FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1750-1.jpg
DSCF1750-11.jpg
DSCF1751-11.jpg
DSCF1752-11.jpg
DSCF1756-11.jpg
DSCF1757-11.jpg
2月1日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

大盤講座は、歩の手筋「突き捨ての歩」「成り捨ての歩」「たたきの歩」「焦点の歩」「ダンスの歩」などを解説。

将棋の駒は40枚。そのうち半分近くの18枚が「歩」です。

将棋の強い人は「歩」をうまく使います。

歩の手筋を実戦で活用してもらいたいです。

講座終了後は、6枚落ち指導対局と自由対局。
スポンサーサイト
DSCF1698-11.jpg
DSCF1700-11.jpg
DSCF1702-11.jpg
1月25日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

今日は3年生がスキー合宿の為、将棋クラブはお休みで出席者は12名。

将棋部顧問の遠藤先生もスキー合宿に同行。

最初に、明日、明後日と2日間、大阪府高槻市「山水館」において、王将戦七番勝負第2局が開催。

高槻現代劇場文化ホールで大盤解説会が行われることを話す。

大盤講座は、第12回朝日杯将棋オープン戦本戦、先手・稲葉陽八段VS後手・藤井聡太七段の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は角換わり腰掛け銀の陣形で対峙。

先手「4五桂」の仕掛けを待って、後手は「6五歩」から7筋、9筋を絡めて先手玉を攻める。

終盤は流れるように攻めを繋ぎ、先手玉を討ち取った一局。藤井七段強い!!
実戦の局面で将棋の格言にある手筋が出てきて、いい勉強になりました。
講座終了後は、指導対局、自由対局。
DSCF1507-11.jpg
DSCF1508-11.jpg
DSCF1509-11.jpg
DSCF1510-11.jpg
1月11日(金)午後からは今年最初のノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

最初に年初の挨拶。その後、第68期王将戦七番勝負の話題。

久保利明王将に渡辺明棋王が挑戦。

久しぶりにタイトル戦で居飛車対振り飛車の対抗形の熱戦が期待出来楽しみです。

第1局は静岡県掛川城二の丸茶室で開催(1/13~14)。

第2局は大阪府高槻市「山水館」で開催(1/26~27)。

大盤講座は、第1回女流AbemaTVトーナメント決勝戦、先手・伊藤沙恵女流二段VS後手・里見香奈女流四冠の棋譜を並べて鑑賞。

後手のゴキゲン中飛車に対し、先手は居飛車から後手の攻めを受けて立つ展開。

中盤に入り、先手が飛車先を突き捨て「2三歩」と垂らし「と金」作りで後手の攻めを催促。

終盤では、後手の攻め駒を責める、先手の受けが奏功し、後手を投了に追い込んだ一局。

先手の会心譜で、参考になる格言や手筋が多く含まれており、実戦での局面がいい勉強になりました。

講座終了後は、指導対局、自由対局。
DSCF1232-11.jpg
DSCF1233-11.jpg
DSCF1237-11.jpg
DSCF1238-11.jpg
DSCF1239-11.jpg
12月14日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブ。

学内では、クリスマスモードになっていました。

最初に藤井聡太七段最年少・最速100勝の話題。

続いて、竜王戦第6局で羽生竜王に挑戦者の広瀬八段が勝利し、3勝3敗の五分に戻す。

最終局(12/20~21)は、山口県下関市で年末の大一番が行われる。

大盤講座は、第31期竜王戦七番勝負第6局・先手・広瀬章人八段VS後手・羽生善治竜王の棋譜を並べ鑑賞。

序盤は今シリーズ初めての横歩取りの戦型。中盤では飛角交換の激しい流れ。

2日目の封じ手後羽生竜王の指し手「1九角成」と香車を取ったところから、紛れのない展開になり、広瀬八段の会心譜。

講座終了後は、指導対局と自由対局です。
DSCF1003-11.jpg
DSCF1005-11.jpg
12月7日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブ。

最初に将棋界の話題。続いて、再度「年末将棋祭りin京都平安ホテル」の案内(12/8~9)。

参加希望があれば受付をしますと話す。

次に、来年3月29日~4月1日に上海で開催の「第3回日中子ども上海将棋交流会」の案内。

大盤講座は、第31期竜王戦七番勝負第5局・先手・羽生善治竜王VS後手・広瀬章人八段の棋譜を並べ鑑賞。

4局連続で角換わりだったが、今回は矢倉の戦型で相居飛車の力戦となった。

終盤での先手の指し手「7一金打」が後手を投了に追い込んだ決め手となり、俗手の好手が印象に残りました。

講座終了後は、指導対局と自由対局です。