巖ちゃんの日々是将棋

9月27日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。

最初に、日本将棋連盟京都山科支部第20回記念将棋交流大会が22日に東部文化会館において開催。竹田勉さんがB級優勝の快挙の報告です。
続いて「第57期王位戦七番勝負(羽生善治王位VS木村一基八段)第7局」の大一番が昨日から本日にかけて行われている話題です。タイトル防衛か奪取か注目です。

大盤講座は、阪田指導員と共に解説。先手・脇田初段VS後手・馬場1級の対戦。序盤、先手が四間飛車から美濃囲いに玉を囲ったのに対し、後手は相振り模様から変則的な駒組。中盤では、後手の王の囲いが不安定な局面で、致命的な銀交換を行い、歩切れになる。終盤では先手が見事な寄せで終局。「一歩千金」の格言が学べた将棋でした。

大盤講座終了後の「初めての将棋教室」は「必至」の例題に沿っての解説。次に実戦指導を行い、6ヶ月講座を終了しました。卒業生は、10月より対局を楽しんでいただきます。

新たに10月4日(火)から開講の6ヶ月講座は、現在7名の方が申し込まれています。申し込みは、山科中央老人福祉センター(075-501-0242)へ来所にて受付募集中です。
DSCF7326.jpg
DSCF7330.jpg
9月26日(月)15時30分からは大宅こども将棋教室に出向く。平成28年度前期開講の最終日(15回目)です。

大盤講座は、詰将棋を出題し符号で答えてもらいました。1年生が1手詰めを解いて、符号で言えるようになりました。

大盤講座終了後、小野、折立先生は、8枚落ち・6枚落ちでの3~4面指しの指導対局です。

福山先生は、こどもとの対局とこども同士の自由対局を見守ってもらいました。

最終日に当たり、最後まで頑張って受講してくれた子どもたち全員に、ささやかなご褒美を贈呈。

後期の開講は、10月17日(月)から翌年3月まで、15回の講座です。奮っての申し込みを待っています。
平成28年度後期「第27回ももやまこども将棋教室」開講日程を下記の通りご案内致します。
             記
2016年
11月・・・ 5日(土)---将棋教室登録会
12月・・・ 3日(土)、10日(土)、17日(土)、24日(土)、26日(月)
2017年
 1月・・・ 7日(土)、14日(土)、21日(土)、28日(土)
 2月・・・ 4日(土)、18日(土)、25日(土)
 3月・・・ 4日(土)、11日(土)         計15回コース

*午前10時~12時
*最終日の3月11日(土)は将棋大会と表彰式のため、13時00分終了予定です。

会場・・・ももやま児童館 ℡ 075-605-5586 ・ FAX 075-605-5587

参加対象・・小学2年生以上、中学3年生まで、15回とも参加できる人。
      真面目に将棋に取り組める、やる気のある人。

講師・・・小野 巖先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋棋道師範・五段)
    野々村正造先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋指導員・四段)

参加費・・3,000円

定員・・・先着40名まで

申込み受付開始
   10月3日(月)午前10時から・・・ももやま児童館(閉館は18時30分です)
   これ以前の申し込みは受付けられません。
    申し込み期間.・・・10月3日(月)~10月15日(土)
申込み方法
   申込み用紙を児童館まで持参、FAXもしくは郵送でお願いします。

<ももやま児童館 将棋教室 参加申し込み用紙>
児童氏名(ふりがな)          小学校名          
学年    クラス     
電話         FAX(お持ちの方は必ずご記入下さい)         
住所 〒                                           
将棋の経験:いずれかに丸印をつけて下さい。
①はじめて ②駒の動きを知っている ③ももやま児童館将棋教室に参加したことがある
④ももやま児童館の平成27年度後期の教室に参加していた

主催  日本将棋連盟 京都山科支部

お問い合わせ 「ももやま児童館」 京都市伏見区桃山町立売1-6 
        ℡ 075-605-5586 ・ FAX 075-605-5587
DSCF7317.jpg
DSCF7320.jpg
9月23日(土)の午後は山科・小野将棋教室。今日は、運動会の小学校が3校もあり受講者は少なかったです。

本教室では、将棋の棋力向上図ることと、対局マナー、将棋の教育的効果、礼儀作法や決め事を守ることを重視することにより、将来、社会人になった時に信頼できる人、信用される人になってもらいたいのです。

「受講出来ない場合は、必ず事前連絡の徹底」を約束しています。
特に、無断で何回も休むことは退会に値します。受講者の皆さん、休む場合は「事前連絡の徹底」を再度お願いします。

大盤講座は、第64期王座戦五番勝負第2局(羽生善治王座VS糸谷哲郎八段)の棋譜を並べて鑑賞しました。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の新開3級・田中5級に4枚落ち、若林6級・中村8級に6枚落ちでの指導です。

<昇級記録>
西村啓佑4級→3級(6連勝)
公益社団法人 日本将棋連盟公認 「山科・小野将棋教室」の開講日を、下記の通りご案内いたします。
                         記
開講日時
 2016年10月   1日、22日、29日
     11月   5日、12日、19日
     12月   3日、10日、24日

 1組・・・13時30分~15時20分
 2組・・・15時30分~17時20分

なお、受講できない場合は、必ず事前連絡を徹底願います。