FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7984-12.jpg
DSCF7980-12.jpg
DSCF7986-12.jpg
DSCF7989-12.jpg
DSCF7987-12.jpg
DSCF7988-12.jpg
11月17日(日)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」21回目の開講日。

講師(将棋指導員)は、小野、折立、阪田の3名。受講者は10名。

最初に、将棋の日の話題と王将戦挑戦者決定リーグ戦での藤井聡太七段の話題。

大盤講座は「第78期順位戦A級5回戦・先手・広瀬章人竜王VS後手・羽生善治九段」の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は後手四間飛車に対し、先手は角交換から左美濃に玉を囲う。

中盤では先手が「6五歩」の位の確保し指しやすい形勢。

終盤の入り、先手の「5一銀」の絶妙手が後手の粘りを与えず、見事な寄せで先手が勝利!!

その後、詰将棋問題を4問出題。

逃げ道封鎖・王を危険地帯に呼び込む・無駄駒の消去などの解説を交える。

小休止のあと、講師による3~4面指し指導対局と自由対局。
スポンサーサイト



DSCF7950-12.jpg
DSCF7952-12.jpg
DSCF7954-12.jpg
DSCF7955-12.jpg
DSCF7949-12.jpg
DSCF7961-12.jpg
DSCF7946-12.jpg
11月15日(金)午前中は外来受診の付き添い。

午後からは、ノートルダム学院小学校将棋クラブの開講日でした。

ところが、校門を入るとどうも様子がおかしく、将棋部顧問のE先生に電話をすると「授業研究会」が今日に変更となり、クラブ活動は29日になったとのこと。

初めて聞く話で、唖然としました。E先生は平謝り。

小学校を後にして、気持ちを静めるために松ヶ崎の散策。

銀杏の黄色の鮮やかさに癒されました。
DSCF7942-12.jpg
DSCF7938-12.jpg
DSCF7934-12.jpg
DSCF7936-12.jpg
DSCF7931-12.jpg
DSCF7933-12.jpg
DSCF7937-12.jpg
11月12日(火)午後からは、久しぶりに「六原小学校・昭和29年度卒業門川学級クラス会」に行きました。

会場は「からすま京都ホテルB1「和食・入船」です。

今回の参加は9名と少なかったですが、なんと静岡県から横山君が65年ぶりにクラス会に参加。

小学生の頃にタイムスリップして思い出話に花が咲きました。

幹事の松田さん、いつもお世話をおかけしています。

次回も楽しみにしております。
DSCF7923-12.jpg
DSCF7924-12.jpg
DSCF7925-12.jpg
DSCF7926-12.jpg
DSCF7927-12.jpg
DSCF7928-12.jpg
11月12日(火)午前は「将棋講座&初めての将棋教室」の講師として山科中央老人福祉センターへ出向く。

最初に、第32期竜王戦七番勝負第3局の話題。

続いて第43回全国盲人将棋大会においてB級3位に輝いた吉岡知輝君の話題。

京都山科支部で知輝君の対戦相手を務めた竹田さんが感激されていました。

大盤講座は、第43回全国盲人将棋大会決勝トーナメント1回戦・先手・今仁敏雄さんVS後手・吉岡知輝君の棋譜を阪田指導員と共に解説。

序盤は先手が居飛車矢倉模様に対し、後手は中飛車から美濃囲いの戦型。

中盤では陣形の差で後手が指しやすい展開。

終盤は後手の鋭い攻めが決まり、先手王を寄せ切った。

後手が快勝の一局でした。

大盤を終了後、クラス別将棋大会の2日目。阪田指導員は卒業生の実戦指導。

僕は「初めての将棋教室(6ヶ月講座)」。

「駒の動き・裏になった時の動き」「禁じ手」「王手と詰み」の解説です。
1573369061577.jpg
1573369050647.jpg
1573364746780.jpg
1573353198803-1.jpg
11月9日~10日に「第43回全国盲人将棋大会」が加古川市で開催されました。

初出場の吉岡知輝君は、視力が低下してから約1年半の短い期間の中で将棋に取り組み見事B級第3位に輝きました‼

本人の努力、お父さんの支え、加えて京都山科支部将棋教室での特訓が実を結んだと思っています。

おめでとうございました!

来年は優勝目指して更なる精進を重ねてもらいたいです。

応援しています。