巖ちゃんの日々是将棋

DSC_0036-11.jpg
DSC_0026-11.jpg
DSC_0029-11.jpg
DSC_0030-12.jpg
DSC_0034-11.jpg
DSC_0035-11.jpg
6月18日(日)は八幡市文化センターで開催の「第20回佐藤康光杯争奪将棋大会」に出場し将棋を楽しんできました。

開会は、大会会長・堀口八幡市長の主催者挨拶。続いて主賓挨拶は森川八幡市議会議長、公益社団法人日本将棋連盟会長・佐藤康光九段。審判長の挨拶は平藤眞吾七段。最後に実行委員長の吉村幸夫錦旗会支部長より競技説明。

10時に予選リーグ第1局の対戦がスタート。

僕はA級4組に出場。予選リーグを突破することが目標です。

第1局目はSさんとの対戦。先手番になり中飛車を採用。

後手は三間飛車の為、予定変更し左に玉を穴熊に囲う。

中盤で飛車切りの強襲をかけるも、うまい受けを見落とす。終盤では駒損が響き完敗。

第2局目はI さんです。今回は後手番となり、再度中飛車を採用。

先手は居飛車で左美濃を目指す。中盤で美濃囲いの堅陣を頼りに五筋から強襲。

一進一退の攻防が続くも、なんとか攻めが繋がり先手玉を必至に追い込み、待望の1勝。

第3局目はシャッフル方式で、よりによって3組・1勝1敗の岩﨑柊典君(高1)と対戦することになりました。

岩﨑君は小学生の時から将棋教室で指導しており、最近急激に力を付けてきています。

振り駒の結果、先手は岩﨑君。

今回も後手中飛車戦法で美濃囲いに王を囲う。

先手が居飛車から急戦模様に銀を繰り出してきたところを、5筋の歩を交換し飛車を捌いたが、手厚い受けで狙いを消され、終盤では代表的な美濃崩しで寄せられました。

岩﨑君、予選通過、おめでとう!!

1勝2敗で予選通過はならず、残念な結果で疲れがどっと出てきましたが、楽しく指せていい勉強になりました。

今日は、将棋関係者の方々との懇談や将棋イベント(大宅三世代交流将棋教室)のPR活動が出来たことなど、有意義なひとときで、いい気分転換になりました。
スポンサーサイト
DSCF8310-11.jpg
DSCF8311-11.jpg
DSCF8312-11.jpg
DSCF8316-11.jpg
DSCF8317-11.jpg
6月23日(土)午後からは「第20回記念佐藤康光杯争奪将棋大会記念対局・佐藤康光九段と北村桂香女流初段」との「目隠し将棋・角落ち」を観戦の為、八幡市文化センターへ出向く。

盤面解説は平藤眞吾七段、聞き手に藤井奈々女流2級です。

下手が中飛車から美濃囲い、上手は趣向を凝らして向飛車。

下手の捌きが奏功し上手王に迫る。端からの上手の反撃から下手玉に必至がかかる。

最後は秒読みの中、下手が上手王を見事に即詰めに寄せ切った見ごたえのある好局でした。

夕方からは「吉兆松花堂店」において祝賀会に京都府連として廣田会長と共に出席。

出演プロ棋士及び野間俊克六段、堀口八幡市長、森川市会議長はじめ吉村大会実行委員長、八幡市の関係者の皆様との懇談と佐藤会長ともゆっくりとお話が出来、有意義なひとときでした。

座が和んだ時に、佐藤会長より堀口市長に三段免状が贈られました。

明日は第20回記念佐藤康光杯争奪将棋大会です。A級で出場してきます。
DSCF8281-11.jpg
DSCF8286-11.jpg
DSCF8287-11.jpg
DSCF8289-11.jpg
DSCF8291-11.jpg
6月23日(土)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」4回目の開講日。

12名の子ども達が受講。

最初に将棋界の話題です。王座戦挑戦者決定戦(先手・深浦康市九段VS後手・藤井聡太七段)の内容。

名人戦は佐藤天彦名人が防衛し3連覇。

棋聖戦は現在、羽生善治棋聖1勝、挑戦者・豊島将之八段1勝で第3局が大一番。

25日(月)には、竜王戦決勝トーナメント戦(藤井聡太七段VS都成竜馬五段)が開幕。

今日の大盤講座のテーマは「歩の格言・手筋」の復習と「香車の手筋」「桂馬の手筋」。

折立冨美男棋道指導員と共に解説。

小休止のあとは、指導員3名(小野、折立、阪田)による4面指し駒落ち指導対局を行う。

第5回やましなこども将棋スクールは、7月15日(日)9時30分~12時、東部文化会館にて開催。会費は500円(当日持参)です。

受講される場合は、参加人数を把握の為事前に連絡をお願いします。問い合わせ先・・・090-1815-6018(小野)
DSCF8271-11.jpg
DSCF8272-11.jpg
DSCF8273-11.jpg
DSCF8274-11.jpg
DSCF8275-11.jpg
6月22日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

北山通りに紫陽花が綺麗に咲いていたので、おもわず写真撮影。

最初に、本日の対局、王座戦挑戦者決定戦(先手・深浦康市九段VS後手・藤井聡太七段)の紹介。

名人戦は佐藤天彦名人が防衛し3連覇。

棋聖戦は現在、羽生善治棋聖1勝、挑戦者・豊島将之八段1勝で第3局が大一番。

25日(月)には、竜王戦決勝トーナメント戦(藤井聡太七段VS都成竜馬五段)が開幕などを話す。

大盤講座は「詰将棋の解き方」①守備駒の位置を変える②逃げ道を封鎖する③邪魔駒を消去する、について解説。

講座終了後は指導対局と自由対局です。帰り道も北山通りの緑が映えていたので撮りました。

その後、京都市在田教育長にアポをとり訪問。

羽生善治永世七冠達成・国民栄誉賞受賞記念の講演会・子ども向けのお話・門川市長との対談が無事に終了したことを報告。

続いて、7月28日(土)~29日(日)に開催「第4回夏休み将棋合宿in中川」の来賓として開会式への出席を要請。

今回は会場が冷房の利く「北山杉の里総合センター」なったことを話しました。

DSCF8069 -117月7日(土)10時~13時「おおやけこども園」で開催の「第7回大宅三世代交流将棋教室」の申込み締切日が迫ってきました。
日本将棋連盟棋士・小林健二九段、古森悠太四段によるトークショー、大盤講座、指導対局があります。またとない企画です。たくさんのお申し込みをお待ちしております。
参加費  無料  
詳細は、小野までお問い合わせください。携帯 090-1815-6018
申込締め切り日・・・7月2日(月)
申し込みは下記内容を記入の上、大宅児童館℡075-591-3063 (京都市山科区大宅五反畑町69-13)
又は、iwao-ono@syd.odn.ne.jp  小野(090-1815-6018)まで申込みください。
参加児童氏名(ふりがな)
学校名、学年
住所・電話番号
参加保護者氏名(続柄)
児童のみの参加の場合は○を書いてください。