FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9134-1.jpg
DSCF9135-11.jpg
DSCF9142-1.jpg
DSCF9143-1.jpg
DSCF9146-1.jpg
DSCF9148-1.jpg
8月22日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室」へ折立指導員と共に出向く。

12名が受講。

最初に、昨日の上海・北京子ども将棋代表団入洛観光と歓迎交流会の様子を話す。

大盤講座は、第31期竜王戦決勝トーナメント戦準決勝・先手・久保利明王将VS後手・広瀬章人八段の棋譜を並べて鑑賞。

先手、向飛車に対し、後手は居飛車穴熊。中盤で先手の「3六歩・玉のコビン」を咎めた手順が勉強になりました。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(平手~二枚落ち)を行う。

今回は5勝1敗。二枚落ちで1局が惜敗。もう1局の二枚落ちが逆転勝ち。平手、角落ち、二枚落ち、二枚落ちの4局は快勝でした。
スポンサーサイト
DSCF8601-11.jpg
DSCF8606-11.jpg
DSCF8609-11.jpg
DSCF8610-11.jpg
DSCF8613-11.jpg
DSCF8614-11.jpg
DSCF8618-11.jpg
DSCF8622-11.jpg
7月25日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室」へ折立指導員と共に出向く。

猛暑の中、12名が受講。

最初に、昨日から神戸市「中の坊瑞苑」で開催の第59期王位戦七番勝負第2局(菅井竜也王位VS豊島将之棋聖)の様子や第31期竜王戦挑戦者決定戦が4名に絞られたこと、第66期王座戦挑戦者決定戦(渡辺明棋王VS斎藤慎太郎七段)の話題。

その後、日本将棋連盟Ⅹ大塚製菓「栄養バランスで勝利に王手!」カロリーメイトのプレゼント。詰将棋問題は大盤講座終了後に解説。

大盤講座は、第31期竜王戦決勝トーナメント戦・先手・久保利明王将VS後手・増田康宏六段の棋譜を並べて鑑賞。

先手、三間飛車の華麗な捌きが見事で勉強になりました。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(平手~二枚落ち)を行う。

今回は、二枚落ちで1局が完敗。もう1局の二枚落ちが惜敗。平手、飛落ち、飛香落ち、二枚落ちの4局は快勝でした。
DSCF8517-11.jpg
DSCF8519-11.jpg
DSCF8521-11.jpg
7月15日(日)午後からは、京都新聞文化ホールへ出向く。

「第4回夏休み将棋合宿in中川打合せ」と「アマ名人戦京都府予選に出場している山科支部会員の対局観戦」です。

夏休み将棋合宿in中川は、おかげさまで大好評で、締め切り前に定員の100名になり締め切りました。

今回より将棋会場を「京都北山杉の里総合センター」において行うなど、改善を図る内容を確認。

また、大学将棋部の若い力のお手伝いを頂き、子ども達への対応に万全を期する所存。

合間には、アマ名人戦の対局観戦。久しぶりに30秒の秒読みが続く緊迫した対戦に、切れ負けにはない「将棋のよさ」を感じました。
DSC_0049.jpg
DSCF8419-11.jpg
DSCF8420-11.jpg
DSCF8421-11.jpg
DSCF8422-11.jpg
DSCF8427-11.jpg
7月3日(火)17時より、門川大作京都市長と共汗する「子都(こと)」の会平成30年度第1回役員会に出席のため、京都ホテルオークラに出向く。

平成30年度「子都(こと)」の会総会・懇親会の日程、今年度の事業計画などの議題。

役員会終了後は、「子都(こと)」の会総会・懇親会(11/12)での試食会、懇談会です。

公務ご多忙のなか、門川市長がお越しになり、加入団体の最初に、将棋連盟京都府連として、5月12日の羽生善治永世七冠達成・国民栄誉賞記念イベントについて関係団体のご支援を頂き、成功のうちに終了したことを報告。

さらに、夏休み将棋合宿in中川(7/28-29)、天神さん子ども将棋交流大会(8/11)のPRに努めました。

懇談の合間に、シェフの説明を聞きながらの試食会は、美味しくいただきました。

それと、思いもかけず門川市長より羽生さんに贈られたものと同じ、王冠「マグネット羽織紐」を頂戴しました。
DSCF8334-11.jpg
DSCF8336-11.jpg
DSCF8341-11.jpg
DSCF8346-11.jpg
DSCF8353-11.jpg
DSCF8360-11.jpg
DSCF8363-11.jpg
DSCF8367-11.jpg
6月27日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室」へ出向き、折立指導員と合流。

13名が受講。

最初に、藤井聡太七段の竜王戦決勝トーナメント戦、今後の対局予定などを話す。

大盤講座は、第31期竜王戦決勝トーナメント戦・先手・都成竜馬五段VS後手・藤井聡太七段の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は、双方とも雁木模様に出だしから変化。

中盤での後手の落ち着いた指し回しが印象的で、先手がたまらず攻める展開。

終盤では後手がギリギリまで駒を蓄え、一番弱い端を効率よく攻めて先手を投了に追い込んだ一局。

自然に勝っているところがすごいです。

続いて、第8期リコー杯女流王座戦・先手・中澤沙那女流初段VS後手・藤井奈々女流3級の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は先手が居飛車に対し後手はゴキゲン中飛車。

中盤で後手が「3四角」打ちに勝負をかける。

千日手模様になるも先手が解消。

終盤では後手が攻めを繋いで先手玉に迫る。

先手の「5三角」の反撃に「4二金」が先手の望みを打ち砕いた素晴らしい手で先手を投了に追い込んだ。

藤井奈々女流3級が勝利し待望の2級に昇級した一局。

最後に、折立指導員による「序盤での指し方」のワンポイントレッスン。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(飛車落ち~二枚落ち)を行う。

今回は、前回二枚落ちで完敗した高橋さんにリベンジし二枚落ちで快勝。6局とも勝利。