FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6004-11.jpg
DSCF6006-11.jpg
DSCF6008-11.jpg
DSCF6010-11.jpg
DSCF6011-11.jpg
DSCF6012-11.jpg
DSCF6013-11.jpg
DSCF6017-11.jpg
6月15日(土)9時より「ひと・まち交流館京都」で開催の京都府連主催「文部科学大臣杯第15回小・中学校将棋団体戦京都府大会」に棋道師範として出向きました。

参加チームは土曜日開催の影響もあり小学校11チーム、中学校21チーム、合計32チーム(96名)

ルール説明時には対局のトラブルを避ける為、終局後は駒を並べ直して対局テーブルから速やかに離れること、引率者、保護者もマナーを守るように呼びかけがありました。

出演プロ棋士は桐山清澄九段・・・審判・指導対局。

僕は棋道師範として、10時30分~15時前まで予選敗退者優先の指導対局を受け持ちました。 

久しぶりに4面指しで14名の子ども達と8枚落ち、6枚落ち、2枚落ちでの対局を行う。

16時過ぎから用事があり、15時に失礼を致しました。
 
スポンサーサイト
DSCF4366-11.jpg
DSCF4369-11.jpg
DSCF4370-11.jpg
DSCF4371-11.jpg
DSCF4373-11.jpg
DSCF4374-11.jpg
6月14日(金)夕方からは、門川大作京都市長と共汗する「子都の会」令和元年度第1回役員会及び試食懇親会に出席。

会場は「京都ホテルオークラ」です。

ゼスト御池の河原町広場ではイベントが開催されていました。

<議題>
1、役員交代・・・本会監事 上殿幸男氏ご退職に伴い、後任に小林久男氏

2、令和元年度「総会・懇親会」の日程決定・・・11月5日(火)夕方・京都ホテルオークラ

3、各構成団体よりの活動報告

その後、門川市長を囲んでの試食懇親会。
DSCF4359-11.jpg
DSCF4360-11.jpg
DSCF4361-11.jpg
DSCF4362-11.jpg
6月14日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

はじめる前に恒例のお祈りです。

最初に、将棋連盟のお知らせ(新役員選任・順位戦制度変更・将棋会館建設準備委員会を設置)を話す。

続いて大盤講座では「3手詰め詰将棋」を出題して、王を危険地帯に誘え・金か斜めに誘え・大駒は離して打て・などを合わせて解説。

その後、6年生卒業アルバムの写真撮影。

講座終了後は、2面指しで平手での指導対局と自由対局。

DSCF4356-11.jpg
DSCF4353-11.jpg
DSCF4357-11.jpg
DSCF4358-11.jpg
6月12日(水)15時20分からは大宅小学校将棋部・部活動に出向く。

最初に6月29日に開催の「大宅三世代交流将棋教室」に将棋部活の受講者は全員参加するように呼びかけた。

大盤講座は「3手詰め詰将棋」を出題して、王を危険地帯に誘え・金か斜めに誘え・大駒は離して打て・などを合わせて解説。

終了後は、2面指し指導対局と自由対局です。

DSCF4327-11.jpg
DSCF4328-11.jpg
DSCF4329-11.jpg
DSCF4330-11.jpg
6月11日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」。

最初に、6月7日に行われた日本将棋連盟第70回通常総会で決定された報告です。新役員選任後、新理事会が開催され、会長には佐藤康光九段が再任、また専務理事には脇謙二八段、常務理事として西尾明七段が新任されたことと順位戦制度が変更されたことを話す。

続いて、センター職員より「健康長寿のまち・京都いきいきポイント」の取組についての話。

大盤講座は、阪田指導員と共に先手・織田さん(女性)VS後手・辻村さんの棋譜を並べて解説。

序盤は先手が居飛車穴熊に一目散、後手は居玉から居飛車棒銀で攻める展開。

中盤では後手の攻めが奏功し優勢も、後手に緩手が出て形勢は混沌。

終盤は二転三転するも、最後は後手が先手玉に詰めろをかけて勝利。

お二人とも将棋をはじめて1年半の同期で、いろいろと緩手や疑問手があったが、110手の素晴らしい熱戦譜でした。

大盤を終了後、阪田指導員は卒業生の駒落ち実戦指導と棋譜記録確認。

僕は「初めての将棋教室」6ヶ月講座です。
今回は3手詰め詰将棋問題を解説し、符号で答えるように指導。
受講生の方には、詰将棋が解けた時の達成感や将棋の楽しさを実感してもらいたいです。