FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7364-12.jpg
DSCF7357-12.jpg
DSCF7317-12.jpg
DSCF7325-12.jpg
DSCF7330-12.jpg
DSCF7329-12.jpg
DSCF7331-12.jpg
DSCF7332-12.jpg
DSCF7339-12.jpg
DSCF7349-12.jpg
DSC_0180-12.jpg
DSC_0182-12.jpg
DSCF7367-12.jpg
DSCF7358-12.jpg
DSCF7315-12.jpg
DSCF7316-12.jpg
9月15日(日)は、第32期竜王戦七番勝負第2局(10/23~24)に先駆けて、世界遺産・真言宗御室派総本山 仁和寺「御室会館2階大広間」において「こども竜王戦in京都」が開催。

主催・・・NPO法人駒文化ネットワーク
 
主管・・・日本将棋連盟京都府支部連合会

4クラス(中学生・小学高学年・小学低学年・超初心者小学生以下)に分かれてのスイス方式での対局。

参加者は京都以外の遠路からのご参加が多くあり、選手・保護者合わせて約300名。

会場は満席で熱気に溢れていました。

京都山科支部からは、小学高学年の部で平井湧真君が三位入賞を果たしました。

付き添いの保護者の方々には、仁和寺さんのご厚意で「こども竜王戦特別拝観券」をご用意頂き、境内拝観が出来ました。

ご参加頂いた保護者の方々、ご来賓の仁和寺様、読売新聞様、京都信用金庫様、森信雄七段、中尾修七段、野間俊克六段、運営関係者の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト



DSCF7180-12.jpg
DSCF7168-12.jpg
DSCF7169-12.jpg
DSCF7177-12.jpg
DSCF7170-12.jpg
DSCF7175-12.jpg
9月1日(日)午後からは、やましなこども将棋スクール終了後、阪田先生を誘い、第11回フォーラム「挑戦する私学」の教育講演会に行ってきました。

会場は、京都・岡崎公園「みやこめっせ」(京都市勧業館)3階展示場。

主催は、京都府私学中学高等学校連合会。

講師は、藤井聡太七段の師匠の杉本昌隆八段です。

演題は、勝負の世界における「人を育てる」ということ
~「天才」と評される弟子(藤井七段)を持って~

会場には開会(13時30分)の10分前に到着。

将棋関係者には通知されてなかったようで、顔見知りの方は見かけませんでした。

来賓として門川大作京都市長と京都府知事の代理の方が挨拶。

14時から15時30分が教育講演

「棋は対話なり」、藤井七段の主な記録(公式戦29連勝・・・14歳、通算100対局の最年少記録達成・・・16歳・85勝15敗、朝日杯将棋選手権2年連続優勝)

現役棋士約160人、最年長・・・桐山九段・71歳、最年少・・・藤井七段17歳などの話から始まる。

続いて、聡太少年時代、共同研究での話。

実際に現れそうな局面を繰り返し研究。危ないところを通り過ぎた直後が最も危険。

感想戦では上下関係はない。意見を出しやすい雰囲気つくりが大切。

弟子に自信をつけさせるには、あえて弟子に頼ってみる。

強くなる条件・・・①負けず嫌いであること、②切り替えが早いこと、③孤独に強いこと

指導者としての立場・・・①教えすぎないこと、②気付きを与えること、③結果を求めないこと(いい内容を求める)

ヤル気を出させるには、個性を評価すること・・・人と同じ発想をしないから優秀な結果を残せる、めんどうくさがらない

藤井七段は自分の将棋に信念を持っており素直でない(指し手に自分の主張がある)などが印象に残りました。

講演終了後、会場で一緒になった山科支部の吉岡さんと3名で向かいにあるスターバックスで休憩。

王将戦二次予選決勝(先手・藤井七段VS後手・谷川九段)の棋譜を並べて楽しいひと時を過ごしました。
FullSizeRender.jpg
DSCF6529-12.jpg
DSCF6534-12.jpg
DSCF6541-12.jpg
DSCF6542-12.jpg
DSCF6546-12.jpg
DSCF6552-12.jpg
DSCF6554-12.jpg
DSCF6558-12.jpg
DSCF6563-12.jpg
DSCF6565-12.jpg
DSCF6567-12.jpg
DSCF6570-12.jpg
DSCF6577-12.jpg
DSCF6578-12.jpg
DSCF6580-12.jpg
DSCF6583-12.jpg
DSCF6584-12.jpg
DSCF6585-12.jpg
DSCF6589-12.jpg
7月27日~28日の1泊2日で恒例となった「第5回夏休み将棋合宿inるり渓」が開催。

主催は「日本将棋連盟京都府支部連合会」、「NPO法人駒文化ネットワーク」。

来賓として、在田京都市教育長にお越し頂きました。

今回はプロ棋士5名(森信雄七段、安用寺孝功六段、野間俊克六段、西田拓也四段、来海孝之初段)、運営役員等を含め150名の参加。

京都駅八条口アバンティ前から貸切バス3台でるり渓へ出発。「るり渓少年自然の家」が会場です。

保護者向け将棋講座、指導対局、クラス別将棋交流大会など、将棋に親しむとともに、ヨガ教室、るり渓温泉入浴など、楽しい時間を満喫。

今回は初めての会場で反省点もいろいろありましたが、特に保護者の皆様にお力添えを頂けたことが、ありがたく思っております。

運営役員として次回の開催には活かしていきたいと思います。

こども達および付き添いの保護者の方々に取っても、夏休みのいい思い出になったことと存じます。

参加頂いた子ども達・保護者の皆様、プロ棋士の先生方、ご来賓の在田教育長、京都府連運営役員・スタッフの方々、ありがとうございました。
DSCF6387-12.jpg
DSCF6390-12.jpg
DSCF6393-12.jpg
DSCF6400-12.jpg
DSCF6401-12.jpg
DSCF6402-12.jpg
DSCF6405-12.jpg
DSCF6404-12.jpg
DSCF6403-12.jpg
7月14日(日)午後から京都新聞文化ホールへ出向く。

アマ将棋名人戦京都府選手権大会と初段・二段検定免状獲得戦の観戦および応援です。

合間には森信雄七段、中尾修七段とお話をすることも出来ました。

アマ名人戦では千日手が2局もあり大熱戦も、一方では切れ負けもありました、

今大会の「20分切れ負けルール」は、盤面の勝負と時計との勝負があり、対局者は大変に厳しいと感じました。

運営面では終了時間が読めず大変ですが、本年より京都府連主催の将棋大会は、参加者の立場に立った「15分切れたら30秒の秒読み」のルールに改定。

盤面勝負に専念できる環境が参加者に好評です。
65570721_894734077553316_233850811669544960_n.jpg
65595239_444003569769637_2833397694767038464_n.jpg
65318405_1223271721188046_6140678110762237952_n.jpg
DSC_0058-12.jpg
DSC_0057-12.jpg
DSC_0063-12.jpg
64600813_368641633792537_1276191163400847360_n.jpg
62241064_341069263494872_332171482182451200_n.jpg
DSC_0061-12.jpg
66083999_484973535603927_1630887859265208320_n.jpg
6月30日(日)は、将棋教室来てもらっている山下さんのお誘いで、ご自身が主管されている「第13回やま研」に参加の為、久しぶりに奈良まで行ってきました。

駅前では今日の講師・久保利明九段と出会い、道すがらお話をさせて頂きました。

会場の山下さんのお宅には32名が参加。

指導対局+4クラス分けリーグ戦の8局指し(20分切れ負けルール)で高齢者には厳しい状況でした。

それよりも驚いたのが、ご自宅全体が「将棋の家」になっていたことです。

いろいろな将棋盤駒セット、本屋さんもびっくりするぐらいの将棋書籍、唯ちゃん・翠ちゃんの置き駒など、山下さんの将棋に対する情熱がヒシヒシと伝わってきて素晴らしいと感じました。奥様に感謝ですね。

18時前に終了し帰路につきましたが、山科では大雨に遭遇しました。

久保九段、山下さん、参加された皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。