FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF2210-11.jpg
DSCF2211-11.jpg
DSCF2214-11.jpg
DSCF2215-11.jpg
DSCF2216-11.jpg
3月12日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」

最初に、棋王戦五番勝負第3局および名人戦挑戦者決定の話題。

次に、昨日行われた棋聖戦二次予選・久保利明九段VS藤井聡太七段の対戦で感じたことを話しました。

それと、今日は中京老人福祉センター職員の吉岡さんが来訪。

要件は、3/29(金)中京老人福祉センターで開催される「将棋交流大会」の一環で行う指導対局(折立五段)に参加を呼びかける為です。

今日の大盤講座は、先手・竹田さんVS後手・鳴田さんの棋譜を阪田先生と共に解説。

序盤で後手がうっかりして、金損の大きなハンデを背負う。

それでもあきらめず、決め手を与えないように指し続け120手を超えるまで頑張られたことは素晴らしかったです。

終盤では先手が後手の入玉を阻止して後手王を寄せ切った一局。

続いて、昨日行われた棋聖戦二次予選・先手久保九段VS後手藤井七段の棋譜を並べて、みなさんと鑑賞。

大熱戦の素晴らしい将棋でしたが、藤井七段に取っては痛い黒星でした。

大盤解説終了後、対局カードによる対戦。

阪田先生は六枚落ち定跡の指導。
僕は久しぶりに2枚落ちでの二面指し指導対局を行いました。結果は1勝1敗でした。

スポンサーサイト
DSCF2095-11.jpg
DSCF2096-11.jpg
DSCF2097-11.jpg
DSCF2099-11.jpg
DSCF2100-11.jpg
2月26日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」

最初に、久保利明王将に渡辺明棋王が挑戦する第68期王将戦七番勝負の第4局の話題。

結果は渡辺明棋王が久保利明王将を破りストレートの4連勝でタイトル奪取。 

今日の大盤講座は、第10期マイナビ女子オープン先手・上田初美女流三段VS後手・北村桂香女流初段の棋譜を阪田指導員と共に解説。

序盤は先手が居飛車、後手がゴキゲン中飛車の対抗形で対峙。

中盤で先手が「金」をうまく使い、後手の「馬」を封じた手順が素晴らしいと感じた。

終盤では先手が鮮やかに後手王を寄せ切った一局。

大盤解説終了後、3月29日に中京老人福祉センターで開催される「将棋交流大会」の案内を阪田指導員より参加要請。

その後、対局カードによる対戦。

DSCF2037-11.jpg
DSCF2038-11.jpg
DSCF2039-11.jpg
DSCF2040-11.jpg
DSCF2041-11.jpg
DSCF2036-11.jpg
2月19日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」

最初に、第12回朝日杯将棋オープン戦決勝において、絶好調の渡辺棋王を相手に藤井聡太七段の見事な指し回しが冴えわたり、見事に勝利。

素晴らしい活躍で、2年連続優勝の栄誉に輝いたことを話す。

今日の大盤講座は、先手・佐藤さんVS後手・鵜頭さんの棋譜を阪田指導員と共に解説。

序盤は、先手が四間飛車、後手が中飛車で対峙。中盤で先手が仕掛けるも、桂損の見落ちがあり、一気に形勢が傾きました。

終盤でも、後手の堅実な指し手が奏功し先手玉を寄せ切った一局。

攻める場合は「争点」を作り、タイミングの良い時に仕掛けることが学べたと思います。

続いて、5手詰め詰将棋を2問出題。

大盤解説終了後は、対局カードによる対戦。

それと、沖縄・浦添支部の具志堅支部長より18年ぶりのタイトル戦・沖縄開催の案内「第68期王将戦・七番勝負第4局」のポスターが送られてきましたので掲載します。
DSCF1974-11.jpg
DSCF1975-11.jpg
DSCF1976-11.jpg
DSCF1977-11.jpg
2月12日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」

最初に、土曜日に開催された「第7回京都子ども将棋交流大会」の様子と映画「七つの会議」の感想を話す。

今日の大盤講座は、先手・山本さんVS後手・安倍さんの女性同士の棋譜を阪田指導員と共に解説。

お二人とも、熱心な将棋愛好家で、将棋教室においては、和やかな気分が周囲に満ちあふれ、いい雰囲気でみなさんが対局を楽しまれています。

序盤は、先手、後手ともに四間飛車から美濃囲いの相振り飛車の戦型。

中盤では後手の「4六歩」、先手の「5四歩」と双方ともにチャンスがありました。

終盤まで拮抗した将棋でしたが、先手の見落ち(馬をタダで取られた)があり、大きく形勢が傾き、後手の勝利となった一局。

「受けるべきところは、しっかりと受ける」「歩を控えて打つ」「攻めの拠点を残す」など、参考になる局面での対応が学べたと思います。

大盤解説終了後は、対局カードによる対戦。
DSCF1848-11.jpg
DSCF1850-11.jpg
DSCF1852-11.jpg
DSCF1851-11.jpg
2月5日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」

最初に、先日の日曜日に開催された「小学生将棋名人戦・京都府大会」の様子を話す。

それと、杉本昌隆七段と藤井聡太七段が本日のC級1組順位戦において、ダブル昇級が出来るかが注目の的です。

今日の大盤講座は、先手・田中さんVS後手・小倉さんの棋譜を阪田指導員と共に解説。

先手四間飛車から矢倉模様に玉を囲たのに対し、後手は居飛車、天守閣美濃で対峙。

中盤で後手が「3五歩」と自王に近いところで開戦し一気に終盤戦に突入。

終盤では急所をつく先手の指し手が冴えわたり、後手王を寄せ切った。

参考になる局面が多くあり勉強になりました。

その後、5手詰め詰将棋を1問出題。

大盤解説終了後は、対局カードによる対戦。