巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7820-11.jpg
DSCF7824-11.jpg
DSCF7826-11.jpg
DSCF7828-11.jpg
DSCF7829-11.jpg
DSCF7834-11.jpg
5月23日(水)午後より折立指導員と共に「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。

12名が受講。

最初に12日(土)にグランドプリンスホテル京都「プリンスホール」で開催の羽生善治永世七冠達成・国民栄誉賞受章記念特別講演会「決断力を磨く」の中での話。

決断力は「直感」「読み」「大局観」の3つ。若い時と年を取ってからとはそれぞれの比率が変わってくるとの内容が印象に残った。

その後の北野天満宮での子ども向け講演会の様子を話し、最後の門川市長との対談は京都新聞の「京都大好きトーク」の記事に6月中旬の予定で掲載されことを伝えました。

大盤講座は、第59期王位戦挑戦者決定リーグ紅組・先手・羽生善治竜王VS後手・松尾歩八段の棋譜を並べて鑑賞。

角換わりの戦形から、お互いに踏み込みの良い指し手が続き、55手の短手数ながら見ごたえのある将棋でした。

先手の「5三香成」~「8三角」の寄せは素晴らしかったです。

続いて、第31期竜王戦5組ランキング戦・先手・船江恒平六段VS後手・藤井聡太六段の棋譜を並べて鑑賞。

先手の角換わり棒銀を後手がうまく対応。一気に攻めずに駒得を活かし「溜めた指し方」が印象に残りました。包囲網が出来てからの寄せで先手を投了に追い込みました。この一番で藤井聡太六段は七段昇段。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(角落ち~二枚落ち)を行う。

高橋さんに堅実な将棋を指され二枚落ちで完敗。他のみなさんもうまく指されて、上手の負け将棋が多かったですが、終盤で逆転し、なんとか5勝1敗の成績でした。

スポンサーサイト
4月27日(金)午前中は北野天満宮・文道会館において、5月12日(土)午後からの「羽生永世七冠のお話を聞く会」のスケジュール、動線、会場レイアウトなどを確認の為、北野天満宮、京都市、京都市児童館学童連盟、将棋連盟京都府連のメンバー8名が集まり打合せを行った。京都の「よさ」を羽生永世七冠に体験していただく「おもてなし」に心掛けたいです。
4月26日(木)午前中は、「ひと・まち交流館京都」において、日本将棋連盟京都府連の理事会議を開催。
議題 
1、第31回・ねんりんピック富山2018将棋交流大会(京都府・京都市)京都予選大会の組合せ抽選および、開催当日の4月29日(日)における「ひと・まち交流館京都」3階・第4会議室での役割分担。
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。原則として予選リーグの初戦は、同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮した。参加人数・京都市 20名、京都府 16名、計36名
・選手代表(府、市、各1名)事務連絡費5,000円を支給。予選リーグ3局目はシャッフル方式。
・大将軍支部・・盤・駒20、対局時計20(25分切負け設定)、謝礼、名札、参加賞(お茶48)、弁当12
・山科支部・・・賞状8、赤バラ、マグネット、受付表示、代表選手参加申込書
・城南支部・筆記具、進行表、予選リーグ・決勝トーナメント組合表、対戦表、抽選カード、指導対局申込表
・大会役員は午前8時30分に、ひと・まち交流館京都に集合して準備する。
・当日の役割<会場準備>小野、廣田、千葉、折立、廣澤、田中、水野、銭本 <受付>吉村、吉田 
<司会>廣澤 <開会挨拶>小野、廣田 <競技規定>千葉 <賞状書士>吉田
・審判・指導対局…西田拓也四段  <京都府>吉村、折立、吉田 <京都市>廣澤、田中、銭本 
   
2、第31回アマチュア竜王戦京都府予選大会の組合せ抽選、開催当日(5月6日)における「ひと・まち交流館京都」3階・第4・5会議室での役割分担について。 
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。予選リーグ戦(シャッフル方式を採用)初戦は、同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮した。参加人数・64名
なお4月22日(日)舞鶴中総合会館で開催されたアマ竜王戦京都北部地区予選大会(23名参加)代表選手2名( 山口則夫、江上裕一)を京都府大会決勝トーナメント戦にシード。京都府北部地区予選を含む総参加人数・・・87名
・大将軍支部・・盤・駒30、対局時計20、謝礼、運営役員日当、弁当11、北部地区代表選手交通費、名札
・山科支部・・・盤・駒10、対局時計20、賞状5、参加賞(扇子)、赤バラ、マグネット
・城南支部・筆記具、進行表、予選リーグ・決勝トーナメント組合表、対戦表、抽選カード、指導対局申込表
・審判・指導対局…西田拓也四段 ・運営役員は、午前8時30分に「ひと・まち交流館京都」に集合。
・当日の役割・<会場準備>小野、廣田、千葉、折立、廣澤、吉村、田中 <受付>水野、吉田
<司会>廣澤 <開会挨拶>小野、廣田 <競技規定>千葉 <賞状書士>吉田

3、開催報告ほか
親子ふれあい将棋大会 4月15日(日)参加者・30組(60名)、会場…京都信用金庫 西陣支店
第76期名人戦第2局2日目、4月20日(金)全国一斉大盤解説会(桐山清澄九段)、島津アリーナ
羽生永世七冠に会おう「天神さん将棋大会」4月22日(日)参加者・78名(Aクラス19、Bクラス59)
上海将棋交流(3/30~4/2)京都府訪中団14名、上海・北京訪日団(30名)・8/21(火)18時~「彩宴」予定

4、理事会議日程   6月7日(木)9時30分~12時 「ひと・まち交流館京都」2階交流コーナー会議室
  文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会組み合わせ抽選、6月9日(土)の役割分担ほか
DSCF7187-11.jpg
DSCF7193-11.jpg
DSCF7202-11.jpg
DSCF7204-11.jpg
DSCF7207-11.jpg
4月25日(水)午後より折立指導員と共に「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。

14名(うち見学1名)が受講。

最初に新年度に当たり、4月より新任された京都市みぶ身体障害者福祉会館の池田館長よりご挨拶。

その後、将棋界の話題。

大盤講座は、第76期名人戦七番勝負第2局・先手・佐藤天彦名人VS後手・羽生善治竜王の棋譜を並べて鑑賞。

「7五歩」「6五歩」「7六歩」のあと「6四歩」「7七歩成」「6三歩成」「7八と」「6四角」と一直線に踏み込めば、どうなったかが興味がありました。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(飛車落ち~二枚落ち)を行う。

高橋さんに二枚落ちでうまく指され、4勝1敗1分けの成績。

今回、新任の池田館長とお話をして感じたことは、将棋の情報に詳しく、将棋普及にご理解があり、ありがたかったです。

今後ともよろしくお願い致します。
CIMG0252_20180419202741a1e.jpg
DSCF7147-11.jpg
DSCF7146.jpg
4月19日(木)昼前より「向日町囲碁将棋クラブ」へ出向く。兼ねてより日本将棋連盟京都支部に入会の相談を受けていたので、必要書類を持参し説明してきました。

4月27日・28日・29日・30日のプレオープンおよび5月1日のオープンに向けて、内装などの準備をされているところでした。

囲碁五段の清水三雄さん(ペタンク京都代表)とは、宮城県多賀城市で開催の「ねんりんピック宮城・仙台2012」において、新幹線の中で将棋(二枚落ち)を指した間柄です。それから将棋を続けて棋力向上を目指されているが、囲碁と勝手が違うようです。

今回、将棋に力を注ぎたいとのことで、支部入会を希望されています。

場所は、向日市寺戸町辰巳22-1 BNコート洛西3F (向陽幼稚園横・・・阪急東向日駅徒歩7分)
電話(FAX) 075-931-5477

営業時間は、午後1時~午後7時
定休日・・・毎週火曜日
ファミリー教室・・・毎週土曜日・午前10時~12時(予約制)

向日町囲碁将棋クラブ代表・・・木村くみ子
日本棋院向日支部支部長・・・清水三雄

帰りに、JR山科駅前2階にある「ふたば書房」の将棋書籍コーナーを見にいきました。将棋・囲碁コーナーとなっており、将棋書籍が目立つ配置になっていて、将棋に力を入れて頂いていることが、うれしかったです。