巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8435-11.jpg
DSCF8436-11.jpg
DSCF8437-11.jpg
DSCF8434-11_20180704204201c08.jpg
7月4日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

北山通りは雨風が強かったです。

最初に、タイトル戦の話題。第59期王位戦七番勝負第1局(菅井竜也王位VS豊島将之八段)が本日から明日にかけて愛知県豊田市で開催。

7月10日(火)は、新潟市で第89期棋聖戦五番勝負第4局(羽生善治棋聖VS豊島将之八段)が開催。豊島八段の2勝1敗で羽生棋聖に取っては正念場です。

第66期王座戦挑戦者決定戦は準決勝まで進み、4名に絞られました。その中の一人、藤井聡太七段の戦いぶりが注目されます。

大盤講座は第31期竜王戦決勝トーナメント2回戦・先手・増田康宏六段VS後手・藤井聡太七段の棋譜を並べ鑑賞。

先手が積極的な指し手で後手を圧倒。随所に素晴らしい指し手があり先手が勝利。

先手の「9五角」のただ捨てが印象に残った一局。

講座終了後は、第2回天神さん子ども将棋交流大会(8/11)の開催案内を行う。その後は指導対局と自由対局です。
スポンサーサイト
DSCF8271-11.jpg
DSCF8272-11.jpg
DSCF8273-11.jpg
DSCF8274-11.jpg
DSCF8275-11.jpg
6月22日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

北山通りに紫陽花が綺麗に咲いていたので、おもわず写真撮影。

最初に、本日の対局、王座戦挑戦者決定戦(先手・深浦康市九段VS後手・藤井聡太七段)の紹介。

名人戦は佐藤天彦名人が防衛し3連覇。

棋聖戦は現在、羽生善治棋聖1勝、挑戦者・豊島将之八段1勝で第3局が大一番。

25日(月)には、竜王戦決勝トーナメント戦(藤井聡太七段VS都成竜馬五段)が開幕などを話す。

大盤講座は「詰将棋の解き方」①守備駒の位置を変える②逃げ道を封鎖する③邪魔駒を消去する、について解説。

講座終了後は指導対局と自由対局です。帰り道も北山通りの緑が映えていたので撮りました。

その後、京都市在田教育長にアポをとり訪問。

羽生善治永世七冠達成・国民栄誉賞受賞記念の講演会・子ども向けのお話・門川市長との対談が無事に終了したことを報告。

続いて、7月28日(土)~29日(日)に開催「第4回夏休み将棋合宿in中川」の来賓として開会式への出席を要請。

今回は会場が冷房の利く「北山杉の里総合センター」なったことを話しました。

DSCF8230-11.jpg
DSCF8232-11.jpg
DSCF8234-11.jpg
DSCF8235-11.jpg
6月15日(金)午前は春日野自町連交流将棋大会の打合せと盤駒25セット購入の確認に南山城学園まで出向きました。

参加対象者は、春日野学区自治町内会に加入世帯が原則です。

7月22日の開催まであと1ヶ月余りですが、目標の参加人員50名を集めて頂くようにお願いをしました。

午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。
受講者は15名。

最初に、明日対局の棋聖戦第2局(羽生善治棋聖VS豊島将之八段)の話題と、6/19~20に天童で開催の名人戦第6局(佐藤天彦名人VS羽生善治竜王)のタイトル戦について話す。

羽生竜王は直近5連敗とハードスケジュールの影響があるのか少し心配です。巻き返しを期待したいです。

大盤講座は、今話題の藤井聡太七段vs石田直裕五段の棋譜「竜王戦5組ランキング戦・決勝」を並べて鑑賞しました。

終盤での「7七飛成」は予測が出来ない素晴らしい!指し手と感じました。

講座終了後は、2面指し指導対局と自由対局です。
DSCF7847.jpg
DSCF7848-11.jpg
DSCF7849-11.jpg
5月25日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。
受講者は16名。

最初に、5月12日(土)北野天満宮において、国民栄誉賞を受賞された羽生善治永世七冠が子どもたち向けに「将棋から学んだこと、挑戦する勇気」と題し、講演をされた中で、印象に残ったことを話す。

<将棋の上達に必要な心構え>
「直感で思いついた一手を大事に」
「対局の内容をノートに記し、なぜこの手を指したのか理解を深める」
「すべての駒の活用することを意識」
「詰将棋は簡単な問題をたくさん繰り返す」
「小さな目標を立て大きな励みに」
「楽しくて時間が経つのを忘れるようなことをたくさん経験すれば、集中力を高められる」
「相手がいて成り立つ将棋では、始めと終わりの挨拶を大事に」

大盤講座は、「詰将棋の解き方」①守備駒の位置を変える②逃げ道を封鎖する③邪魔駒を消去する、について解説。
講座終了後は指導対局と自由対局です。
DSCF7571.jpg
DSCF7572.jpg
DSCF7574-11.jpg
DSCF7575.jpg
DSCF7576.jpg
5月11日(金)午後からは本年度最初のノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。
受講者は17名。

最初に、将棋講師としての自己紹介。その後、昨日の羽生永世七冠祝賀会の様子や名人戦、明日の羽生永世七冠講演会などを話す。

大盤講座は、「レッツ将棋」を教材に、将棋の歴史、駒の並べ方、駒の動かし方、禁じ手について解説。

その後、詰将棋選手権初級戦3問を出題。符号で答える練習です。

講座終了後は指導対局と自由対局です。