FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3324-11.jpg
DSCF3331-11.jpg
DSCF3334-11.jpg
DSCF3325-11.jpg
DSCF3338-11.jpg
DSCF3343-11.jpg
DSCF3346-11.jpg
4月24日(水)午後より折立先生と共に京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ出向く。

今日の受講者は9名。

最初に昨日行われた第77期名人戦(豊島将之二冠VS佐藤天彦名人)第2局の話題。

大盤講座は折立先生と共に、第77期名人戦・先手・豊島将之二冠VS後手・佐藤天彦名人)第1局の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は横歩取りから後手の注文で飛角交換の展開。

中盤では後手が龍を作り「2六歩」と垂らし先手の攻めを催促。

終盤は先手の「6五桂」からの攻めが奏功。

「5五銀」が決め手となり、後手に粘りを与ず寄せ切った一局。

その後、5手詰め詰将棋問題を4問出題。

小休止のあと、折立先生と共に4~5面指し指導対局(平手・飛車落ち・二枚落ち)を行う。

今回は5戦5勝の成績。

駒の損得に敏感になってもらいたいと感じました。

スポンサーサイト
DSCF2577-11.jpg
DSCF2586-11.jpg
DSCF2595-11.jpg
DSCF2590-11.jpg
DSCF2591-11.jpg
DSCF2592-11.jpg
DSCF2593-11.jpg
3月27日(水)午後より京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ出向く。

年度末で忙しかったのか、今日の受講者は5名。

最初に昨日行われた第32期竜王戦1組ランキング戦、豊島将之二冠VS渡辺明二冠の対局の話題。

大盤講座は、折立棋道指導員と共に第69回NHK杯女流棋士出場枠決定トーナメント決勝・先手・里見香奈女流四冠VS後手・西山朋佳女王の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は相振り飛車の展開。

中盤で後手が仕掛けるも先手の切り返しが奏功。

終盤では先手の緩手を咎め後手が攻勢。

秒読みの中、見ごたえのある攻防が続く。

結果は、先手が後手の猛攻をしのぎ、反撃に転じて後手玉を即詰めに打ち取った大熱戦の一局でした。

その後、5手詰め詰将棋問題を4問出題。

小休止のあと、折立棋道指導員と共に2~3面指し指導対局(角落ち・二枚落ち)を行う。

今回は2戦2勝の成績。

それと、受講生の高谷博さん(京都山科支部所属)の「ふれあいギャラリー」写真展(写真油絵)が展示されていて鑑賞。

高谷さんの隠れた才能を見せてもらいました。
DSCF2237-11.jpg
DSCF2240-11.jpg
DSCF2232-11.jpg
DSCF2233-11.jpg
DSCF2217-11.jpg
DSCF2235-11.jpg
DSCF2218-11.jpg
DSCF2219-11.jpg
DSCF2221-11.jpg
DSCF2222-11.jpg
DSCF2223-11.jpg
DSCF2224-11.jpg
DSCF2231-11.jpg
DSCF2220-11.jpg
DSCF2234-11.jpg
DSCF2228-11.jpg
DSCF2226-11.jpg
3月13日(水)は京都府連・廣田会長、千葉副会長と共に、第5回夏休み将棋合宿(7/27~7/28)の会場として予定している「るり渓少年自然の家」へ下見に行きました。

今日は、JR山科と京都間で信号待ちの為20分ほど停車され、京都駅八条口9時の集合に少し遅れる。

9時過ぎに千葉さんの車で「るり渓少年自然の家」へ向かう。

途中、道の駅「ガレリアかめおか」で小休止。

「るり渓少年自然の家」では、係の方から館内施設のプレイホール(定員300名)、食堂、談話室、宿泊室、リーダー室、浴室、クラフト棟などを案内して頂きました。

京都駅から「るり渓少年自然の家」までは、貸切バスでは1時間30分ぐらいの距離です。

近くにはるり渓温泉や渓流歩道(るり渓遊歩道)があり景勝資源あふれる自然公園です。

千葉さん、おつかれさまでした。ありがとうございました。
DSCF2102-11.jpg
DSCF2111-11.jpg
DSCF2113-11.jpg
DSCF2114-11.jpg
DSCF2117-11.jpg
DSCF2119-11.jpg
DSCF2121-11.jpg
2月27日(水)午後より京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ出向く。

10名が受講。

最初に王将戦七番勝負第4局の結果、続いてA級順位戦最終戦(3/1)、C級1組順位戦(3/5)の話題です。

大盤講座は、折立棋道指導員と共に第4期叡王戦本戦挑戦者決定三番勝負第2局・先手・永瀬拓矢七段VS後手・菅井竜也七段の棋譜を並べて鑑賞。

188手に及ぶ大熱戦で、双方ともに「負けられない・勝ちたい」気持ちが現れており、対面将棋の醍醐味を感じました。

結果は、後手の菅井七段が勝利して1勝1敗の五分の成績とした。

なお、22日に行われた第3局では永瀬七段が勝利し、高見叡王への挑戦権を獲得!!

小休止のあと、折立棋道指導員と共に5面指し指導対局(平手・飛車落ち・二枚落ち・二枚落ち・二枚落ち)を行う。

今回は5戦5勝の成績。
1月31日(木)の9時30分から13時まで「ひと・まち交流館京都」において、日本将棋連盟京都府支部連合会理事会議及びNPO法人駒文化ネットワーク役員会の開催です。

京都府連理事会議の議題は、

1、さなる杯第44回小学生将棋名人戦京都府大会(2/3)・・・組み合わせ抽選会及び運営参加要員・役割分担、用具、指導棋士、集合時間、弁当など詳細決定

2、、第7回京都子ども将棋交流大会(2/9)・・・前日設営要員、当日運営要員、用具、指導棋士、運営スタッフ、役割分担を打合せ

3、第32回ねんりんピック紀の国わかやま2019将棋交流大会京都予選(4/28)・・・競技規定の改定を討議

4、第3回ふたば書房杯将棋大会(3/10)の開催案内

5、京都新聞将棋大会運営について

6、支部連合会長・棋道師範会議(1/20)報告

7、次回理事会議・・・2月21日(木)9時30分~「ひと・まち交流館京都」

続いて、NPO法人駒文化ネットワーク役員会の議題は、

1、第5回将棋合宿(7/27~7/28)開催について

2、京都最強戦(仮称)、将棋まつり、その他