教室」6ヶ月講座です。

今回は「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」及び「駒の働きによる価値を知る・駒得と駒損の復習」を解説。
DSCF6146-12.jpg
DSCF6148-12.jpg
DSCF6149-12.jpg
DSCF6150-12.jpg
DSCF6151-12.jpg
6月25日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「 将棋講座&初めての将棋教室」。

最初にタイトル戦にまつわる話題。

本日開催の王座戦挑決トーナメント戦は、先手・豊島名人VS後手・渡辺二冠です。

なお、勝者は羽生九段と決勝進出をかけて戦う。

29日には棋聖戦五番勝負第3局(豊島棋聖VS後手・渡辺二冠)の大一番を控えています。

6月に入って3連勝の藤井聡太七段は、28日に近藤誠也六段と竜王戦決勝トーナメント戦の大一番を戦う。

大盤講座は、阪田指導員と共に先手・竹田さんVS後手・佐藤さんの棋譜を並べて解説。

序盤は先手が四間飛車、後手が中飛車の相振り飛車で対峙。共に美濃に王を囲う。

中盤で後手が攻めるも駒損が影響し切れ模様。

その後、先手に緩手が出て後手にチャンスが巡ってきたが、チャンスを活かしきれず、終盤では先手が鮮やかに寄せ切った一局。

一局の将棋の中には、劣勢でも相手に決め手を与えない指し方で辛抱していると、チャンスが巡ってくることが分かり、勉強になったと思います。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の駒落ち実戦指導。

僕は「初めての将棋教室」6ヶ月講座です。
今回は「数の攻め」の例題を解説。
その後、8枚落ち定跡の端攻め(数の攻め)と、「成香」の活用や「と金」を作り、上手の「金」と交換する指し方を解説。
DSCF6057-12.jpg
DSCF6058-12.jpg
DSCF6059-12.jpg
DSCF6060-12.jpg
DSCF6061-12.jpg
6月18日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「 将棋講座&初めての将棋教室」。

最初に将棋界の話題。

本日、C級1組順位戦がスタート。

注目は、先手・村田顕弘六段VS後手・藤井聡太七段の対局。

明日は棋聖戦第2局五番勝負(豊島将之棋聖VS渡辺明二冠)です。愛知県名古屋市「亀岳林 万松寺」で開催。

大盤講座は、阪田指導員と共に僕の思い出の棋譜(45年前の飛車落ち戦)、上手・K七段VS下手・小野巖三段の棋譜を並べて解説。

序盤は下手が金無双に玉を囲い、右四間飛車定跡で攻めの体制を作るも、下手の「7七角」を咎められる展開。

中盤では上手が「7六歩」を拠点に執拗な攻めを繰り出す。

下手が丁寧に受け手番を握った時に待望の反撃。

終盤では、下手が上部を厚くしながら上手王に「詰めろ」をかけ投了に追い込んだ一局。

上手の猛攻を正確に受け切った将棋で、良く辛抱が出来たと思いました。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の駒落ち実戦指導。

僕は「初めての将棋教室」6ヶ月講座です。

今回は3手詰め詰将棋問題の復習、棋譜の見方、初手の数・目的を解説。
DSCF4327-11.jpg
DSCF4328-11.jpg
DSCF4329-11.jpg
DSCF4330-11.jpg
6月11日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」。

最初に、6月7日に行われた日本将棋連盟第70回通常総会で決定された報告です。新役員選任後、新理事会が開催され、会長には佐藤康光九段が再任、また専務理事には脇謙二八段、常務理事として西尾明七段が新任されたことと順位戦制度が変更されたことを話す。

続いて、センター職員より「健康長寿のまち・京都いきいきポイント」の取組についての話。

大盤講座は、阪田指導員と共に先手・織田さん(女性)VS後手・辻村さんの棋譜を並べて解説。

序盤は先手が居飛車穴熊に一目散、後手は居玉から居飛車棒銀で攻める展開。

中盤では後手の攻めが奏功し優勢も、後手に緩手が出て形勢は混沌。

終盤は二転三転するも、最後は後手が先手玉に詰めろをかけて勝利。

お二人とも将棋をはじめて1年半の同期で、いろいろと緩手や疑問手があったが、110手の素晴らしい熱戦譜でした。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の駒落ち実戦指導と棋譜記録確認。

僕は「初めての将棋教室」6ヶ月講座です。
今回は3手詰め詰将棋問題を解説し、符号で答えるように指導。
受講生の方には、詰将棋が解けた時の達成感や将棋の楽しさを実感してもらいたいです。