巖ちゃんの日々是将棋

DSCF2405.jpg
DSCF2311.jpg
DSCF2309.jpg
DSCF2316.jpg
DSCF2323.jpg
DSCF2326.jpg
DSCF2329.jpg
DSCF2332.jpg
DSCF2336.jpg
DSCF2342.jpg
DSCF2348.jpg
DSCF2352.jpg
DSCF2354.jpg
DSCF2355.jpg
DSCF2358.jpg
DSCF2362.jpg
DSCF2368.jpg
DSCF2370.jpg
DSCF2372.jpg
DSCF2374.jpg
DSCF2376.jpg
DSCF2377-1.jpg
DSCF2378.jpg
DSCF2381.jpg
DSCF2383.jpg
DSCF2387.jpg
DSCF2390.jpg
DSCF2392.jpg
DSCF2394.jpg
DSCF2396-1.jpg
DSCF2404.jpg
7月1日(土)は、井上慶太九段、船江恒平六段、藤井奈々女流3級にお越しいただき、第6回大宅三世代交流将棋教室を「おおやけこども園」3階ホールにおいて開催しました。こども60名を含み、総参加者数は100名を超える盛大なイベントでした。

10時に開会、司会はユーモアセンスに長けていると好評の京都府連副会長・廣田長己棋道指導員にお願いしました。

最初に主催者、社会福祉法人・おおやけこども園、大宅児童館・山手重信理事長の挨拶。

続きまして、本日出演のプロ棋士3名の紹介及び挨拶。その後、小野棋道師範挨拶、来賓紹介です。

イベントの最初は、井上慶太九段、船江恒平六段による「トークショー」。小野が皆様を代表して「聞き手」を担当。

質問の内容は「強くなる秘訣は・将棋の勉強法・NHK将棋講座の反響は・将棋との出会い・プロを目指したキッカケ(どういうご縁があったのか)」などをお聞きしました。

最後に、ぜひお聞きしたいことがあればと言ったところ、保護者の方より、師弟での対戦成績は?、師匠に勝つことで恩返しと言われていますが、本音は?などの鋭い質問や、小3の永美君より「振り飛車を指すにはどの筋に振るのがいいのですか」の素晴らしい質問があり、座が和みました。

次は、船江恒平六段、藤井奈々女流3級による「将棋入門初級教室」を大盤を使い、楽しく解説をしていただきました。

11時からは、お待ちかねのプロ棋士による5面指し指導対局。47名の子ども達が指導を受けました。

並行して、三世代交流将棋教室を開催し「将棋のよさ」実感してもらいました。

今回も京都山科支部からは、折立冨美男副支部長、阪田進幹事長、寺村功二幹事、森脇正寛幹事、野々村正造幹事、宮内英价相談役、の6名が運営サポート及びこどもたちの指導・三世代交流のサポートを務めました。
また、大宅こども将棋教室の福山勝彦先生にも、こどもたちの指導に当たっていただきました。

12時40分からは、お楽しみ抽選会です。18名のこどもたちに当たる賞品(将棋書籍(将棋から学んできたこと・羽生善治)…5冊、詰将棋…5冊、扇子…6本、署名色紙…2)を用意しました。

抽選会終了後、井上九段より本日の総括。その後、記念撮影。13時に閉会。

教室終了後は、14時まで12名による昼食懇親会です。藤井聡太四段の話題や夏休み将棋合宿in中川、大政奉還150周年記念将棋イベントなど、将棋関連の話で盛り上がりました。

山手理事長には日頃より子育て支援の一環として、将棋を通じた三世代交流の「よさ」をご理解、ご支援いただき、このように盛大に開催出来ましたことを感謝し、心より御礼申し上げます。
これからも本教室が、益々発展して、来年、再来年と継続できることを願っております。

井上九段、船江六段、藤井女流3級をはじめ来賓の皆様、司会を担当していただきました廣田さん、本日お世話になった京都山科支部関係者の皆様、保護者の皆様、おつかれさまでした。ありがとうございました。
スポンサーサイト
DSCF2305.jpg
DSCF2304.jpg
DSCF2302.jpg
6月30日(金)夕方からは、明日開催の「第6回大宅三世代交流将棋教室」会場準備のため、おおやけこども園に出向く。
いつもながら、将棋普及活動にご理解、ご支援を頂いております主催者の「社会福祉法人大宅福祉会」おおやけこども園・大宅児童館の山手重信理事長に感謝申し上げます。
「備えあれば患いなし」これで準備万端、整いました。90名が参加予定、楽しみにしています。

なお、お時間の都合がついて参加できる場合は、090-1815-6018(携帯)小野まで、ご連絡願います。
出演プロ棋士は、井上慶太九段、船江恒平六段、藤井奈々女流3級。
時間は、10時~13時。参加費は無料です。
DSCF1648.jpg
DSCF1613.jpg
DSCF1619.jpg
DSCF1631.jpg
DSCF1643.jpg
DSCF1646.jpg
DSCF1649.jpg
DSCF1650.jpg
DSCF1690-1.jpg
DSCF1674-1.jpg
DSCF1675-1.jpg
DSCF1658.jpg
DSCF1660.jpg
DSCF1663-1.jpg
DSCF1666-1.jpg
DSCF1667.jpg
DSCF1672-1.jpg
DSCF1680.jpg
DSCF1687.jpg
DSCF1689.jpg
DSCF1696.jpg
6月18日(日)は「第19回佐藤康光杯争奪将棋大会」の開催会場「八幡市文化センター」へ出向く。

今回の目的は、春の叙勲で紫綬褒章を受賞された佐藤康光会長に、日本将棋連盟京都府支部連合会として、サプライズで御祝をさせていただくためです。

佐藤康光会長には、10年前に京都府連へ対局時計を50台寄贈頂いた御恩があります。対局時計には「佐藤康光二冠寄贈」の銘鈑貼り付け管理しており、本日の対局で使用して頂いております。

もう一つの目的は、「天神さん子ども将棋交流大会」と、大政奉還150周年記念「プロ棋士と巡る・幕末維新と将棋ゆかりの地を訪ねて」バスツアーのPRです。

北野天満宮、京都市大政奉還150周年記念プロジェクト京都市運営委員会、JTB西日本、日本将棋連盟京都府連の4団体が打ち合せ調整して出来上がった新企画です。

京都をはじめ、21の参画都市(会津若松、長州、土佐、薩摩など)に呼びかけ、盛上げていきたいと思っておりますので、みなさま方の積極的な参加をお待ちしております。

対局開始後、将棋会場を後にして、京阪八幡駅まで向かう。
時間があったので、久しぶりに男山ケーブルに乗り、国宝・石清水八幡宮に参拝。心が洗われ、いい気分転換になりました。
DSCF1483.jpg
DSCF1485.jpg
DSCF1486.jpg
DSCF1488-1.jpg
DSCF1490.jpg
DSCF1491.jpg
DSCF1496.jpg
DSCF1497.jpg
DSCF1498-1.jpg
DSCF1502.jpg
DSCF1508-1.jpg
DSCF1510.jpg
DSCF1516.jpg
DSCF1518.jpg
DSCF1520-1.jpg
DSCF1521.jpg
DSCF1525.jpg
DSCF1530-1.jpg
DSCF1540.jpg
DSCF1542.jpg
DSCF1544.jpg
DSCF1545-1.jpg
DSCF1546-1.jpg
DSCF1547.jpg
6月11日(日)は、ひと・まち交流館京都において「文部科学大臣杯第13回小・中学校将棋団体戦京都府大会」を開催しました。参加チームは、小学校…24チーム、中学校…21チーム、計…45チーム(135名)。

9時30分より、主催者開会挨拶。続いて、プロ棋士(野間俊克六段・星野良生四段)及び運営役員の紹介。最後に、競技規定、ルール説明です。

対局のトラブルを避ける為、運営役員が見回り、終局後は対局テーブルから速やかに離れること。引率者、保護者の方にもマナーを守るように呼びかけ、トラブル防止に努めました。

予選リーグ1回戦を一斉に開始。対局ルールは、予選リーグ戦・決勝トーナメント戦とも持ち時間は各20分切れ負け。但し、準決勝・決勝戦の持ち時間は各15分、切れたら以後一手30秒の秒読みとしました。

予選リーグ3回戦はシャッフル方式。2勝通過、2敗失格です。

2回戦が終了し予選リーグ戦敗退チームを優先して指導対局の受付を行い、それぞれ5面指しでの指導対局をお願いしました。

午後1時からは、決勝トーナメント戦です。特に、準決勝は西日本大会出場の代表権をかけて熱気ムンムンの中で大熱戦が展開されました。

それと並行して、指導対局も引き続き行い、60名のこどもたちが指導対局を受けました。

表彰式のあとは、記念写真、閉会です。

おかげさまで、トラブルもなく予定より早めに終了出来ました。野間六段、星野四段、運営役員の皆様、引率の先生・保護者の皆様、おつかれさまでした。ありがとうございました。

結果は
<小学校>
優勝・・・「洛南高等学校附属小学校A」(菊池浩嗣、井上翼、吉沢志晃)・・・西日本大会への代表権獲得(4年連続優勝)
準優勝・・「京都市立樫原小学校」(勝野寛陽、勝野友康、岩合優和)・・・西日本大会への代表権獲得
三位・・・「ノートルダム小学校A」(明田涼、明田潤平、新江諒典)・「京都市立陵ヶ岡小学校A」(大岡慶乃、小川永瑚、小川友瑚)

<中学校>
優勝・・・「洛南高等学校附属中学校A」(清水皓仁、山本尚輝、野洌康一郎)・・・・・西日本大会への代表権獲得
準優勝・・「洛北高等学校附属中学校」(嶽盛蒼太、谷口晶星、高見堂朋大)・・・ 西日本大会への代表権獲得
三位・・・「長岡京市立長岡第三中学校」(畑山雅陽、志摩樹、榎本健)・「宇治市立西宇治中学校A」(森重歩武、雁瀬一慶、衣川昴成)となりました。

代表権を獲得されたチームは、7月25日(火)にホテルモントレ大阪で開催される西日本大会に出場します。
京都府代表として活躍を期待しています。
5月21日(日)京都新聞文化ホールで開催された「第46回京都少年王将戦」に出場した京都山科支部会員の朗報!!
中学生の部・準優勝・・・井上駿君
小学生・高学年の部・準優勝・・・中祢暢瞭君、三位・・・井上翼君
小学生・低学年の部・準優勝・・・木村晴悠君

よく頑張りました。なお、中祢暢瞭君、木村晴悠君の2名は、第16回全国小学生・倉敷王将戦への出場資格が得られます。全国大会での活躍を応援しております。