巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3392.jpg
DSCF3398-1.jpg
DSCF3400.jpg
9月19日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座です。

最初に、第65期王座戦五番勝負第2局(羽生善治王座vs中村太地六段・挑戦者)が、本日「ウェスティンホテル大阪」で開催される話題です。

大盤講座は阪田指導員と共に、先手・廣田さんVS後手・田中重雄さんの棋譜を並べて解説。

一局の将棋には必ずチャンスが巡ってくることが実証された内容でした。

その後、5手詰め詰将棋を2問出題。

講座終了後、初めての将棋教室は「八枚落ち定跡」を解説。その後、2面指しで八枚落ち指導対局を行う。

数の攻めと上手王の捕まえ方(王は下段に落とせ・王は包むように寄せよ)を学んでもらいたいです。

阪田指導員は卒業生の実戦指導です。
スポンサーサイト
DSCF3333.jpg
DSCF3335-1.jpg
DSCF3336.jpg
DSCF3338.jpg
DSCF3344.jpg
DSCF3347.jpg
DSCF3349.jpg
DSCF3353-1.jpg
DSCF3354.jpg
DSCF3358.jpg
DSCF3361.jpg
DSCF3362-1.jpg
DSCF3368.jpg
DSCF3374.jpg
DSCF3375.jpg
DSCF3378.jpg
DSCF3379.jpg
DSCF3387.jpg
9月18日(月・祝)9時より17時まで、東部文化会館において、日本将棋連盟・京都山科支部第22回将棋交流大会を開催。

参加人数は過去最高の75名。椅子の数が足りず苦肉の策として、A級、B級共に4人一組の予選リーグ戦において、3人枠(1人・不戦勝)を多く作りなんとか乗り切りましたが、運営役員席の椅子が無くなり、たいへんでした。

最初に、支部会員増加に伴いB級に参加の人数が増加した為、昼食休憩までに予選リーグ戦3局と決勝トーナメント1回戦を行うことを話し進行協力をお願いしました。

次に京都新聞将棋フェス2017のイベント案内。
続いて、本日お越しいただいた中村亮介六段、藤井奈々女流3級をご紹介し、ご挨拶を頂きました。

その後、将棋交流大会ルール説明を折立冨美男副支部長より行う。

最後に、恒例のプロ棋士を囲んでの記念写真を撮りました。

いよいよチェスクロックを使用した駒落ちによる将棋交流大会がスタート。

対局は、山科支部の駒割り規定によるハンデ戦で4枚落ちまでとする。

持ち時間は各25分(チェスクロック使用)切れ負け。

B級予選リーグ戦はチェスクロックを使用せずに対局。但し、進行が遅れている場合はチェスクロック使用する。

その他のルールは、原則として、日本将棋連盟採用のルールを適用。問題が生じた時は、すべて運営役員の判定に従うこと。

A級(四段~1級)とB級(2級~14級)に分かれて、4人一組の2勝通過、2敗失格の予選リーグ戦。

決勝トーナメント戦はA級4回、B級は5回勝ち抜くと優勝です。

将棋交流大会と並行して、中村亮介六段、藤井奈々女流3級には指導対局をお願いしました。

予選リーグ敗退者を優先して4~6面指しで30名の支部会員が指導を受けました。局後は丁寧なワンポイントアドバイスを頂きました。

決勝トーナメント戦では、ハイレベルな大熱戦を展開。

特に今回は、A級決勝トーナメント1回戦で坂本さん親子対決、B級では準決勝で木村さん親子対決が実現。

A級決勝戦は坂本貫太三段と小川永瑚1級と初優勝をかけた飛車落ち対戦。結果は坂本三段が見事優勝の栄誉を勝ち取りました。

B級の決勝戦は若手の狩野翔真2級が木村晴悠4級との角落ち戦を制し見事初優勝。

<将棋交流大会結果>
A級
優勝・坂本貫太三段(中3)
準優勝・小川永瑚1級(小6)
3位・秦昂平四段
3位・西田篤史四段(中3)

B級
優勝・狩野翔真2級(高1)
準優勝・木村晴悠4級(小3)
3位・木村泰裕2級
3位・中祢勝美5級

将棋大会終了後、17 時からは支部有志による中村亮介六段、藤井奈々女流3級を囲んでの懇親会を開催。

折立副支部長の発声により、乾いた喉を潤しました。

和やかに歓談のあと、一息ついたところで、阪田幹事長の司会により一分間スピーチを順番にお願いしました。
最後に全員で記念写真を撮りお開き。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。中村先生、藤井女流、運営役員の皆様、おつかれさまでした。
DSCF3327.jpg
DSCF3330.jpg
9月16日(土)の午後は、山科・小野将棋教室です。

最初に、10月1日(日)9時30分から開催の「京滋将棋団体戦」に、京都山科支部として1チーム(中高生5名)出場決定したことを話す。

大盤講座は1部では、2枚落ち定跡の解説。2部では、C2組順位戦4回戦・先手・藤井聡太四段VS後手・佐藤慎一五段の棋譜を並べてみんなで鑑賞。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、松村8級、椿本10級に6枚落ちでの指導です。
DSCF3310.jpg
DSCF3312.jpg
DSCF3318.jpg
DSCF3321-1.jpg
DSCF3323.jpg
9月15日(金)は、17日(日)に開催される「え!?今頃ひまわり大原野・ひまわり開花イベント」に行く予定を、台風情報を勘案して、急遽、本日に出かけることにしました。

「約15,000本の黄色と赤色のひまわりが咲き誇ります・駐車場がないので、公共交通機関でおいでください」とのキャッチフレーズでしたが、バス停を降りてから表示が見当たらず。

たまたまバスから降りられた地元の方にお聞きして、なんとかひまわり畑にたどり着きました。

なんと、道路わきにはマイカーが10台ほど駐車していました。

ひまわりは綺麗に咲いていましたが、15,000本は少しオーバーかな・・・。赤色のひまわりが珍しかったです。

帰りのバスの時間までは、バス停前の「洛西老人福祉センター」で時間をつぶしていました。
DSCF3289.jpg
DSCF3291.jpg
DSCF3299.jpg
DSCF3301.jpg
DSCF3302.jpg
9月13日(水)午前中は、しんらん交流館へ出向く。

来年3月に開催の「第6回京都子ども将棋交流大会」の会場確保確認と顔合わせ及び打合せです。

出席者は、児童館学童連盟、洛和会、京都府連、しんらん交流館のメンバーです。

午後からは、大宅小学校将棋部・部活動に出向く。

大盤講座は「六枚落ち定跡・一筋からの攻略」です。折立指導員と共に繰り返し解説。

みんなには、六枚落ちで先生に勝ってもらいたいから、しっかりとマスターするように話す。

終了後、早速に六枚落ち指導対局の希望者を募りました。

6名が希望。折立指導員と僕で3面指し指導対局を行ったが、まだ卒業には至りませんでした。

その他は、将棋部顧問の先生も含めて自由対局です。