FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7060-12.jpg
DSCF7065-12.jpg
DSCF7062-12.jpg
DSCF7069-12.jpg
DSCF7071-12.jpg
DSCF7074-12.jpg
DSCF7075-12.jpg
DSCF7076-12.jpg
DSCF7078-12.jpg
8月28日(水)午後より京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ折立さんと出向く。

最初に、昨日から本日にかけて行われている王位戦七番勝負第5局(豊島王位VS木村九段)の話題。

大盤講座は折立先生と共に、第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局、先手・豊島将之名人VS後手・木村一基九段の棋譜を並べて解説。

序盤、相掛かりの戦型から先手が先攻。

中盤では先手が研究の範囲か、指しやすい形勢。

終盤で後手の「7九飛」の王手に対し先手が「6九角」と合い駒。ここから形勢が混沌。

最後は後手の手堅い「6四金」が奏功し、逆転勝利!!

対戦成績を1勝1敗としました。

第3局が大一番で楽しみです。

続いて、寄せの手筋4問を出題し解説。

小休止のあと、折立先生と共に6面指し指導対局(平手・平手・角落ち・角落ち・二枚落ち・六枚落ち)を行う。

今回は6戦、4勝1敗1分けの成績。
スポンサーサイト



DSCF6513-12.jpg
DSCF6515-12.jpg
DSCF6519-12.jpg
DSCF6523-12.jpg
DSCF6524-12.jpg
DSCF6528-12.jpg
DSCF6521-12.jpg
7月24日(水)午後より京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ折立さんと出向く。

壁前館長が見学に来られ、お元気な姿を見せていただきました。

最初に昨日行われた竜王戦決勝トーナメント戦(先手・藤井聡太七段VS後手・豊島将之二冠)の大一番の話題。

終盤は双方秒読みでの寄せ合いとなり、まさに迫力のある「指運」勝負!!

藤井聡太七段にとっては珍しく逆転負け。捲土重来を期してほしいです。

続いて、第32期竜王戦第2局(10/23~24)が京都市右京区御室「仁和寺(世界遺産)」で開催決定!!したことを話す。

大盤講座は折立先生と共に、第13回朝日杯将棋オープン戦一次予選、先手・里見香奈女流五冠VS後手・畠山鎮七段の棋譜を並べて解説。

先手はゴキゲン中飛車から美濃囲い、後手は居飛車左美濃の戦型。

その後、先手振り飛車の捌きが冴え主導権を握る展開。

里見香奈女流五冠が見事に金星を射止め勝利!!

随所に学ぶところが多くあり振り飛車党には勉強になった教材。

続いて、寄せの手筋2問、詰将棋問題を2問出題。

小休止のあと、折立先生と共に4面指し指導対局(平手・角落ち・角落ち・二枚落ち)を行う。

今回も4戦、3勝1敗の成績。
DSCF6156-12.jpg
DSCF6154-12.jpg
DSCF6159-12.jpg
DSCF6160-12.jpg
DSCF6164-12.jpg
DSCF6166-12.jpg
DSCF6169-12.jpg
DSCF6170-12.jpg
DSCF6171-12.jpg
6月26日(水)午後より京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ出向く。

今日は午前中に別の用事があったので、折立先生とは別行動です。

最初に、日本将棋連盟の通常総会での話題。

新役員選任(任期は2年)・順位戦制度の変更・新将棋会館についての3点をお話しました。

その後は、昨日行われた王座戦挑戦者決定戦・決勝トーナメント(豊島三冠VS渡辺二冠)、28日の竜王戦決勝トーナメント(藤井聡太七段VS近藤誠也六段)、29日の棋聖戦五番勝負第3局(豊島棋聖VS渡辺二冠)の話題。

大盤講座は折立先生と共に、第90期棋聖戦五番勝負第2局・先手・豊島将之棋聖VS後手・渡辺明二冠)の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は角換わり腰掛け銀の展開。

後手の新手「5五銀」から中盤に突入し後手が主導権を握る展開。

終盤で後手に緩手が出ましたが、最後は華麗な「8五飛」のピッタリした詰みの局面で先手が投了。

これで五番勝負のシリーズは1勝1敗の五分。29日の第3局が大一番です。

その後、5手詰め詰将棋問題を2問出題。

小休止のあと、折立先生と共に4面指し指導対局(平手・角落ち・角落ち・二枚落ち)を行う。

今回は4戦、3勝1敗の成績。
DSCF4044-11.jpg
DSCF4046-11.jpg
DSCF4050-11.jpg
DSCF4051-11.jpg
DSCF4055-11.jpg
DSCF4057-11.jpg
DSCF4058-11.jpg
DSCF4061-11.jpg
5月22日(水)午後より折立先生と共に京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ出向く。

今日の受講者は9名。

最初に第77期名人戦第4局(豊島将之二冠VS佐藤天彦名人)及び第90期棋聖戦第1局(豊島将之三冠VS渡辺明二冠)の話題。

大盤講座は折立先生と共に、第77期名人戦・先手・豊島将之二冠VS後手・佐藤天彦名人)第4局の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は角換わり腰掛け銀の展開。

先手の「4五歩」の仕掛けから中盤に突入。

終盤の局面で、先手が「8八玉」と相手に手を渡した指し手と「1五飛」と銀取りに浮いた手が印象に残りました。

先手「2五飛」の銀取りが決め手となり、後手に粘りを与ず寄せ切った一局。

豊島二冠がシリーズ4連勝で名人を奪取!!

その後、5手詰め詰将棋問題を2問出題。

小休止のあと、折立先生と共に4~5面指し指導対局(平手・飛車落ち・角落ち・二枚落ち)を行う。

今回は5戦4勝1敗の成績。

DSCF3324-11.jpg
DSCF3331-11.jpg
DSCF3334-11.jpg
DSCF3325-11.jpg
DSCF3338-11.jpg
DSCF3343-11.jpg
DSCF3346-11.jpg
4月24日(水)午後より折立先生と共に京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ出向く。

今日の受講者は9名。

最初に昨日行われた第77期名人戦(豊島将之二冠VS佐藤天彦名人)第2局の話題。

大盤講座は折立先生と共に、第77期名人戦・先手・豊島将之二冠VS後手・佐藤天彦名人)第1局の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は横歩取りから後手の注文で飛角交換の展開。

中盤では後手が龍を作り「2六歩」と垂らし先手の攻めを催促。

終盤は先手の「6五桂」からの攻めが奏功。

「5五銀」が決め手となり、後手に粘りを与ず寄せ切った一局。

その後、5手詰め詰将棋問題を4問出題。

小休止のあと、折立先生と共に4~5面指し指導対局(平手・飛車落ち・二枚落ち)を行う。

今回は5戦5勝の成績。

駒の損得に敏感になってもらいたいと感じました。