FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9847-12.jpg
DSCF9848-12.jpg
DSCF9849-12.jpg
DSCF9850-12.jpg
4月4日(土)午後から、山科・小野将棋教室を開講。

新型コロナの影響で将棋教室・大会などが延期や中止になる中で、プラス思考で元気になってもらう為、普段通り教室を続けています。

新型コロナウイルス感染防止対策としては、アルコール消毒スプレーを用意と窓を開けての換気です。

大盤講座は、第91期棋聖戦決勝トーナメント・先手・菅井竜也八段VS後手・藤井聡太七段の千日手指し直し局の棋譜を鑑賞。

戦型は先手四間飛車。

序盤はお互いに玉を固く囲い合う相穴熊。

中盤からの2筋の攻防が見どころがありました。

終盤は一手争いの展開も後手がペースをつかみ、先手玉を寄せ切った一局。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。


1部の黒川2級、大岡3級に4枚落ちでの指導。

2部は宗清1級・下野1級に飛車落ちでの指導。

スポンサーサイト



90442241_1276818489178136_4738563827707150336_n.jpg
90721942_2725910094174099_9101642604872728576_n.jpg
DSCF9594-12.jpg
DSCF9596-12.jpg
DSCF9603-12.jpg
DSCF9608-12.jpg
DSCF9610-12.jpg
DSCF9611-12.jpg
DSCF9612-12.jpg
90438046_868863960231271_962907461327519744_n.jpg
3月21日(土)午後からは当初の予定通り、山科・小野将棋教室を開講。

今日はフェイスブック友達の高見澤勝利さんが、遠路愛知県刈谷市から小野教室の見学に来られました。

昨年4月に山科中央老人福祉センター将棋教室に来られて以来の再会です。

受講者は普段通りの15名。

新型コロナウイルス感染防止対策としては、アルコール消毒スプレーを用意と窓を開けての換気です。

大盤講座は、第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組・先手・稲葉陽八段VS後手・菅井竜也八段の棋譜を鑑賞。

戦型は先手居飛車に対し後手四間飛車。

序盤はお互いに玉を固く囲い合う。

中盤は先手が2筋突破に対し、後手は7筋の桂頭を狙う。

後手の細い攻めを先手が受ける展開。

終盤は後手「5一桂」の絶妙手から後手がペースをつかみ、先手玉を寄せ切った一局。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

<高見澤先生>

1部・・・石橋5級に6枚落ち、大岡3級・小川2級に4枚落ちでの指導。

2部・・・宗清1級・下野1級に2落ちでの指導。

<小野先生>

1部・・・隠岐7級に6枚落ちでの指導。

2部・・・服部悠介4級・服部篤志4級に4枚落ちでの指導。

高見澤先生、5名のこども達に指導対局をして頂き、ありがとうございました。御礼申し上げます。

<昇級記録>
山下貴之5級→4級(9勝2敗)
山下唯13級→12級(3連勝)
DSCF9520-12.jpg
DSCF9522-12.jpg
DSCF9523-12.jpg
DSCF9525-12.jpg
DSCF9526-12.jpg
DSCF9528-12.jpg
3月7日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

いろんなイベントが中止、中止のなか、元気を出していただくため、山科・小野将棋教室を当初の予定通り開講。

ほぼ普段通りの11名が受講。それと、今日は新濱君がお母さんと体験に来てくれました。

新型コロナウイルス感染防止対策としては、アルコール消毒スプレーを用意と適時、窓を開けて換気に心掛けました。

大盤講座は、第31期王位戦挑戦者決定リーグ白組・先手・藤井聡太七段VS後手・羽生善治九段の棋譜を鑑賞。

戦型は角換わり腰掛銀。

序盤は先手が「4五桂」と跳ねて開戦。

中盤では後手が8筋の歩を交換するも銀を繰り出し逆用。

終盤は先手が飛車を取り「7二飛」と打った手が詰めろになっていたことは驚きです。

先手の「3四角」で後手が投了。藤井七段の会心譜でした。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は新濱15級に6枚落ちでの指導。

2部は宗清1級に飛車落ちでの指導。

<昇級記録>
大岡4級→3級(6蓮勝)
DSCF9352-12.jpg
DSCF9353-12.jpg
DSCF9355-12.jpg
2月22日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第33期竜王戦1組ランキング戦・先手・永瀬拓矢二冠VS後手・久保利明九段の棋譜を鑑賞。

戦型は先手居飛車穴熊に対し、後手は三間飛車から美濃囲い。

中盤では、久保九段特有の飛車の捌きが素晴らしく、終盤では9筋の攻防を制し穴熊を崩壊。

先手を投了に追い込んだ一局。久保九段の会心譜でした。

振り飛車党にはたいへんに勉強になりました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は大岡4級・土田10級・杉田15級に6枚落ちでの指導。

2部は、明日開催の「小学生将棋名人戦京都府大会」に備えて4面指しで、木村二段・宗清1級・下野1級・服部4級に平手での指導。

<昇級記録>
土谷10級→9級(4勝1敗)
DSCF9294-12.jpg
DSCF9295-12.jpg
DSCF9296-12.jpg
DSCF9300-12.jpg
DSCF9301-12.jpg
DSCF9303-12.jpg
2月15日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

大盤講座は、第69期王将戦七番勝負第3局・先手・渡辺明王将VS後手・広瀬章人八段の棋譜を鑑賞。

戦型は角換わりの早繰り銀。

随所に「将棋の格言」が出てくる局面が多くあり、見ごたえのある将棋で大変に勉強になりました。

結果は、逆転模様で渡辺王将が勝利。通算成績を2勝1敗としました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は山下5級に4枚落ち、杉田15級に6枚落ちでの指導。

2部は木村二段に角落ち、服部4級に4枚落ちでの指導。