FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1666-11.jpg
DSCF1668-11.jpg
1月22日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座&初めての将棋教室」。

最初に22日(日)東海ツアーズを利用して東京へ行ったことを話す。

「早起きは三文の徳」の諺がピッタリのツアーですので、お勧めです。

6時30分京都発の「のぞみ」に乗り9時前に東京に着いてから、東京都庁展望室と国会議事堂を見学し、14時の将棋連盟全国会議・懇親会に出席、20時過ぎの新幹線で京都へ22時30分に着き、帰宅。

今日の大盤講座は、NHK「新春お好み将棋対局」準決勝戦、先手・山根ことみ女流初段VS後手・藤井奈々女流1級の棋譜を阪田指導員と共に鑑賞。
先手向飛車に対し、後手は三間飛車の相振り飛車で対峙。
中盤では、先手は矢倉囲いから位を取り押さえ込みの方針。
後手は低い構えの金無双から捌く方針。後手が先手の「銀」の退路を断つ手が奏功。終盤では、後手が駒得を活かして寄せ切り勝利。10分切れ負けルールでの将棋でしたが、見ごたえのある局面が多くあり、手に汗握る大熱戦でした。
その後、対局カードによる対戦と並行して、初めての将棋6ヶ月講座は、「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」「王の囲い」の解説です。
スポンサーサイト
DSCF1569-11.jpg
DSCF1570-11.jpg
1月15日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」。

最初に13日~14日に行われた第68期王将戦七番勝負第1局(久保利明王将VS渡辺明棋王)の結果は渡辺明棋王が勝利。

第2局は地元の大阪府高槻市「山水館」(1/26~27)です。

前夜祭(1/25)と大盤解説会(1/26~27)の案内を行う。

今日の大盤講座は、先手・安澤さんVS後手・井上さんの棋譜を阪田指導員と共に解説。
先手の四間飛車に対し、後手は居飛車で対峙。
序盤は、先手が自然な駒組に対し後手は駒組が不安定で王の囲いで先手が優位。
中盤に入り、先手が肝心のところで振り飛車の捌きに疑問手が出てしまい、後手が駒得で優位に立つ。終盤でも後手が駒得を活かし押し切った一局。
振り飛車の捌きのポイントが勉強出来た将棋で参考にして頂きたいです。
その後、対局カードによる対戦と並行して、駒落ちでの指導対局。
DSCF1491-11.jpg
DSCF1492-11.jpg
DSCF1496-11.jpg
DSCF1497-11.jpg
DSCF1498-11.jpg
DSCF1499-11.jpg
DSCF1503-11.jpg
1月8日(火)午前中は、今年最初の山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」。

最初に年始の挨拶。その後タイトル戦の話題です。

第68期王将戦七番勝負第1局(久保利明王将VS渡辺明棋王)が静岡県「掛川城・二の丸茶室」で開催(1/13~14)。

第2局は、地元の大阪府高槻市「山水館」で開催(1/26~27)。

並行して、第44期棋王戦五番勝負(渡辺明棋王VS広瀬章人竜王)が始まります。

第1局は、2/2(土)石川県・金沢市「北国新聞会館」で開催です。

今日の大盤講座は、第1回女流AbemaTVトーナメント決勝戦、先手・伊藤沙恵女流二段VS後手・里見香奈女流四冠の棋譜を阪田指導員と共に鑑賞。

後手のゴキゲン中飛車に対し、先手は居飛車から後手の攻めを受けて立つ展開。

中盤に入り、先手が飛車先を突き捨て「2三歩」と垂らし「と金」作りで後手の攻めを催促。

終盤では、後手の攻め駒を責める、先手の受けが奏功し、後手を投了に追い込んだ一局。

先手の会心譜でした。参考になる格言や手筋が多く含まれており、いい勉強になりました。

終了後、5手詰め詰将棋問題を3問出題。

中京老人福祉センターから吉岡さんが訪問。

1/4(金)中京老センで開催の将棋交流大会に山科中央老センから2名出場。その御礼と結果報告来られました。

その後、対局カードによる対戦と並行して、初めての将棋6ヶ月講座は、「王手と詰み」「千日手と持将棋」の解説です。
DSCF1329-11.jpg
DSCF1330-11.jpg
12月25日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」。

最初に竜王戦第7局において広瀬八段が勝利し竜王タイトルを奪取した話題。

今日の大盤講座は、先手・鵜頭さんVS後手・湊さんの棋譜を阪田指導員と共に解説。

後手の中飛車に対し、先手も中飛車で対峙。

中盤では双方ともに玉の囲いが不安定のまま攻め合い。

終盤になったところで、後手の駒損が大きく先手が後手王を寄せ切った一局。
王の囲いと勝負所での対応が学べた将棋で、参考になったと思います。
終了後、5手詰め詰将棋問題を1問出題。
その後、対局カードによる対戦と並行して「初めての将棋6ヶ月講座」は6枚落ち指導対局を行う。
DSCF1274-11.jpg
DSCF1275-11.jpg
DSCF1276-11.jpg
DSCF1279-11.jpg
12月18日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」。

最初に昨日棋王戦挑戦者決定戦で広瀬八段が佐藤名人に勝利し渡辺棋王に挑戦決定。

A級順位戦の羽生竜王VS佐藤九段は深夜に及ぶ大熱戦を羽生竜王が勝利。

下関市で開催の竜王戦第7局(12/20-21)羽生竜王VS広瀬八段は、共に前哨戦を制し好調を持続しての大一番が注目です。

今日の大盤講座は、先手・吉田さんVS後手・廣田さんの棋譜を解説。

後手の四間飛車に対し、先手は居飛車棒銀で先攻。

中盤では先手の棒銀が成功し優勢。

終盤になったところで、棋譜再現が出来なくなり、途中で打ち切り。勝負は先手が勝利した一局。

棒銀の攻め方が参考になった将棋でした。

続いて、竜王戦第6局・先手・広瀬八段VS後手・羽生竜王の棋譜を鑑賞。終了後、5手詰め詰将棋2問出題。

その後、対局カードによる対戦と並行して「初めての将棋6ヶ月講座」は6枚落ち指導対局を行う。