FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0928-12.jpg
3月14日(土)は、どうぶつ将棋の指導でご縁を頂いた「若林保育園」理事会に出向く。
理事6名・監事2名全員が出席。

<審議事項>
第1号議案  令和2年度 事業計画(案)
第2号議案  令和2年度 資金収支予算(案)
第3号議案  評議員候補者(案)
全員一致で承認。

<報告事項>
令和元年度 アンケート調査結果
指導監査報告

開園40年目。「保育の質の向上」について、様々なディスカッションの場を設け、子どもたちがより安心して過ごせる環境の整備に加え、保護者からの記述式アンケート調査集計(保育について・行事について・その他)を踏まえて、保育園の運営に活かしていく、きめ細かな対応が素晴らしいと感じました。
スポンサーサイト



DSCF4064-11.jpg
DSCF4065-11.jpg
DSCF4068-11.jpg
5月24日(金)午後は若林保育園・平井園長より要請を受けていた「どうぶつしょうぎ」の指導に出向きました。

受講者は年長さん(5歳児)が10名。

最初に「どうぶつ将棋をやったことがある人」・・・問いかけると半数の5歳児が手を挙げてくれました。

次に、それぞれのどうぶつの動かし方・ライオンの捕まえ方・勝ち方などの基本ルールを説明。

3つのおやくそく「はじめとおわりにごあいさつ」「じぶんのちからでかんがえる」「まったはしない」を約束。

ひと通り話した後は、早く対戦をしたい様子でしたので、早速に対面しての「どうぶつしょうぎ」を行う。

実戦では、園長や保育士さんがご協力を頂きました。

園児たちはルールを覚えて、すぐに楽しんでいました。

小学生になったら、ぜひ将棋を覚えてもらいたいと願っています。
DSCF0918-11.jpg
DSCF0919-11.jpg
DSCF0921-11.jpg
DSCF0922-11.jpg
DSCF0924-11.jpg
DSCF0925-11.jpg
DSCF0926-11.jpg
DSCF0927-11.jpg
11月29日(水)午後は、久しぶりに若林保育園・平井園長より要請を受けていた「どうぶつしょうぎ」の指導に出向きました。

途中、風が吹くと銀杏の葉が舞い散っており、晩秋の趣を醸し出していました。

最初に、それぞれのどうぶつの動かし方・ライオンの捕まえ方・勝ち方などの基本ルールや、3つのおやくそく「はじめとおわりにごあいさつ」「じぶんのちからでかんがえる」「まったはしない」を話す。

「どうぶつしょうぎ」をやったことがある人は問いかけると、半数位の5歳児が手を挙げてくれました。

大盤で話した後は、早速に対面しての「どうぶつしょうぎ」を行う。

実戦では、園長や保育士さんがご協力を頂きました。

おかげさまで、園児たちはルールを覚えて、すぐに楽しんでいました。

小学生になったら、今度はぜひ将棋を覚えてもらいたいと願っています。
DSCF9268.jpg
DSCF9259.jpg
DSCF9261.jpg
DSCF9264.jpg
DSCF9273.jpg
1月18日(水)午後は、久しぶりに若林保育園・平井園長より要請を受けていた「どうぶつしょうぎ」の指導に出向きました。

最初に、それぞれのどうぶつの動かし方・ライオンの捕まえ方・勝ち方のコツなどの基本ルールや、3つのおやくそく「はじめとおわりにごあいさつ」「じぶんのちからでかんがえる」「まったはしない」を話す。

早く実戦をやりたいとの要望を受け、早速に対面しての「どうぶつしょうぎ」を行う。

「どうぶつしょうぎ」をやったことがあると答えた5歳児が多くおりました。

実戦では、園長や保育士さんがご協力を頂きました。おかげさまで、園児たちはルールを覚えて、すぐに楽しんでいました。

どうぶつ将棋終了後には、将棋リーフレットに基づき、どうぶつ将棋と関連を持たせて、将棋を紹介した。将棋を知っている・やったことがある5歳児が4~5人おりました。

小学生になったら、ぜひ将棋を覚えてもらいたいと願っています。
DSCF5201.jpg
DSCF5202-1.jpg4月13日(水)午後は、久しぶりに若林保育園・平井裕雄園長より要請を受けていた「どうぶつしょうぎ」の指導に出向きました。基本ルールや3つのおやくそく「はじめとおわりにごあいさつ」「じぶんのちからでかんがえる」「まったはしない」を話し、早く実戦をやりたいとの要望を受け、早速に対面しての「どうぶつしょうぎ」を行う。
5歳児の中には「どうぶつしょうぎ」をやったことがあると答えた児童が4人おりました。実戦では、園長や保育士さんがご協力をいただいたおかげで、園児たちはルールを覚えて、すぐに楽しんでいました。「これからも続けていきたいですか」の問いかけに「はい」と元気よく答えてくれました。各家庭においても「どうぶつしょうぎ」や「駒遊び」「将棋」を通じて、世代間交流を図ってもらいたいです。