FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9560-11.jpg
DSCF9563-11.jpg
DSCF9564-11.jpg
9月15日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

受講者は1部・6名、2部・7名。

最初に将棋イベントの案内。第66期王座戦五番勝負第2局が、9月20日(木)ウェスティン都ホテル京都で開催。 

現地大盤解説会、指導対局が行われる。

大盤講座は第66期王座戦五番勝負第1局・先手・斎藤慎太郎七段VS後手・中村太地王座の棋譜を並べ鑑賞。

角換わり腰掛銀の戦形から先手の積極的な仕掛けが奏功。後手の反撃をしっかりと受け止め、「と金」攻めを間に合わせ、後手玉に必至をかけ、先手が熱戦を制す。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

1部の黒川7級に6枚落ち、2部の木村1級、服部篤志4級に4枚落ちでの指導。
<昇級記録>
隠岐僚太9級→8級(4連勝)
スポンサーサイト
DSCF9409-11_201809082251105cb.jpg
DSCF9412-11.jpg
9月8日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

受講者は1部・10名、2部・8名。

大盤講座は第31期竜王戦挑戦者決定三番勝負第3局・先手・広瀬章人八段VS後手・深浦康市九段の棋譜を並べて鑑賞!

先手の広瀬八段の踏み込んだ指し手が奏功。最後は詰みがないことを読み切り、後手玉に必至をかけて勝利。

これで三番勝負は2勝1敗となり、羽生善治竜王への挑戦者は広瀬章人八段に決まりました。第2局の大熱戦が命運を分けたシリーズと感じました。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

2部の服部悠介4級、服部篤志4級に4枚落ちでの指導。

DSCF9381-1.jpg
DSCF9383-1.jpg
DSCF9384-1.jpg
9月1日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

受講者は1部・8名、2部・7名。

大盤講座は第31期竜王戦挑戦者決定三番勝負・先手・広瀬章人八段VS後手・深浦康市九段の棋譜を並べて鑑賞!

231手に及ぶ大熱戦で素晴らしい攻防が印象に残りました。結果は広瀬八段の逆転勝ち。

これで三番勝負は1勝1敗となり、9月6日(木)に東京・将棋会館で行われる第3局が大一番です。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

2部の谷岡1級に2枚落ちでの指導。

<昇段記録>
黒川英寛8級→7級(4連勝)
堤田陽羽10級→9級(4勝1敗)
DSCF9305-1.jpg
DSCF9306-1.jpg
8月25日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

受講者は地蔵盆の影響で、1部・5名、2部・5名。

大盤講座は昨日行われた第90期棋聖戦一次予選・先手・里見香奈女流四冠VS後手・藤井聡太七段の棋譜を並べて鑑賞!

先手5五歩位取り中飛車に対し、後手は居飛車二枚銀で対峙。五筋の位を巡って急戦。後手の「1五歩」の突き捨てからの寄せが素晴らしかったです。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

1部の南5級、松村6級、樋口7級、黒川8級に6枚落ちでの指導。
2部は安藤4級に4枚落ちでの指導。
<昇段記録>
樋口颯音7級→6級(8勝2敗)
DSCF8952-11.jpg
DSCF8953-11.jpg
DSCF8954-11.jpg
8月18日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

夏休みに入ってからは旅行や帰省の為、お休みが多くあり受講者は、1部・9名、2部・4名。

大盤講座は女流王将戦予選・先手・香川愛生女流三段VS後手・北村桂香女流初段の棋譜を並べて鑑賞!

先手居飛車に対し、後手は5五歩位取り中飛車で対峙するも、先手の仕掛けにより序盤から急戦。

中終盤では流れが落ち着き、先手の駒得が奏功した一局。

中盤で先手が指した「8五金」の飛車取りが「最短の寄せ」との感覚は勉強になりました。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

1部の小川4級に4枚落ち、栗本14級に6枚落ちでの指導。

2部は服部悠介4級、服部篤志4級に4枚落ちでの指導。

<昇段記録>
南颯馬6級→5級(5連勝)