FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF2002-11.jpg
DSCF2001-11.jpg
DSCF2003-11.jpg
2月16日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第12期マイナビ女子オープン本戦、先手・礒谷真帆女流初段VS後手・里見香奈女流四冠の棋譜を並べて鑑賞。

後手がゴキゲン中飛車から美濃囲いの戦型、後手は居飛車舟囲いから急戦。

中盤では先手指し手が冴えていて優勢も、終盤では後手の決め手を与えない粘りが奏功。逆転で後手の勝利。

随所に参考になる手筋があり、いい勉強になりました。

大盤講座終了後は対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部の樋口6級に六枚落ち、達川15級に8枚落ちでの指導。
スポンサーサイト
DSCF1770-11.jpg
DSCF1771-11.jpg
DSCF1772-11.jpg
2月2日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第4期叡王戦本戦、先手・菅井竜也七段VS後手・渡辺明棋王の棋譜を並べて鑑賞。

先手がゴキゲン中飛車から美濃囲いの戦型、後手は居飛車左美濃囲い。

先手の「7二歩」の垂らしから大決戦。

終盤での先手の指し手が冴えていて快勝。

振り飛車党に取ってはいい勉強になりました。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

2部の村上1級に飛車落ち、服部篤志4級に4枚落ちでの指導。

DSCF1717-11_201901262136433b1.jpg
DSCF1720-11_2019012621364510d.jpg
DSCF1721-11_20190126213646ec7.jpg
1月26日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第12回朝日杯将棋オープン戦本戦、先手・糸谷哲郎八段VS後手・藤井聡太七段の棋譜を並べて鑑賞。

角換わりの戦型から、先手の先攻を受け後手が反撃。

後手が9筋の歩を進め、香車の前に歩を打ち、「8七角」と打ち込んだ構想が素晴らしかったです。

その後もうまく攻めを繋ぎ先手玉を投了に追い込んだ将棋でした。

継ぎ歩、十字飛車などの手筋が多く含まれており、いい勉強になりました。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

1部の大岡4級、西出7級、栗本12級に6枚落ち、2部の小森五段に平手での指導。

<昇級記録>
石橋希望12級→11級(3連勝)
DSCF1583-11.jpg
DSCF1584-11.jpg
DSCF1587-11.jpg
DSCF1590-11.jpg
1月19日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第68期王将戦七番勝負第1局、先手・渡辺明棋王VS後手・久保利明王将の棋譜を並べて鑑賞。

後手のゴキゲン中飛車から美濃囲いに対し、先手は居飛車から玉を固め7筋の位取り。

先手が後手の「4四銀」を咎め、玉頭戦に持ち込み後手を投了に追い込んだ一戦。

実戦の局面で「敵の打ちたいところへ打て」「終盤は駒の損得より速度」「王は包むように寄せよ」など随所に参考になる格言や手筋が多く含まれており、いい勉強になりました。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

1部の達川15級に8枚落ち、石橋12級に6枚落ち、2部の安藤4級に平手での指導。
DSCF1538-11.jpg
DSCF1540-11.jpg
1月12日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第1回女流AbemaTVトーナメント決勝戦、先手・伊藤沙恵女流二段VS後手・里見香奈女流四冠の棋譜を並べて鑑賞。

後手のゴキゲン中飛車に対し、先手は居飛車から後手の攻めを受けて立つ流れで、随所に参考になる格言や手筋が多く含まれており、実戦での局面がいい勉強になりました。

先手の会心譜でした。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

1部の達川15級に8枚落ち、2部の村上1級に飛車落ちでの指導。