FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1199-11.jpg
DSCF1200-11.jpg
DSCF1203-11.jpg
DSCF1204-11.jpg
DSCF1205-11.jpg
DSCF1198-11.jpg
12月10日(月)15時からは大宅こども将棋教室。

最初に来年2月9日(土)「しんらん交流館」で開催の「第7回京都子ども将棋交流大会」の案内チラシを配布し、参加を呼びかけた。

大盤講座は、将棋の対戦で心掛けることの一つ「しばり」についての解説です。

「王手は追う手」になるから、あまり王手をかけずに「次に厳しい手・詰めろをかける」ことを強調しました。

「しばり」の手が分かれば、勝率がグーンとアップすることを話す。

その後は、対局カードによる対戦と指導対局。
スポンサーサイト
DSCF1176-11.jpg
DSCF1178-11.jpg
DSCF1180-11.jpg
DSCF1181-11.jpg
DSCF1183-11.jpg
DSCF1184-11.jpg
DSCF1185-11.jpg
DSCF1187-11.jpg
DSCF1189-11.jpg
DSCF1192-11.jpg
DSCF1196-11.jpg
12月9日(日)は、前日に続き「京都平安ホテル」において、年末将棋まつり、第2日目・将棋マラソンです。

棋士、奨励会、指導員による指導対局、ライバル対決など、今年最後のとことん将棋三昧で楽しんでいました。

最多勝数賞(全勝)、最多対局賞(18局)などの表彰。

15時過ぎにお開きとなりました。参加者の皆様、ありがとうございました。

運営役員の皆様、おつかれさまでした。
DSCF1046-11.jpg
DSCF1075-11.jpg
DSCF1087-11.jpg
DSCF1095-11.jpg
DSCF1100-11.jpg
DSCF1107-11.jpg
DSCF1115-11.jpg
DSCF1126-11.jpg
DSCF1132-11.jpg
DSCF1072-11.jpg
DSCF1146-11.jpg
DSCF1151-11.jpg
DSCF1155-1.jpg
DSCF1161-11.jpg
DSCF1168-11.jpg
DSCF1134-11.jpg
DSCF1008-11.jpg
12月8日(土)夕方からは、年末大パーティー。

森信雄七段、糸谷哲郎八段、畠山鎮七段、西田拓也四段、藤井奈々女流2級が出演。

司会は、特別ゲストの東映撮影所女優まつむら眞弓さんとNPO法人駒文化ネットワーク廣田長己事務局長(京都府連会長)。

主催者挨拶はNPO法人駒文化ネットワーク中尾修理事長。

来賓挨拶は森先生が風邪引きで声が出にくいので、急遽、糸谷哲郎八段に変更のハプニングがありました。

プロ棋士紹介、京都府連役員紹介のあと、乾杯は、ふたば書房社長の洞本昌哉様。

その後は、しばらく歓談。

第2部は「京都府連会長12年間の功績をたたえる会」を設けて頂き、ご挨拶をいたしました。

<主旨>
「思い起こせば、中尾先生より推薦を受け、京都府連会長として各支部間の情報共有化に心掛け、将棋普及の発展に努めてまいりました。

12年間を振り返りますと、山谷がありましたが、皆様のおかげでなんとか12年間続けてこられたことは、たいへんな幸せ者と感謝しております。

今後は廣田会長以下の新体制において更なる発展を期待するとともに、今まで以上に皆様方のご支援ご協力を賜りますよう、この場をお借りしましてお願い申し上げます。

なお、私自身は京都府連の活動を見守るとともに、京都山科支部や学校、児童館、老人福祉センターなどの活動は続けてまいりますので、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、ご参加頂いた皆々様に厚く御礼申し上げます。」

その後、ご祝辞を、大宅小学校校長・西山正晃様、畠山鎮先生、京都山科支部・阪田進幹事長に頂きました。

花束を藤井奈々女流2級より、記念品は京都府連廣田会長より贈呈を受けました。ありがとうございました。

その後は、まつむら眞弓さんの歌謡ショーです。

昭和の歌を9曲熱唱で座を盛り上げて頂き、楽しい雰囲気でした。

最後のお楽しみは「抽選会」です。

多くの方々の色紙などが当たりました。

閉会挨拶は、京都府連千葉均副会長です。

あっという間の3時間でしたが、思い出に残る楽しい年末大パーティーでした。

特に、この日の為に、企画から進行までお世話になった廣田会長。

司会・歌謡ショーと大活躍のまつむら眞弓さんに厚く感謝申し上げます。
DSCF1015-11.jpg
DSCF1022-11.jpg
DSCF1023-11.jpg
DSCF1027-11.jpg
DSCF1011-11.jpg
12月8 日(土)は、年末将棋まつりin京都平安ホテルの第1日目。

午前~午後にかけて「親子・三世代将棋大会」及び指導対局、自由対局です。

将棋大会には、孫と一緒に出場することが出来、思い出に残るひと時となりました。

DSCF1003-11.jpg
DSCF1005-11.jpg
12月7日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブ。

最初に将棋界の話題。続いて、再度「年末将棋祭りin京都平安ホテル」の案内(12/8~9)。

参加希望があれば受付をしますと話す。

次に、来年3月29日~4月1日に上海で開催の「第3回日中子ども上海将棋交流会」の案内。

大盤講座は、第31期竜王戦七番勝負第5局・先手・羽生善治竜王VS後手・広瀬章人八段の棋譜を並べ鑑賞。

4局連続で角換わりだったが、今回は矢倉の戦型で相居飛車の力戦となった。

終盤での先手の指し手「7一金打」が後手を投了に追い込んだ決め手となり、俗手の好手が印象に残りました。

講座終了後は、指導対局と自由対局です。