fc2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9308-15.jpg
DSCF9311-15.jpg
DSCF9309-15.jpg
DSCF9312-15.jpg
DSCF9318-15.jpg
DSCF9314-15.jpg
DSCF9320-15.jpg
DSCF9321-15.jpg
DSCF9324-15.jpg
DSCF9326-15.jpg
DSCF9328-15.jpg
DSCF9330-15.jpg
DSCF9333-15.jpg
2月6日(月)午後からは、大宅こども将棋教室。

最初に、棋王戦五番勝負の話題。

大盤講座の1部は前回に続き「1手詰め、3手詰め問題」です。手を挙げて符号で答えるように指導。

2部は「寄せの手筋・・・うえからおさえる・はさみうち」です。

将棋の格言(玉は下段に落とせ、玉は包むように寄せよ、金は斜めに誘え)を交えながら大盤で解説。

分かれば手を挙げて符号で答えるように指導。

寄せの手筋を実戦で活用して終盤力を高めてもらいたいです!

大盤講座終了後、1部は自由対局と2面指し8枚落ち指導。

2部は2面指しで6枚落ち指導対局および対局カードによる対戦。
スポンサーサイト



DSCF9294-15.jpg
DSCF9297-15.jpg
DSCF9296-15.jpg
DSCF9298-15.jpg
DSCF9299-15.jpg
DSCF9300-15.jpg
DSCF9301-15.jpg
DSCF9302-15.jpg
DSCF9303-15.jpg
DSCF9305-15.jpg
DSCF9293-15.jpg
2月5日(日)午前中は東部文化会館において「第60回やましなこども将棋スクール」を開催。

こども7名、保護者7名が受講。

最初に棋王戦開幕の話題。

大盤講座は小野が担当。

テーマは「寄せの手筋・・・うえからおさえる・はさみうち」です。

将棋の格言(玉は下段に落とせ、玉は包むように寄せよ、金は斜めに誘え)を交えながら大盤で解説。

分かれば手を挙げて符号(将棋の言葉)で答えるように指導。

大盤講座終了後は、小休止のあと、村田指導員と共に3面指しで6枚落ち指導対局。
DSCF9282-15.jpg
DSCF9283-15.jpg
DSCF9284-15.jpg
DSCF9285-15.jpg
DSCF9287-15.jpg
DSCF9288-15.jpg
DSCF9289-15.jpg
DSCF9292-15.jpg
2月4日(土)午後からは、山科小野将棋教室。

最初に、明日に長野市「長野ホテル犀北館」で開幕する、第48期棋王戦五番勝負(渡辺明棋王VS藤井聡太竜王)の話題。

大盤講座は、2月1日に名古屋将棋対局場で開催された、第81期順位戦A級8回戦、先手・永瀬拓矢王座VS後手.・藤井聡太竜王の棋譜を並べて鑑賞。

戦型は角換わり腰掛け銀。

序盤は後手が「8四飛」と浮いたところを先手が仕掛ける。

中盤では、双方ともに攻め合いの指し手続く。

終盤は、駒得した先手が自玉の安全を確保してから、後手王に詰めろをかけ、後手を投了に追い込んだ一局。

永瀬王座らしい「負けない将棋」が印象に残りました。

この結果、3月2日開催のA級最終局での名人タイトル挑戦者争いが、目が離せない状況になりました。

大盤講座終了後は、対局カ-ドによる駒落ち対戦、指導対局、局後の検討。

田村初段と平手で、岡沢3級に飛車落ちでの指導対局。

<昇級記録>
谷勇輝9級→8級(7勝4敗)
DSCF9275-15.jpg
DSCF9276-15.jpg
DSCF9278-15.jpg
DSCF9279-15.jpg
DSCF9280-15.jpg
DSCF9281-15.jpg
KIMG7077-15.jpg
2月3日(金)午後からは、ノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

節分を感じさせる掲示がありました。

最初に、A級順位戦混戦、タイトル挑戦者決定は最終局へ持ち越しなどの話題。

大盤講座は「3手詰めの復習」4問出題。読み切ってから符号で答えるように指導。

大盤講座終了後は、小休止(コロナ対策)。

自由対局および3面指し指導対局。
KIMG7067-15.jpg
KIMG7069-15.jpg
KIMG7072-15.jpg
KIMG7073-15.jpg
KIMG7071-15.jpg
KIMG7075-15.jpg
KIMG7076-15.jpg
2月2日(木)は、祇園花月で開演の「吉本新喜劇&漫才」のご招待をフェイスブック友達(なみめぐさん)にお手配を頂き、女房と観劇に行ってきました。

12時開演でしたが祇園花月には少し早めに出向きました。

おかげさまで、5列目のほぼ真ん中の指定席。

お笑いの世界を堪能しました。

特に、漫才コンビ矢野・兵動の掛け合いが、おもしろかった。

新喜劇では酒井藍の存在感が素晴らしいかったです。

朝食が遅かったので、終演後に向かいの天下一品で昼食を取り、15時からの公演に来られためぐさんとお会いしてから帰宅。

楽しかったです。めぐさん、ありがとうございました。