巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0067.jpg
DSCF0068.jpg
DSCF0069-1.jpg
3月10日(金)午後からは今期最終日になるノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

山科は雨がぱらついていましたが、北山通りは晴れていました。でも、風が冷たかったです。

最初に、将棋界の話題。昨日行われたB級1組最終戦で久保九段に次いで豊島七段がA級へ昇級し関西所属棋士の活躍を話しました。

次に京都出身の西田拓也新四段の誕生に続いて、女流プロとしてデビューした藤井奈々女流3級の話をしました。

大盤講座は「矢倉の基本手筋」です。
金銀が並んだ形の弱点・矢倉崩しのダンスの歩・飛車を生かす香車・二段目の飛車と銀の攻め・玉が下段にいるうちになど、例題を出題して解説。

今日で6年生が将棋クラブ終了となるので、平手での指導対局を行う。
中学生になっても将棋を続けてもらいたいです。

スポンサーサイト
DSCF9615.jpg
DSCF9609.jpg
DSCF9611.jpg
DSCF9612.jpg
2月10日(金)午後からは、ノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

比叡山が雪化粧していて、風が強く寒かったです。

最初に、将棋界の話題。京都出身の佐藤康光新会長就任と西田拓也新四段の誕生の話をしました。

大盤講座は前回の続きです。3手詰め詰将棋を9問出題。

今日は4年生が体験受講に来ていました。符号で答えるように指導。

講座終了後は自由対局としました。順番に見て回りポイント指導を行う。

DSCF9278.jpg
DSCF9281.jpg
DSCF9282-1.jpg
1月20日(金)午前中は年初に行った大腸内視鏡検査時にポリープを切除。その結果を聞きに第二赤十字病院へ出向く。

おかげさまで、良性の線種とのことでホットしました。

午後からは、ノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に、2月18日(土)開催の「ふたば書房杯子ども将棋大会」の案内チラシを配布し、応募するように促す。

大盤講座では、趣向を変えて3手詰め詰将棋を15問出題。

10分間で何問まで解けるか、符号で記入できるかのテストを行い、その後、6問まで解説する。

7問以降は次回までにチャレンジするように話す。

講座終了後は3面指し6枚落ちでの指導対局と自由対局です。

教室終了後、京都市教育委員会に出向き、在田教育長に面会。
7月29日(土)~30日(日)に開催が決定した「第3回夏休み将棋合宿in中川」への来賓出席の要請。
8月6日(日)~7日(月)に北野天満宮で行う「大政奉還150周年記念夏休み子ども将棋交流大会」への協力要請。
それと、2月18日(土)ゼスト御池・河原町広場で開催の「ふたば書房杯子ども将棋大会」の案内チラシをお渡しして、お時間があれば、お越しくださいとお願いしました。
DSCF8880.jpg
DSCF8884.jpg
12月2日(金)午前中は人間ドックの再検査のため第二赤十字病院。
午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に将棋界の話題。昨日から本日にかけて第29期竜王戦第5局(渡辺明竜王VS丸山忠久九段)が北海道函館市で開催されています。

現在、2勝2敗。勝てばタイトル防衛・奪取に王手がかかる大一番です。

それと、再度「聖の青春」の映画を時間を作って、ぜひ鑑賞するように薦めました。


大盤講座のテーマは「振り飛車での序盤感覚」についての解説です。
序盤から狙いを持った指し手を心掛けることが、局面を有利に展開するコツです。何気ない序盤戦の中にチャンスがあることを分かって頂いたと思います。
その後、3手詰め詰将棋問題を5問出題。

講座終了後は3面指し6枚落ちでの指導対局と自由対局です。
今回も勝ち味を覚えてもらうような指導に心掛けました。
DSCF8535.jpg
DSCF8536-1.jpg
11月18日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に、明日封切りの「聖の青春」のチラシを配り、映画の内容を話し、時間を作ってぜひ鑑賞するように薦めました。

大盤講座のテーマは「駒の価値判断」です。取られても得すればよし・角を捨てての二枚換え・駒損でも相手陣を破ろう・追い返されるときの損得・歩切れだから決まる攻め・歩の攻めが受からない形などの解説。その後、詰将棋2問出題。

講座終了後は3面指し8枚落ちでの指導対局と自由対局です。
今回も勝ち味を覚えてもらうような指導に心掛けました。