FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0412-11.jpg
DSCF0409-11.jpg
DSCF0415-11.jpg
10月23日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」。

前回の講座は阪田指導員にお願いして桂林の旅に行ってきました。

今日は桂林5日間の旅で感じたこと、墨絵の世界・桂林漓江下り、龍勝での絶景、電動バイクなどの話ををしました。

大盤講座は阪田指導員と共に先手・鳴田さんVS後手・竹田さんの棋譜を並べて解説。

序盤は相振り飛車の展開。

中盤で後手の「7三桂」が負担となり苦戦も、後手に「7七歩(焦点の歩)」の勝負手があった。

これを逃したため先手が優勢を持続。

終盤でも先手が堅実な指し手で後手王を寄せ切った一局。

一局の将棋には必ずチャンスが巡ってきます。劣勢な時ほど思い切った勝負手で対応したいです。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の実戦指導と棋譜記録の確認を担当。

僕は「初めての将棋6ヶ月講座」です。王手について・合い駒をして王手を遮る・詰みについての講義。
スポンサーサイト
DSCF0394-11.jpg
DSCF0403-11.jpg
DSCF0404-11.jpg
DSCF0406-11.jpg
10月22日(月)15時からは平成30年度後期初回の大宅こども将棋教室。

今日は20日(土)に開催された「大宅小学校運動会」の代休日に当たり、その影響で受講生が少なかったです。

教室運営は、前期と同じく2部制とし、講師は3名体制。

参加申込人数は、1部(15時~15時45分)は13名。2部(15時45分~16時30分)は24名。

開講日に当たり、将棋教室で守るべき事「将棋教室内でふざけて騒ぐのはやめること。真面目に取り組んでいる人の邪魔になります。

短時間ですので、集中して将棋に取り組むようにしましょう」などを話す。

大盤講座では、1部は将棋のルールについての復習・。2部は3手詰め詰将棋問題の出題です。

その後は、指導対局と自由対局です。
DSCF0091-11.jpg
DSCF0097-11.jpg
DSCF0102-11.jpg
DSCF0107-11.jpg
DSCF0112-11.jpg
DSCF0138-11.jpg
DSCF0141-11.jpg
DSCF0157-11.jpg
DSCF0160-11.jpg
DSCF0163-11.jpg
DSCF0177-11.jpg
DSCF0178-11.jpg
DSCF0191-11.jpg
DSCF0195-11.jpg
DSCF0225-11.jpg
DSCF0228-11.jpg
DSCF0230-11.jpg
DSCF0236-11.jpg
DSC_0390-11.jpg
DSC_0400-11.jpg
DSC_0411-11.jpg
DSC_0419-11.jpg
DSC_0451-11.jpg
DSCF0258-11.jpg
DSCF0268-11.jpg
DSCF0269-11.jpg
DSCF0273-11.jpg
DSCF0275-11_20181022115617343.jpg
DSCF0282-11.jpg
DSCF0284-11.jpg
DSCF0293-11.jpg
DSCF0318-11.jpg
DSCF0332-11.jpg
DSCF0335-11.jpg
DSCF0339-11.jpg
DSCF0343-11.jpg
DSC_0458-11.jpg
DSC_0463-11.jpg
DSC_0469-11.jpg
DSCF0360-11.jpg
DSCF0362-11.jpg
DSCF0372-11.jpg
10月17日(水)・・・桂林市内観光

ホテルを出発(7時50分)し「シ州公園」に向かう。

メインの景観、象鼻山「象山水月」で写真撮影。公園内の広場では敬老の日のイベントが開催されていた。

昼食「四川料理」のあと、七星公園の散策。クリントンアメリカ大統領が駱駝山(らくだ山)を背景に、世界環境保護を訴えるスピーチを行ったところで記念撮影。

続いて、桂林郊外の中国らしい古い街並み「大墟古鎮(広西チワン族自治区)」散策観光。

桂林市内のメイン通りに戻り、自由散策。お土産品の買い物や「上品コーヒー店」で一休み。

夕食「広東料理」のあと、雑技ショーを観劇。21時にホテルに戻る。

10月18日(木)・・・龍勝棚田観光

ホテルを8時に出発。貸切バスで2時間。その後、乗り合いバスに乗り換えて30分で龍勝に到着。

黄金色の見事な棚田の壮大な景色が広がっていました。

山の中腹には「百年古屋」あり、少数民族(ヤオ族・チワン族)のお婆さんが民族工芸品などを販売。記念に購入。

昼食は竹筒飯などの龍勝料理を頂きました。

日本人好みの素朴な味付けが口に合い、美味しかったです。

19時にはホテルに戻る。

10月19日(金)・・・帰国の途へ(貸切バス~高速鉄道~空路)

ホテルを6時30分に出発。高速鉄道の「桂林北駅」へ向かう。

桂林北駅から広州南駅まで約3時間、高速鉄道に乗車。

着後、広州市内で飲茶料理の昼食。

その後、広州空港へ、出国審査などを経て、関空へ21時前に着。

23時過ぎに無事帰宅。

<今回の旅で感じたこと>

パスポートの提示(空港・高速鉄道・ホテル・漓江下り乗船)が頻繁にあったこと。

中都市の桂林街中では、電動バイクが通勤の足になっていること。

電動バイクは、自転車と同じ扱いで免許は無でOK。2人乗りもOK.。車検もなし。6~7万円で購入でき、毎日12時間充電すると60~70㎞走れるとのこと。ガソリンバイクと違い、静かで自然環境にやさしくいい発想と感じました。

少しハードな旅でしたが、思い切って行ってみて、大変に印象に残る景色などを見ることが出来よかったです。
DSC_0271-11.jpg
DSC_0275-11.jpg
DSC_0276-11.jpg
DSCF9915-11.jpg
DSCF9919-11.jpg
DSCF9923-11.jpg
DSCF9927-11.jpg
DSCF9944-11.jpg
DSCF9949-11.jpg
DSCF9958-11.jpg
DSCF9965-11_20181021205013d49.jpg
DSCF9974-11.jpg
DSCF9976-11.jpg
DSCF9987-11.jpg
DSCF9990-11.jpg
DSC_0282-11.jpg
DSC_0283-11.jpg
DSC_0293-11.jpg
DSC_0297-11.jpg
DSC_0301-11.jpg
DSC_0306-11.jpg
DSC_0309-11.jpg
DSC_0310-11.jpg
DSC_0311-11.jpg
DSC_0312-11.jpg
DSC_0322-11.jpg
DSC_0313-11.jpg
DSC_0333-11.jpg
DSC_0340-11.jpg
DSC_0341-11.jpg
DSCF9993-11.jpg
DSCF9995-11.jpg
DSCF9997-11.jpg
DSCF9999-11.jpg
DSC_0346-11.jpg
DSC_0350-11.jpg
DSC_0352-11.jpg
DSC_0372-11.jpg
DSC_0377-11.jpg
DSC_0381.jpg
今回の旅は、以前から行ってみたいと思っていた「墨絵の世界・桂林」。

ちょうど良いスケジュールの桂林旅行ツアーに申込み実現。

総勢15名で良い方々に恵まれ、趣のある天候にも恵まれ、おかげさまで思い出に残る大変に楽しい旅が出来ました。

10月15日(月)・・・初めての広州~桂林

朝早く自宅を出発。関空(9:00)~広州(11:45)到着後、入国手続き。貸切バス(13:40~15:00)で広州南駅へ向かう。

小休止のあと、高速鉄道で桂林。広州南駅(16:35発)~桂林(19:15着)夕食後、ホテルへチェックイン(21;20)。
初日から長丁場で疲れました。

10月16日(火)・・・桂林漓江下り(世界遺産)、陽朔観光(西街・月亮山)、ナイトクルーズ

ホテルを出発(7時30分)し、観光船乗り場に向かう。

漓江下り(9:00~13:30・・・4時間半)「墨絵の世界」を満喫。

素晴らしい自然景観でした。船内にてクルージングランチ。

陽朔にて下船後観光。西街の少数民族手工芸品店にてお土産購入のあと月亮山から穿山巖(鍾乳洞)。

その後、桂林市内へ戻り夕食(ビーフンなどの桂林料理)。

続いて、ナイトクルーズ(19:30~20:30)、漓江大瀑布の人工滝ショーを見てからホテル着(21:00)
DSCF0378-11.jpg
DSCF0382-11.jpg
DSCF0384-11.jpg
DSCF0388-11.jpg
DSCF0391-11.jpg
DSCF0392-11.jpg
DSCF0393-11.jpg
10月20日(土)午後からは、久しぶりに山科・小野将棋教室。

今日は埼玉県連会長(京都市山科出身・南口門下)の小島一宏さんが寸暇を割いて教室見学に来られ、
1部の受講生3名に指導対局をお願いしました。

受講者は1部・9名、2部・6名。

大盤講座は「序盤でやってはいけない手(矢倉、相がかり)」を出題。

なぜいけない手なのかを質問し、符号で答えるように指導。

その後、正しい手を含めて解説。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。

1部の栗本13級・田中13級に8枚落ちでの指導。

<昇級記録>
木村晴悠1級→初段(10勝1敗)
栗本蒼真14級→13級(3連勝)