巖ちゃんの日々是将棋

DSCF5937-11.jpg
DSCF5939-11.jpg
DSCF5941-11.jpg
DSCF5943-11.jpg
DSCF5944-11.jpg
DSCF5945-11.jpg
2月16日(金)午前中は5/12イベントの打合せで昨年秋に完成の文道会館(北野天満宮)へ出向きました。素晴らしい会館の横には梅が5分咲きぐらいでした。

北野天満宮、京都市、京都新聞COM、児童館学童連盟、商工会議所、京都府連が集まり、会場確認と京都府連からのスケジュール(案)の提示です。

限られた時間の中で各団体の要望を組み入れて調整して行きたいと思っています。

午後からノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に、小学生将棋名人戦京都府大会の結果と明日の朝日杯将棋オープン戦準決勝で対戦する羽生善治竜王と藤井聡太五段の話題です。

大盤講座は森信雄七段著「詰めろ将棋入門」から出題。符号で答えるように指導する。

「王手は追う手」「王は包むように寄せよ」の格言を交えながら、「詰めろ」を実戦に応用するように解説する。

講座終了後、自由対局と5面指し指導対局です。
スポンサーサイト
DSCF5732.jpg
DSCF5733.jpg
DSCF5734.jpg
2月9日(金)午後からノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に、小学生将棋名人戦京都府大会の話題です。

大盤講座は、C級2組順位戦9回戦・先手・梶浦宏孝四段VS後手・藤井聡太四段の棋譜を並べて鑑賞。

相がかり戦から互いに陣形整備。

終盤で藤井四段が先手の2回にわたる「3三歩」を相手にせず、踏み込んだ指し手には驚きました。

それと、「王は包むように寄せよ」の格言「4八銀」も勉強になりました。

藤井四段が勝利しC級1組昇級と五段昇段を決めました。

講座終了後は、3面指し指導対局と自由対局。
DSCF5693.jpg
DSCF5694.jpg
DSCF5695.jpg
DSCF5696.jpg
2月2日(金)午後からノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に、昨日行われた順位戦での話題です。

C級2組順位戦9回戦において、藤井聡太四段が梶浦宏孝四段に勝利し9連勝。単独首位を守り、最終10回戦を待たず、C級1組への昇級を決めた。同時に五段に昇段。

A級順位戦は大混戦。3/2の最終戦は目が離せません。

大盤講座は、5手詰め詰将棋を5問出題。符号で答えるように指導する。

講座終了後は、4面指し指導対局と自由対局。
DSCF5546-11.jpg
DSCF5547-11.jpg
DSCF5549-11.jpg
1月26日(金)午後からは商工会議所で打合せ後、今年最初のノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に、昨年から今年にかけての将棋界での話題。

(藤井聡太四段フィバー、特に29連勝の新記録・前代未聞の羽生永世七冠の達成と国民栄誉賞受賞決定)

大盤講座は、朝日杯将棋オープン戦・先手・藤井聡太四段VS後手・佐藤天彦名人の棋譜を並べて鑑賞。

準決勝に勝ち上がった藤井四段と羽生二冠の初の公式戦での対戦が楽しみです。

講座終了後は、指導対局、自由対局。
DSCF5108-1.jpg
DSCF5107-1.jpg
DSCF5106-1.jpg
12月15日(金)午後からは今年最後のノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

今日は短縮授業でクラブ活動も開始時間が早まり、活動時間も45分と短縮です。

最初に、今年1年間の将棋界での話題。

年初は藤井聡太四段フィバー、特に29連勝の新記録。

年末は前代未聞の羽生永世七冠の達成と明るいニュースでマイナーな将棋がメジャーになった、素晴らしい年になりました。

大盤講座は、C級2組順位戦7回戦・先手・藤井聡太四段VS後手・高野智史四段の棋譜を並べてみんなで鑑賞。

好調同士の一戦で、後手が居飛車角換わりを避けて力戦模様の出だしで、お互いに仕掛けのタイミングを計る中盤戦の長い将棋。

終盤での先手「9七桂」と後手の「9三桂」が印象に残った好局。

結果は、先手・藤井四段が勝利し順位戦7連勝。


講座終了後は、平成30年小学生将棋大会のお知らせです。

2月11日(日)午前11時・・・ふたば書房杯将棋大会、会場・「ゼスト御池・河原町広場」
2月12日(月・祝)午前9時・・小学生将棋名人戦京都府大会、会場・「ひと・まち交流館京都」
3月3日(土)午前9時・・・第6回京都子ども将棋交流大会、会場・「しんらん交流館」