FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8888-12.jpg
DSCF8892-12.jpg
DSCF8895-12.jpg
DSCF8896-12.jpg
DSCF8898-12.jpg
1月25日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

今日は岩橋優光君(小2)がお父さん、お母さんと教室に来てくれました。

大盤講座は、第78期順位戦B級1組11回戦・先手・斎藤慎太郎七段VS後手・菅井竜也七段の棋譜を鑑賞。

お二人は今期好調でA級への昇級がかかっていて、奨励会の時からの好敵手でもあり、切磋琢磨されてここまで上り詰めてこられました。

後手が三間飛車から穴熊囲いに対し、先手も居飛車から穴熊囲い。

双方ともに腰を落とした負けられない気持ちが表れている序盤戦です。

中盤で後手が「6七飛車」切りから、後手の攻めが続くか、切れるかの展開。

先手が駒得で指しやすい局面も、終盤で後手が決め手を与えない粘りと、「と金」攻めが奏功し、攻めが繋がり先手を投了に追い込んだ一局。

大一番を制した菅井七段は(10勝1敗)A級昇級と八段昇段が確定。

敗れた斎藤七段は、7勝3敗で残り2局を頑張ってA級昇級と八段昇段を目指してもらいたいです。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は岩橋君と6枚落ちで棋力認定と山下5級に4枚落ちでの指導対局。

2部は下野1級に2枚落ち、服部4級に4枚落ちでの指導対局。

<昇級記録>
土谷知暉11級→10級(3連勝)
スポンサーサイト



P_20200118_1521021_vHDR_Auto.jpg
P_20200118_1521261_vHDR_Auto.jpg
DSCF8760-12.jpg
DSCF8761-12.jpg
DSCF8763-12.jpg
DSCF8766-12.jpg
P_20200118_150908_vHDR_Auto_HP.jpg
DSCF8768-12.jpg
1月18日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

今日は宇治から千葉均さん(京都府連副会長・京都城南支部長・将棋指導員)が来訪。

3月から千葉将棋教室を開講するに当たり、教室運営の様子をご覧頂きました。

大盤講座は、第78期順位戦C級1組8回戦・先手・藤井聡太七段VS後手・小林裕士七段の棋譜を鑑賞。

序盤は相居飛車の展開から、後手が角交換を図る。

先手は斜め棒銀から銀交換。

中盤が短く終盤に突入。

いつもながら、鋭い切れ味が魅力の藤井七段の「よさ」が発揮された会心譜でした。

特に「5七角」が気付きにくい好手で、勉強になりました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は千葉先生に4枚落ちでの指導対局を3名(南1級・黒川2級、小川2級)お願いしました。

僕は、隠岐7級、土谷11級に6枚落ちでの指導対局。

2部は木村二段に角落ち、宗清1級に2枚落ちでの指導対局。

それと、本日から2部に下野誠太朗1級が入会。

頑張ってくれることを期待しています。

DSCF8667-12.jpg
DSCF8668-12.jpg
DSCF8669-12.jpg
DSCF8672-12.jpg
DSCF8674-12.jpg
1月11日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

大盤講座は第33期竜王戦1組ランキング戦(先手・屋敷伸之九段VS後手・久保利明九段)の棋譜を鑑賞。

序盤は後手が角交換四間飛車から美濃囲い対し、先手は居飛車から左美濃に玉を囲う。

先手の「6五歩」に後手が「3五歩」と仕掛け、一気に勝負所の展開となり、振り飛車特有の捌きから大駒の交換。

終盤に入り、後手は先手の攻めをうまく受け止め投了に追い込んだ一局。

捌きのアーチスト久保九段の会心譜でした。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は小川2級に4枚落ちでの指導。

2部は木村初段に飛車落ち、宗清1級に2枚落ちでの2面指し指導。

<昇級記録>
土谷知暉12級→11級(4勝1敗)
DSCF8436-12.jpg
DSCF8438-12.jpg
DSCF8440-12.jpg
DSCF8442-12.jpg
DSCF8445-12.jpg
DSCF8446-12.jpg
12月21日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

大盤講座は、棋王戦挑戦者決定二番勝負(先手・本田奎四段VS後手・佐々木大地五段)の棋譜を解説。

序盤は相掛かりの戦型。

中盤で後手の「3五歩」から「5四角」の構想が素晴らしく、玉のコビンを狙った「3六銀」から「4七歩成」が決め手となり、

先手を投了に追い込んだ一局。

12月27日に対局の第2局の大一番が楽しみです。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は杉田15級に6枚落ちでの指導。

2部は木村初段に飛車落ち、宗清1級に2枚落ち、服部4級に4枚落ちでの3面指し指導。

<昇段記録>
木村晴悠初段→二段(11勝2敗)
DSCF8387-12.jpg
DSCF8388-12.jpg
DSCF8389-12.jpg
DSCF8392-12.jpg
12月14日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

最初に、棋王戦挑戦者決定二番勝負(本田奎四段VS佐々木大地五段)の話題。

大盤講座は、第43回全国盲人将棋大会S級特選譜・先手・山下さんVS後手・石川さんの棋譜を解説。

序盤は居飛車角換わりの展開。

後手が腰掛銀から王を囲ったのに対し、先手が右玉に変化し駒組みを図る。

その後、一進一退の攻防が続き、終盤では優劣不明の好局。

最後は後手が「3七金」と打って勝負に出た手が、先手にもう一枚金を渡すことになり敗着となった。

健常者が目隠しをしてこれだけの将棋は指せないです。

レベルの高い素晴らしい内容でした。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局です。

1部は山下さんに4枚落ち、山下唯ちゃんに6枚落ちでの指導。

2部は木村初段に飛車落ち、宗清1級に2枚落ち、服部4級に4枚落ちでの3面指し指導。

<昇級記録>
石橋希望6級→5級(5連勝)