巖ちゃんの日々是将棋

DSCF4742.jpg
DSCF4744.jpg
DSCF4750.jpg
DSCF4757.jpg
DSCF4758-1.jpg
DSCF4763.jpg
DSCF4771.jpg
11月22日(水)午後より折立指導員と「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。12名が受講。

最初に、19日(日)幕張メッセで開催された、第38回将棋日本シリーズJTプロ公式戦・決勝戦において、山崎隆之八段が逆転優勝!!の話題。19日に放映されたNHK杯将棋トーナメント戦でも羽生棋聖に逆転勝ち。

続いて、昨日行われた王座戦一次予選において、藤井聡太四段が平藤真吾七段に勝利。通算成績を50勝6敗(0.893)とする。

最後に第30期竜王戦七番勝負第4局(渡辺明竜王VS羽生善治棋聖)の大一番が新潟県三条市で23日~24日にかけて開催。

大盤講座は、、第38回将棋日本シリーズJTプロ公式戦東京大会・決勝戦・先手・山崎隆之八段VS後手・豊島将之八段の棋譜を並べてみんなで鑑賞。

相がかりの戦形から、いつのまにか、後手が中飛車・美濃囲いに変化した珍しい展開。
終盤では後手の駒得が大きく、先手の攻めが切れると思っていたが、先手が指した「9三桂成」が「同香」取れない、素晴らしい手が炸裂。山崎八段に勝利の女神が微笑みました。最後まであきらめずに指し続けると大逆転もあることを学びました。

次に、折立指導員より、将棋の日にちなんで「名人制度」「将棋の道具」についてのお話です。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(平手~六枚落ち)を行う。

僕は6面指しで5勝1敗の成績。
スポンサーサイト
DSCF4277.jpg
DSCF4279.jpg
DSCF4281-1.jpg
23376329_1546441022059537_1007578423949279634_n.jpg
23131999_1546440865392886_5468853415220214468_n.jpg
11月6日(月)午前に廣田副会長と京都府連諸事項につての打合せ。

その後、京都市生涯学習市民フォーラム生涯学習総会・シンポジウムの会場「同志社大学 寒梅館に出向く。

総会では、京都市生涯学習推進者表彰を受ける。

続いてのシンポジウムは「ほんまもん」に出会うまち京都」です。

パネリストは、松本紘氏、細見良行氏、高田紫帆氏、門川大作京都市長の4名。

京都府連も将棋普及活動や将棋イベントを通して「ほんまもんに出会うまち京都」を目指したいです。
DSCF4256.jpg
DSCF4257.jpg
DSCF4263-1.jpg
DSCF4264.jpg
DSCF4265.jpg
11月3日(金・祝)は午後より折立指導員と共に、京都城南支部開催「第6回早指し将棋大会」の会場(南宇治コミュニティーセンター)を訪問。

40名を超える参加者。レーティングポイントを取り入れたスイス方式で、A級、B級、C級に分けての総平手4局指し。

京都山科支部からも5名が参加していました。

訪問の要件は、千葉副会長(京都城南支部長)に京都府連関連諸事項について、情報の共有化を図るため出向きました。

打合せの間、折立指導員に将棋大会運営のお手伝いをお願いしていたのですが、急遽、A級に欠員が出たため、選手として参加。

打合せ終了後、折立指導員と共に失礼しました。

千葉さん、お忙しい中、お時間を取って頂き、ありがとうございました。
DSCF3905-1.jpg
DSCF3910-1.jpg
DSCF3916-1.jpg
DSCF3918-1.jpg
DSCF3921-1.jpg
DSCF3926-1.jpg
DSCF3933-1.jpg
DSCF3938-1.jpg
DSCF3939-1.jpg
DSCF3940-1.jpg
10月25日(水)午後より折立指導員と「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。12名が受講。

最初に、第7期加古川青流戦三番勝負において京都市出身・西田拓也四段が2勝1敗で逆転優勝!!の話題。

続いて、第30期竜王戦七番勝負第1局(渡辺明竜王VS羽生善治棋聖)が東京都「セルリアンタワー能楽堂」で行われ羽生棋聖が勝利。注目の第2局は10月28、29日(土、日)に岩手県大船渡市「大船渡市民文化会館」で開催。

大盤講座は、第7期加古川青流戦三番勝負第3局・先手・西田拓也四段VS後手・井手隼平四段の棋譜を並べてみんなで鑑賞。

双方とも相振り飛車の戦形で対峙。先手が「6五角」と打った手が機敏で優位を築く。

終盤は先手が後手の反撃を丁寧に受け切ってから、詰めろの連続で後手玉を受けなしに追い込み勝利。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(平手~六枚落ち)を行う。

僕は6面指しで5勝1敗の成績。
DSCF3474.jpg
DSCF3479.jpg
DSCF3482.jpg
DSCF3483.jpg
DSCF3491-1.jpg
DSCF3495.jpg
9月27日(水)午後より折立指導員と「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。12名が受講。

最初に、本日対局中の棋聖戦一次予選・先手・竹内雄悟四段VS後手・藤井聡太四段の途中経過と千日手の可能性があることを話す。

続いて順位戦システムについて話しました。

現在は、名人1名、A級11名、B級1組11名、B級2組25名、C級1組37名、C級2組50名の135名。それぞれに昇級・降級の規定があり、毎年順位が入れ替わります。

奨励会三段リーグ(31名)からは、半期に2名のプロ棋士(C級2組)が誕生しますが、年齢制限もあり厳しい世界です。

大盤講座は、菅井新王位が誕生した一局。

第58期王位戦七番勝負第5局・先手・羽生善治王位VS後手・挑戦者・菅井竜也七段の棋譜を並べてみんなで鑑賞。

タイトル戦の大一番の対局で後手が「3三金」から「3二飛!!」と新手を披露して快勝したことはインパクトがありました。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(平手~六枚落ち)を行う。

今日は、6面指しで5勝1敗の成績。二枚落ちでの指導対局で負かされました。